この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「不変のスタイル Eddie Higgins Trio」 - Blue Prelude

エディ・ヒギンズ(Eddie Higgins)は、アメリカのジャズ・ピアニストです。1932年生れで、1950年にはプロとして活動を始めていたとのこと。初のリーダーアルバムは、1958年のアルバム「Ed Higgins Trio」です。メンバーは、Eddie Higgins(p) 、Dave Poskonka(b) 、Jack Noren(ds)です。

ベースとドラムの二人、Dave PoskonkaもJack Norenも、今はあまり聞かない名前ですが、同時代の歌手デラ・リースのバックで演奏しているCDが手に入るようです。

 

さて、時代とともに、その演奏スタイルが変化していくプレーヤーが少なくない中で、ヒギンズは同じスタイルでの活動を続けてきた人です。そして、そのスタイルは、ジャズの世界に初めて入った人にも、敷居の低い、聴きやすい音楽だとも言われています。逆に、それが、一部の上級者の間では、イージー過ぎるのではとの評価も受けているようです。

そんなことはないのではないかなーと、僕は思うんですけれどもね。

 

また、彼の繊細なピアノのタッチは、ビル・エバンスと、歌うようなフィーリングは、オスカー・ピーターソンと比べられたりもしているとのことです。

誰と比較して、どうだと言うのは、おいておいて、聴きやすいと言うのは、確かにそうだなあと思います。

 

何枚か彼のアルバムを持っていますが、どれも、期待を裏切られたと言う感覚はありません。それと、ヴィーナス・レーベルから出ているものが、ジャケットの雰囲気が大変良いと思っています。統一感があって気に入っています。艶やかさを感じますね。

 

ジャケットも含めて、「Bewitched」、「Don't Smoke in Bed」、「Smoke Gets in Your Eyes」、「My foolish Heart」などなど、お気に入りはたくさんあるのですが、ここは、ひとつ「Bewitched」を、推します。

決め手は、収録曲ですね。

 1 What A Diffrence A Day Made

 2 Detour Ahead

 3 Bewitched,Bothered,And Bewiidredd

 4 You must believe in Spring

 5 Beautiful Love

 6 Alice In Wonderland

 7 Angel Eyes

 8 The Philanthropist

 9 Estate

10 Blue Prelude

11 I Hear A Rhapsody

12 As Time Goes By

13 Autumn Leaves

全13曲。いいですよ。

「You must believe in Spring」は、ビル・エバンスの演奏で有名ですが、ミシェル・ルグランの作曲です。

レイ・ブライアントの名演で知られる「Angel Eyes」、ブルーノ・マルティーノの名曲「Estate」。

そして一番のお薦め「Blue Prelude」。今から80年以上も前の作曲ですが、いいですよねえ。 ぜひ、聴いてみてください。

魅惑のとりこ

魅惑のとりこ

  • アーティスト: エディ・ヒギンズ・トリオ
  • 出版社/メーカー: ヴィーナスレコード
  • 発売日: 2010/09/15
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 オリジナルのゴードン・ジェンキンス盤はこれかな。

Magic World of Gordon Jenkins

Magic World of Gordon Jenkins

 

 

スタイルを変えない心地よさがある、エディ・ヒギンズが良いというお話でした。

 

でわ、また。