この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「夜の用水路」 - 蛍

この季節、夜にフラフラあるいていると、ほの暗い光の群れに出会うことがあります。

そうです。ホタルですね。

 

今年もいました。

 

群舞と言うほどではありませんが、10匹は下らない数が飛んでいました。

こういうの、写真に撮りたいのですが、咄嗟にはなかなか難しいですね。

ああ、もうこんな季節なんだ、と思いながら用水路の土手にいた独りもンををパチリ。
f:id:ninasimone:20180609205250j:image

ええっ、なんだかよくわからないって。

ホタルの光でしょー。黄緑っぽいこの色。

 

あんまり近づくと、落ちて大変なことになっちゃいますのでね。ソコは自重したんですよ。

 

ホタルといえば、連想されるのは、やっぱり「火垂るの墓」なんですかねえ。私的には悲しすぎてツラいお話なので、あまり心地よくないですけれども。

 

楽曲でいうと、私は、「サザンオールスターズ」の「蛍」なんぞを連想しますね。

 

何です?

 

他にもたーくさんあるでしょうって?

 

へへっ。ソコは、スキズキですがね。(笑)

 

映画「永遠の0」で使われてましたね。

2015年の「葡萄」に収録されています。

 

サザンのファンというわけではないのですが、ドラマ「流星ワゴン」で使われていた「イヤな事だらけの世の中で」が気に入って、久しぶりに彼らのアルバムを聴いたのでした。

葡萄(通常盤)

葡萄(通常盤)

 

 

「蛍」・・・。サザンらしいバラードですね。

 

何かを得ようと行動すると、何か良いものがついてくるっていうこと、ありませんか?

逆もありますけどね。

・・・そっちの方が多いか。

 

ホタルを見て連想したサザンの「蛍」は、私にとっては「イヤな事だらけの世の中で」についてきた曲だけど、ジーンとする心地よい曲だったぞ、という話でした。

 

でわ、また。