この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「クール・ジャズのスタン・ゲッツ」 - O grande amor

スタン・ゲッツ。アルト・サックスの大御所ですよ。

リードを使う楽器は好きじゃないと言っているのに、

また、サックスかよ

お怒りは、ごもっともです、はい。

  

でもね、聴いていて「心地よい」と思ってしまったんだから、それは、しょうがない話ではありませんか。

 

オ・グランジ・アモール(O Grande Amor)、良い曲ですよ。ボサノヴァですね。大いなる愛という邦題がついています。

 

「GETZ/GILBERTO」というゲッツの1963年のアルバムに収録されています。このアルバムでは、サックスをゲッツが、ピアノをジョビンが、ギターと歌をジョアン・ジルベルトが担当しています。

 

そもそもは、アントニオ・カルロス・ジョビンとヴィニシウス・ジ・モライスの曲ですね。この二人は黄金コンビということで、名曲をいろいろと残しています。

 

ゲッツのサックスには、柔らかなイメージがあって、僕は好きなんですが、ジョアン・ジルベルトの声は、そういった部分をさらに、強めていると思います。

 

そして、この歌付きのヴァージョンも良いのですが、僕としてはもう一つのオ・グランジ・アモールをお勧めしたいのです。

 

それは、1967年の「SWEET RAIN」というアルバムに収録されているヴァージョンです。このヴァージョンはヴォーカルがのっていない、インスツルメントのものです。

 

「GETZ/GILBERTO」に収録のモノより、若干テンポが速い演奏で、少し硬めな印象がありますが、かえってそれが、すっきりした感じに聞こえます。

 

パーソネルも30歳のロン・カーター(ベース)、26歳のチック・コリア(ピアノ)が参加していることもあって、みずみずしい新鮮さを感じます。ロン・カーターは、マイルス・デイビスのグループに参加したりしていて、経験的には若いということもなかったのだと思いますが、チック・コリアは、キャリアが3年ほどの頃でしたからね。

 

ピアノに関しては、歌入りのモノは3分過ぎから、インストのやつは2分半過ぎから、ソロが入るんですが、この二つを比べても、前者はベテランの余裕を、後者は鮮烈さを感じてしまうのは、僕が単に前もってプレーヤーに関する知識があるからというだけではないと思うんですが、どうでしょうか。 

Sweet Rain

Sweet Rain

 

 

ちなみに、ゲッツは晩年(といっても50代後半ですが)ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース(Huey Lewis & The News)*1というロックバンドの「スモール・ワールド」(1988年)というアルバムにゲスト出演しています。

 

これはこれで、かっこいい。

  

 「クール・ジャズのスタン・ゲッツ」ーO grande amor が心地よいというお話でした。

 

でわ、また。

 

 

 

*1:バック・トゥ・ザ・フューチャーの主題歌「パワー・オブ・ラブ」で有名