この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「石炭より宝石がいいよね」 - Black Diamond

1970年代のロックバンドに「KISS」というバンドがあったんですが(今も頑張ってます。)、そのファーストアルバムの最後の曲に「Black Diamond」というのがあります。

 

Out on the street for a living.

Picture's only begun.

Your day is sorrow and madness.

Got you under their thumb.

 

Whoo,Black Diamond.

 

まあ、わりとわかりやすい英語で、何とか聞き取って、絶叫していたのを覚えています。

Out on the street for a living っていうのが、stingの「Roxane」ほど辛く聞こえないのは、歌声のせいですかね。

 

いい曲です。

  

1980年代のロックバンドに「Stratovarius」というバンドがあったんですが(こちらも、頑張ってます。)、その6枚目のアルバムの2番目の曲にも「Black Diamond」というのがあります。 歌詞の後ろの方で単語が出てきます。

~

 

But I know I won't forget your beauty

My black diamond

 

あまり、深い意味は無いように思います。

これもいい曲だと思います。 

Visions

Visions

 

 

ほかにも、ビージーズとかあるようですが、よその国では「Black Diamond」って、どういうイメージなのでしょうか。

 

日本では、石炭を黒いダイヤと呼んでいたことがありますが、さすがによその国ではそうは言わないんだろうなあ。

 

やはり、普通の黒ダイヤのことなんでしょうね。

 

黒トリュフとか黒ナマコ、キャビアも日本では黒いダイヤと呼ぶようですが、そんなんだと、歌、台無しですもんね。 

 

黒いダイヤは、数々あるけれど、やっぱり宝石の「Black Diamond」がいいよね、という話でした。

 

 

でわ、また。