この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「フラメンコ・ギターとベースの共演」 - Hands

パット・メセニーやゲイリー・バートンなどのアルバムで、その名前を知ったベーシストがいます。

 デイブ・ホーランド(Dave Holland、1946年生れ)が、その人です。イギリスのベーシストです。若いときは、マイルス・デイビスのバンドに参加していました。

 

ソロ・アルバムに、「ワンズ・オール」(Ones All、1993年)という作品があって、私が最初に聴いた一枚になります。ベース一本で、録音されています。 

Ones All

Ones All

 

 

これは、私の全く個人的な感想ですが、弾いて出す低音がベースのベースらしい音ではないかと思っているので、それが、ぎゅっと詰まっていると感じます。アルコで演っている曲も入ってはいますけどね。

 

もともとが低音好きなので、なんの抵抗もなく聴き入りました。

 

で、コレを皮切りに、もう一枚、もう一枚、とアルバムを聴いていくことになったのですが、そうした中に、「ハンズ」(Hands、2010年)と言うアルバムがあります。

 

ギターとベースのアルバムなんですが、コレはなかなか良いぞと、思いました。

非常に気に入っています。

スペインのフラメンコ・ギタリストのペペ・アビチュエラ(Pepe Habichuela、1944年生れ)との 作品です。

フラメンコというと私には「カスタネット」のイメージがついて回るんですが、残念ながら、カスタネットの音は入ってなかったですね。

代わりに、ハンドクラッピングやカホンの音が聞こえます。

それとメインの楽器はギターですよね。ベースとのコラボは意外でした。

 

フラメンコには、リズムなどによっていくつもの種類があるようですが、このアルバムでもいくつかの違う種類のモノが収録されています。ファンダンゴとかマラゲーニャとか聞いたことないですか。ソレですよ。

 

是非、フラメンコの世界へ! 

Hands

Hands

 

 

1曲目の「Hands」 (Fandango De Huelva)とか2曲目の「Subi La Cuesta 」(Tangos)などが特にイイです。

 

「フラメンコ・ギターとベースの共演」には驚いたけど、その音楽は意外と心地よかったぞという話でした。

 

でわ、また。