この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「スロウコアが何かは知らないが、L'Altraって良いよね」 - Boys

「L'Altra」って知ってますか?

 「ラルトラ」と、読むようです。

 

シカゴ出身の男女デュオです。

1999年にケン・ダイバー(Ken Dyber)、エベン・イングリッシュ( Eben English)、リンゼイ・アンダーソン(Lindsay Anderson)、ジョセフ・デスラー・コスタ(Joseph Desler Costa)の4人で結成されました。2枚のアルバムをリリースしたあと、ダイバーとイングリッシュが抜けて、デュオになったようです。

 

2012年に「テレパシック」(Telepathic)という4枚目のアルバムをリリースしてからは、どうしているやら。

 

彼らのオフィシャル・ウェブサイトを見ても2013年で更新が止まっているようですね。

 

ま、それは置いておいて、この「テレパシック」と言うアルバム、なかなか、心地よいアルバムだと、思っています。

 

ジャンルでいうと「スロウコア」ってことになるらしいです。

 

何それっ!て思いましたね。

 

書きかけ項目となっていますが、ウィキペディアに記述がありました。

 スロウコア - Wikipedia

 

ロックのサブジャンルになるということなのですが、どうなんでしょうかね。ジャジーでもあり、ポップでもありロックでもありという、ボーダーレスな雰囲気ですね。

「スロウコア」ってググると、「コデイン」(Codeine)というバンドが出てくるんですが、残念ながら聴いたことがありません。その辺も、じっくりと聴いてみないといけませんね。

 

で、ジャンルはともかく、この「テレパシック」、決して静かではないんだけど、なぜか静寂を感じるのです。湿った空気感も漂っていて、この辺が、私の感性に合うんだと思います。サッドコアとも言われる所以でしょうか。

 

1曲目の「Dark Corners 1」などは、いったい何が始まるのかといった不安と期待を

持たせますね。

3曲目の「Big Air Kiss」は、バックにストリングスが入ったりして、雰囲気いいです。

TELEPATHIC

TELEPATHIC

 

 

このアルバムの中で、1曲をと言われれば、迷わず4曲目の「Boys」をおススメします。男性ヴォーカルがメインですが、寄り添うように聞こえてくる女性ヴォーカルが何とも言えない。

一度、聴いてみてください。きっと、ハマるでしょう(笑)。

 

「スロウコアが何かは知らないが、L'Altraって良いよね」ということで、特に「Telepathic」の「Boys」は、心地よいぞという話でした。

 

でわ、また。