この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「パリの米国人ならぬN.Y.の英国人」 - Englishman in New York

もとはオペラや映画で使われた音楽とか、ジャンル違いの曲が、ジャズのスタンダード・ナンバーになったものってありますよね。

 

スティングの「Nothing Like The Sun」(1987年)に収録されている「イングリッシュマン ・イン・ニューヨーク」(Englishman in New York)なんかも、そうですね。

 

恥ずかしながら、これが、スティングの曲だって、知らなかったんですよね。

「ポリス」(The Police)時代以降のスティングって聞いてなかったものですから。

 ましてや、アメリカのコメディ映画の主題歌だったことなんか、言わずもがなです。

 

「マンハッタン・ジャズ・クインテット」(Manhattan Jazz Quintet)の「ブルー・ボッサ」(Blue Bossa、2003年)収録のモノを聴いた時に、それを知りました。

もちろん、曲自体は以前から知っていましたよ。

 

ホントですって。

 

よく流れていましたから、聴く機会はありましたもの。

 

で、オリジナルは、やはり、イイですよね。 

by カエレバ

 「Englishman in New York」は、3曲目ですね。このほか6曲目「Fragile」、8曲目「Straight To My Heart」なども好きですね。7曲目「We'll Be Together」、このアルバムに収録されてたんだ、なんて、妙に感心したりして。

 

あとですね、「羊毛とおはな」っていうデュオ、ご存知でしょうか。

その名のとおり「羊毛」さんと「おはな」さんのデュオなんですよ。

詳しくは、こちら。

羊毛とおはな - Wikipedia

 

このデュオのファースト・アルバム「LIVE IN LIVING '07」にも収録されているんですが、アコースティックな「Englishman~」もなかなか良いですぞ。

by カエレバ

 

お亡くなりになったのがとても残念ですが、心が和む優しい歌声だと思います。

アルバムは違いますが、3枚目の「LIVE IN LIVING '08」の「カントリー・ロード」もほっこりしますね。

 

誰かの声にも似ているなと思ったりもするんですが、そんなことはないですか。

 

 

「パリの米国人ならぬN.Y.の英国人」 という曲があるのだが、「羊毛とおはな」のコレはなかなか心地よい曲だったぞ、という話でした。

 

でわ、また。