この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「チャーリー・ヘイデンとキース・ジャレットの演奏は時期が同じだと雰囲気も似ている、ような気がする」 - Ellen David

ついこの間、ゴンザロ・ルバルカーバという人の話をしました。

これですね。

www.kokochiyoi-blog.com

 

この中で、「チャーリー・ヘイデン」という人が出てきます。

ベーシストなんですがね。

 

で、その人の「クロースネス」(Closeness、1976年)というアルバムがあります。

変わった?アルバムで、4曲収録されているんですが、それぞれヘイデンと誰かのデュオになっています。

 

誰かというのは、1曲目が、「キース・ジャレット」(p)、2曲目が「オーネット・コールマン」(as)、3曲目が「アリス・コルトレーン」(Harp)、4曲目が「ポール・モチアン」(per)です。

 

アバンギャルドな内容だと思いますね。特に4曲目なんかそうですね。

 

なので、結構、覚悟して聴かないと、ツライアルバムだと思うんですが、1曲目の「Ellen David」というのは、とても良い曲だと思います。

ただ、これが、初めて聴いたのに、どこかで聴いたような感じがしたのですね。

 

で、こんな話をしたことがあります。

www.kokochiyoi-blog.com

 

ここで出てくるベーシストも「チャーリー・ヘイデン」ですね。

 

そう、このアルバムと雰囲気が似ているんですね。断定してはいけないかな。

私はそう感じたと、しておきましょう。

「Death and the Flower」は、1975年ですから、似たような時期ですし、プレーヤーも同じですしね。

 

一度、聴き比べてみてくださいな。 

by カエレバ

 

 今はMP3ダウンロードしかないのかな。

 

 「チャーリー・ヘイデンとキース・ジャレットの演奏は時期が同じだと雰囲気も似ている、ような気がした」んだけど、そんなこととは関係なく「 Ellen David」という曲は、心地よいですぞ、という話でした。

 

でわ、また。