この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「レコードはヨーグルトや歯磨き粉じゃねえ!ってことなのか、ジャン・ミッシェル・ジャール」 - Equinoxe Pt4

ジャン・ミッシェル・ジャール(Jean Michel Jarre)という、シンセサイザー奏者がいます。

ジャンルでいうと「ニュー・エイジ」とか言う分類になるようですね。

フランスの方で、1948年生れ。いつの間にかお歳を召されてしまいました。

 

あの、女優「シャーロット・ランプリング」(Charlotte Rampling)の旦那サンであった人でもあります。過去形ね。

 

「あの」と書きましたけど、私でも知っているくらいだから有名なんじゃないかという、思い込みからのモノなんですが、そのへん、どうなんでしょう。

 

確かに、何の映画に出てましたっけ?と聞かれると、最近のものは即座には出て来ませんけど。たぶん、私が知ったのは「愛の嵐」(1974年)なんだろうなあ。最近の出演作は観てませんね。お綺麗な方だったかと。 

愛の嵐 [Blu-ray]

愛の嵐 [Blu-ray]

 

 

話が横道にそれてしまった。

 

そのジャールさんですが、一枚しか作品を作らずに、それをオークションにかけたこともあるようです。

「Music for Supermarket」(1983年)ってやつなんですが、「音楽業界が、ヨーグルトや歯磨き粉をスパーマーケットで売るように、レコードを売るようになってしまったことを指摘したかった」のだそうです。

当時、69,000フランで落札されたとか・・・。

そんなことが、ココに書いてある、と思われる。

https://medium.com/12edit/jean-michel-jarre-music-for-supermarkets-story-behind-one-copy-album-52df10c5d653 

※リンク張っていいのかわからないので、プレーンテキストで

 

また、話が横道にそれてしまった。

 

で、ですね、そんなジャールの初期の頃の音楽が好きですね。その頃の作風とか方向性とかを評価してというよりも、おそらくは私のその時の嗜好、感性が、そう受け止めたということなんでしょう。ですから、最近のモノがどうだということではないです。念のため。

 

さて、たくさんある中で、おススメを一つ挙げるとすると、2作目の「Equinoxe」(邦題は「軌跡」、1978年)が一番ですかね。特にPart4がいいです。

 

どういいのか説明しろよ

と言われてもうまく説明できません。

メロディ?なのかなあ。

シングルカットもされているので、私の特別な感覚というモノでもないと思うんですが、ま、フィーリングが合ったということで、ひとつ、よろしく。

Part5は、RADO(時計)のCMにも使われており、これもシングルカットされています。

 

確か、夜遅くにFM放送を聞いていて、流れていたのが気になって手にしたハズです。

Equinoxe

Equinoxe

 

 

アラン・ドロンの出演していた「燃え尽きた納屋」(Les Granges Brulees、1973年)という映画の音楽も担当していました。これは、くらーい音楽でした。ちょっと心地よくはなかったですね。映画がくらーいからかなあ。

 

とにかく、後年に「レコードはヨーグルトや歯磨き粉じゃないんじゃない」って業界に指摘したジャールの「Equinoxe Pt.4」は心地よいぞという話でした。

 

でわ、また。