この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「幻想飛行で宇宙の彼方へ、さあ行くぞ、ボストン」 - More than a feeling

1970年代の半ば過ぎ、大型のステレオ・ラジカセが流行った頃、爆発的に売れたバンドがありました❗

 

そう、ボストン(Boston)です。

 

記憶に残るのは、ソニーのジルバップとかいう、大艦巨砲主義の権化のようなラジカセから流れる、見事なまでの空間の広がり。

ああ、まさに、

 

モア・ザン・ア・フィーリング。

 

「幻想飛行」(1976年)という邦題のついた彼らのファースト・アルバムに、心を奪われたのは、私だけではないはず。なにせ、1,800万枚以上も売れたのだから。

 

 いわゆる、ステレオ装置なんてものとは、全く縁がなかった、あの頃の私。

カセットテープに落としてもらって、「件」のラジカセを持っている友人の部屋で、聴きましたねー。

 

テープはもちろん、ソニーの「デュアド」、フェリクロームってやつです。違いは実感できませんでしたけれども、大事なの録音は、ソイツにしてました。

 

 一曲目の「More than a feeling」、邦題が「宇宙の彼方へ」。本当に、宇宙の彼方へ行きそうでしたよ。

2曲目の「Peace Of Mind」、アコギのイントロがカッコいいすよね。

4曲目の「Rock & Roll Band」もノれる。

7曲目の「Something About You」も忘れてはいけませんねー。

幻想飛行

幻想飛行

 

 

ライナー書いてたのは「いまいずみ★ひろし」さんでしたか。

イースト・コーストが生んだ実力派

大型グループとして注目を浴びるに違いない 

 などと仰ってましたが、まさに、そのとおりだったわけで。

すごいですねー。

 

さあ、この完璧なまでに心地よい音楽を、どうぞ。

「じゃーん、じゃ、んじゃっじゃ、じゃっじゃかじゃっじゃ、じゃーん」

 

でわ。