この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「青い牡蠣教団の謎」 - Astronomy

ブルー・オイスター・カルト(Blue Oyster Cult、以下BOC)という、1960年の後半から活動しているバンドがあります。ハードロック系と紹介されてますね。私的には、ちょっと、違うんじゃね、という気もするんですけど。

 

そんな彼らのアルバムに 「オカルト宣言」(Secret Treaties、1974年)というヤツがあります。サード・アルバムになります。

 

にしても、この邦題は何とかならんかったのかいなと思ってしまいます。

レコード会社が、アメリカ版「ブラック・サバス」として売り出そうとしていたということらしいので、まあ、わからなくもないですが・・・。

 

で、この中に「Astronomy」ってのがはいっているんですが、コイツが、なかなか、心地よいのであります。

サード・アルバムからの最初のシングルカットでもあり、聞いたことがある人もいるのではないかなーと思うんですが、どうでしょう。

 

BOCそのものがバカ売れしたグループでもありませんから、ご存知ないですかねえ。

 

で、何がか。

バックに流れるギターがさ、ちょっと。

 

これといって特徴のないところが、BOCの特徴だと思ってるんですが(何それって言わないでねん。)、ふと気がつくと、なんか鳴ってるぞ、あ、ギターだ、みたいなとこが、いいなあと。

 

3分50秒ぐらいからが2回目のサビだと思うんですが、そこからのギターですよ。コア過ぎますかね。

オカルト宣言

オカルト宣言

 

 

ギターのソロだと1978年のライブ盤「Some Enchanted Evening」の「Astronomy」の方がしっかりしてると思うんですけども、私的にはスタジオ版をお薦めしたい。

 

なんか変なこだわりが出てるなあ。大丈夫かな、オレ。

 

というわけで「青い牡蠣教団が何を目指しているのかは謎」なんだけど、3枚目のアルバムの「Astronomy」の控えめなギターが心地よいぞという話でした。

 

でわ、また。