この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「柿と杮」 - 吊るし柿の季節

秋です。拙宅の柿の木も実がおいしそうに色づいてきました。一般的に栽培されている富有柿です。植えてからなるのに諺通り8年かかりましたけど、その後は、順調に恵みをもたらしてくれています。

 

で、タイトルを見て、違和感を持ってもらえたらうれしい。

「柿と杮」

→ かき と かき

  いや、

→ かき と こけら

 です。 ゴシック体では、うまく表示されない。

拡大すると、こんな感じ。 

f:id:ninasimone:20171022150619j:plain

柿と杮

よく、「何々球場の杮落し試合」とか「杮落し公演」とか記事に出てますよね。「こけら」と読むのは、知ってましたよ。

 

でもね、茅で葺いたのは「茅葺」、ヒノキの皮で葺いたのは「檜皮葺」、瓦で葺いたのは「瓦葺き」。

なので「かき」の木の板で葺いたものを「杮葺き」というんだと思っていたんですよ、僕は。

『「こけら」とは、材木を削った時に出る切り屑のことである。 新築や改装の工事の最後に、屋根などの「こけら」を払い落としたことから、完成後の初めての興行を「こけら落とし」と言うようになった。』ということをちゃんと知っていれば、特定の木の板で葺いた屋根のことを、木くずをあらわす一般的な名称を使って呼んだりはしないことぐらい想像がつきますよね、普通。

あー恥ずかしい。 

 

「かき」と「こけら」の字は違うんだぞということを学んだのでした。

つい最近のことです。

 

そういうことを思いながら、仕入れてきた「三社柿」の皮を吊るし柿にすべくムキムキしました。

f:id:ninasimone:20171022151346j:plain

三社柿

 

一応、解説入れると、「三社柿」は富山県辺りで栽培されている品種で渋柿です。そのほとんどが、吊るし柿に加工されています。少し縦長の形をしています。

 

お正月には、炬燵に入りながら食べれると思っています。 

f:id:ninasimone:20171022151545j:plain

 

「柿と杮」などという、ウンチクを語りながら、実は吊るし柿を作りましたという、何でもないお話でした。

 

でわ、また。