この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「哀愁のマンディって、なんスか?」 - I don't like Mondays

「ブームタウン・ラッツ」(The Boomtown Rats)というバンドが、ありました。

いや、2013年に再結成したらしいので、「あります。」ですかね。

アイルランド出身のパンク・バンドというふれこみだったハズ。

1975年から1986年までが、活動期間とされていますが、おそらく、他の多くの人たちと同じように、わたしが、彼らを知ったのは「I don't like Mondays」ですね。

というか、これしか知らないんですけど。

邦題は「哀愁のマンディ」ですね。

「哀愁の」は、ちょっと違うんじゃねえーの、と昔から思っていたンですけれども。

どう思います?

 

アルバムは「The Fine Art Of Surfacing」(1979年) です。ジャケットは裏側の方が、好きですね。

 

ライナーノーツは、「ミュージックライフ」の編集長だった「水上はるこ」氏が書いてるんですが、その中で、パンクというよりハード・ロックとポップ・ミュージックのコンビネーションがみごとだと言ってました。そーだろー、そーだろーと思った記憶がありますね。

 

哀愁のマンデイ

哀愁のマンデイ

 

 

たまたま、LPが目にとまりまして、ミョーに懐かしくなって、ちよっと聴いてみましょう、となったわけです。

 

まあ、心地よい曲かというと、私的には、そうでもないのですが、明日、月曜日なもンでね。

 

でわ、また。