この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「スポーツ用品とは関係ない? Esperanza Spalding」- Short and Sweet

エスペランサ・スポルディング(Esperanza Spalding)は、アメリカのジャズベーシストで、シンガーという肩書も持っています。

一応、ベーシストとなっているけれども、楽器はいろいろこなせるようで、多才なアーチストです。

知りたくもないでしょうけど

そんな彼女を、どうして知ることになったのか、その経緯を。

 

「スポルディング」って、検索すると、あの、スポーツ用品メーカー関連のサイトがずらーっと並びますよね。

シューズの情報が欲しくて、この検索結果を眺めていたのですが、何気に次へをクリックすると、エスペランサ・スポルディングという文字が目に入りました。「現代ジャズ・シーン最高の才媛が・・・」とかいうフレーズが続いています。ふーん。そういう人がいるんだ・・・というわけです。少し前のことです。

ちなみにシューズはこいつをクリック。 透湿防水だな。

[スポルディング] 透湿防水 ウォーキングシューズ WIN 2750 BR (ブラウン/26)

 

現代ジャズ・シーンという言い方をされると、イメージ的に、現代音楽=難解、と同じ公式ができあがっていて、食わず嫌いというか、僕にはちょっとと思って、敬遠しがちなのですが、今回はベーシストっていうのが気になったのです。開拓精神てやつですか。聴いてみましたよ。

 

デビューアルバムは2006年の「Junjo」でトリオ形式ですが、本人がスキャットという形でヴォーカルも入れています。嫌いなモノではなかったです。

2枚目のアルバムは2008年の「Esperanza」、3枚目のアルバムが2010年の「Chamber Music Society」、4枚目が2012年の「Radio Music Society」、そして2016年には「Emily's D+Evolution」というアルバムをリリースして、絶賛活動中です。

これらは、いろんなジャンルの音楽が詰まっているっていうように感じて、面白いと思います。ジャズというよりは、ポップ、いやロックという感じですかねえ。フュージョンとも違う。ま、カテゴライズできないってことですかね。

 

ただ、残念ながら、まだ、聴き手のレベルが低いせいか(僕のことね。)、心地よいとまでは思えないのですよ。

 

でも、3枚目の「Chamber Music Society」は、ちょっと良い感じがする。

Chamberってのは、部屋とか室内とか言う意味らしい。直訳すると、室内楽協会ですね。バイオリンとかチェロとか入ってます。

雰囲気は、例えると(ちょっと違うかもしれませんが)「リターン・トゥ・フォーエヴァー」ぽいかなと。だいぶ違います?

弦楽器が入っているとこは、違いますね。

 

さて、その中では、 11曲目の「Short and Sweet」がかなり良いと思っています。導入部の弦楽器の響き、そしてそれに続くスキャット、これで異空間に連れて行かれてしまいます。そして、2分過ぎからのベース、3分過ぎからのピアノ・・・。 

CHAMBER MUSIC SOCIETY

CHAMBER MUSIC SOCIETY

 

  

 スポーツ用品メーカーのような名前のベーシストが心地よいというお話でした。

 

でわ、また。