この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「二人きりに憧れたアノ時に戻りたいなあ」 - Alone Together

ジャズのスタンダード・ナンバーに「Alone Together」という曲があります。

「二人きり」という意味になるらしいです。

多くのスタンダード・ナンバーと同じように、この曲も昔のミュージカル(1932年の「フライング・カラーズ」(Flying Colors))で歌われた曲とのことです。

 

本当にいろんなミュージシャンが演奏しているんですよ。

ウィキペディアにざっとリストアップされているだけでも、30以上ありました。

Alone Together (1932 song) - Wikipedia

当然、全部知ってるわけでもないですから、そのうちのいくつかを聴いただけの話になりますが、そういうことで、よろしくお願いします。

 

で、ミュージシャンによって、味付けが結構違います。

 

例えば、「ポール・デズモンド」(Paul Desmond)の「テイク・テン」(Take Ten、1963年)収録のモノですと、独特の優しい音色と心持ち明るめの味付けかなあと。テンポも少し早めでしょうか。

 

それに比べて、「アーチー・シェップ」(Archie Shepp)の「ブルー・バラ-ド」(Blue Ballads、1995年)収録のモノは、これもまた、持ち前の哀愁漂う夜の雰囲気を纏った、スローな曲になっています。とても同じ曲とは思えない。

 

「チェット・ベイカー」(Chet Baker)の「チェット」(Chet、1959年)や、「ピム・ヤコブス」(Pim Jacobs)の「ジャスト・フレンズ」(Just Friends、1990年)に収録されているモノは、アーチー・シェップよりですかね。シェップより、ネットリ感はないかもしれません。

 

どれを聴いても、心に心地よいです。

原曲がミュージカルですから、歌詞もついているようですが、曲調とは異なって、「二人でいればどんな困難も乗り越えられる」的な、力強い内容とのことです。

 

これは、実際に歌詞を読んだ人でないとねえ、さすがにわかりませんよね。

こんなんです。

www.youtube.com

 

そしてこの曲を聴くと、「二人きりでいること」に憧れた、昔々の青春時代の甘酸っぱい思い出が蘇るのでした。

どんな?って。

 

ア・ナ・タと同じよっ!

 

そんな話は置いておいてと、ネットリ感も含めて、私は「アーチー・シェップ」の「 Alone Together」が、一番好きですね。 

ブルー・バラード

ブルー・バラード

  • アーティスト: アーチ・シェップ・カルテット
  • 出版社/メーカー: ヴィーナスレコード
  • 発売日: 2009/03/18
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

「 Alone Together」は、「二人きりに憧れたアノ時に戻りたいなあ」と思うほど、リラックスしてしまう心地よい曲ですよ、という話でした。

 

でわ、また。