この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「花のように生きるとは~生と死の幻想」 - Death and the Flower

キース・ジャレット(Keith Jarrett)はよく聴きます。

即興のピアノソロの作品は、三角形の頂点の1つにビシッと位置して

「さあ、聴くぞ」

というカタチが多いのですが、そうでない作品、トリオとかですね、は、そこまでして聴こうと思うことは余りありません。なんでだろう。

もしかすると、ソロなどは、結構無理して聴いているところがあるのかもしれないですね。だから、ある程度覚悟を決めないとダメなのかも。

 

で、ソロ以外でも、ビシッとポジションを決めて聴きたいアルバムがあります。

「Death and The Flower」(1975年。邦題が「生と死の幻想」)というアルバムがそんなモノのひとつです。かなり、有名なアルバムではないかと。

インパルスというレーベルから出ているアルバムで、いわゆる「アメリカン・クァルテット」での録音です。

なにそれ、という人のために。

1971年には以前から活動していたチャーリー・ヘイデン、ポール・モチアンとのトリオにサックスのデューイ・レッドマンを加えた通称「アメリカン・カルテット」を結成。

 ウィキペディアより引用

ちなみに、チャーリー・ヘイデンはベース、ポール・モチアンはドラムです。

収録曲は、3曲でタイトル曲の1曲目が、22分を超える大作です。

 

初めて聴いたとき、違う人のアルバムを買ったのかと思いました。いきなり笛の音(Wood Fluteとあるので、普通のフルートではないようです。)が流れてくるんですよ。

ピアノのアルバムでないのかい!とか。

これは、キース自身が鳴らしています。

 

で、この笛の音に続いてチャカポコとパーカッションが加わってきます。そして、引っ張るだけ引っ張ってから、ベースが入ってきます。このベースのソロがなかなか聴かせてくます。そこへ、キースのピアノが重なってくるのです。

 

ふうむ。一息。聴いてる気持ちになってます。

 

デューイのサックスは、8分も過ぎてから。

なのですが、少しも唐突な感じがしません。再び、ピアノが出てくるのが10分過ぎ。ここも聴かせてくれます。15分過ぎのベースにさらにぐぐっと引き付けられて、サックスの主題に戻ったかと思うと、あとは一気にフィナーレへ。

 

22分が、とても短く感じます。

 

2曲目の「Prayer」(邦題が「祈り」)も、なかなかよいです。これは、力いれずに聴けますね。

 

「Death and The Flower」というタイトルについては、キース自信の詩がジャケットに載っています。そこには、

「私たちは生と死の間を生きている。~中略~ 私たちはもっと花のように生きるべきである。~略」

みたいなことが書いてあります。

哲学者か?と思いますね、これは。

 

まあ、いずれにしても、一度、お聴きになっても、良いのではないかと。

by カエレバ

花のように生きるということでバラの花なのか、ジャケットはなどと、一人思ったりもするのです。 

 

「花のように生きるということ」は難しいけれども、「Death and The Flower」を聴いて心地よくなりましょうという、話でした。

 

でわ、また。