この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「アルバムの印象って、ジャケットで決まることもあるかもね。」 - Livin' Ain't Livin'

ファイヤー・フォール(Firefall)

1976年に、デビュー・アルバム「Firefall」をリリースしたソフト・ロック、フォーク・ロックとかいうカテゴリーのグループです。

 

現在も活動しているようですが、私が知っているのはデビューしてからの3年ほどです。なので、懐メロとして思い出したっていう感じですね。

 

もしかすると、このグループをご存知だという方は、彼らの3枚目のアルバム「Elan」(1978年)が、きっかけではないかと思います。もっと言うなら、シングルの「Strange Way」かもしれませんね。

私はそうでした。

当時、ラジオや雑誌で結構、露出されていたように思います。

こんな曲です。


Firefall Strange Way original official studio video

 

アメリカのチャートで11位まで上ったとのこと。良い曲ですよね。

 

ただ、このアルバム、ジャケットが好きじゃない。

こんなんですよ。

Elan

 

レコード(当時はね。)のジャケットって、壁に飾ったりすると、とても存在感のある「装飾品」になると思ってたんですよ。ちょっと、飾りたいとは思わなかったですね。

 

そこで、先ほどのデビュー・アルバム の話になるわけなんです。

「Firefall」っていうグループがあって、その曲が、こりゃイイよって話題になっていたらば、じゃあほかにどんなアルバムがあるのさってなりますよね。

 

こんなアルバムでした。ジャケット、良くないですか?

私は、良いと思っちゃったんですね。

Firefall

Firefall

 

収録曲は二の次でしたが、全10曲、聴いてみて、良かったなあと思ったのを憶えています。

特に3曲目の「Livin' Ain't Livin'」なんて、気に入りました。


Firefall - Livin' Ain't Livin'

 

8曲目の「You Are The Woman」などはアメリカのチャートで最高9位まで上がったようです。私の好みではありませんけどね。

 

というわけで、「アルバムの印象って、ジャケットで決まることもある」よね、そして、「Firefall」ってバンドの「 Livin' Ain't Livin'」って曲は、ジャケットの印象どおり心地よかったよ、という昔話でした。

 

でわ、また。