この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「低音の魅力3」 - Suffering

ダニエルソンつながりで。

北欧のベーシストで、ラース・ダニエルソンという人がいます。スウェーデンの人です。パレ・ダニエルソンと同じ国の人です。1958年生れですから、パレより一回り若いことになります。

だから何って? いや、別に。

 

哀愁の漂う、メロディアスな音楽は、きっと、あなたを虜にすると思います。

私がそうであったように。

 

ベーシストとして、ベースを前面に出したアルバムをいくつもリリースしているのですが、私が初めて聴いたのは、1991年の「Poems」です。

Poems Amazon.com

ベタなタイトルとベースとピアノ、ソプラノサックス、ドラムという編成からして、何か期待していいような匂いがしたので、衝動的に買ってしまいました。

サックスの入り具合が、前にも話に出たキース・ジャレットの「生と死の幻想」っぽい感じもあり、ベースの押し具合もはっきりしていて、こりゃいいぞと。で、彼のアルバムを何枚か聴くことになるのでした。

 

で、聴くアルバム、どれもこれも気に入っているのですが、とりあえずは2004年の「Libera Me」の2曲目「Suffering」を聴いてほしいなと思います。


Lars Danielsson and Leszek Mozdzer - Suffering (Danielsson)

これは、ライブですが。

ドラマチックでしょ。 

7曲目の「Granada」なんか映画音楽みたいですけど、いい塩梅でベースが鳴ってます。この曲だけでなく、アルバムでは何曲かオーケストレーションされていて、好みはあるでしょうけど、幅広い表現がされてるなあと感じます。

by カエレバ

 

誰かが彼のベースは「歌うベース」だと書いてましたけど、その通りだと思います。

他にも「Libretto」というアルバムもいいですね。これは、IIとかIIIもリリースされています。

 

今日は、北欧のベーシスト、ラースの 「歌うベース」は、とても心地よいぞという話でした。

 

 でわ、また。