この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「聴いていてツラくならないよう、デクスター・ゴードンを聴こう」 - I'm a fool to want you

「恋は愚かというけれど」という「フランク・シナトラ」の曲があります。

原題は「I'm a Fool To Want You」ですね。

1951年の作品ということです。

ラブ・バラードですね。

 

名曲だと思います。そして、いろんな人が歌っています。

定番なのはアメリカのジャズ歌手、「ビリー・ホリデイ」が歌ったものになるんでしょうか。

「ビリー・ホリデイ」については、詳しい記述がウィキペディアにあります。

ビリー・ホリデイ - Wikipedia

 

彼女の本名が「エレオノーラ・フェイガン 」(Eleanora Fagan)というとは、知りませんでした。

 

後半の「声」という段落にこの曲のことが書かれていますね。

 

確かに、壮絶な雰囲気を感じますね。そういう気持ちで聴いているということもあるんでしょうけど。 

レディ・イン・サテン +4(期間生産限定盤)

レディ・イン・サテン +4(期間生産限定盤)

 

 

ちょっと、ツライ気持ちになってしまうかもしれないですね。

 

なので、ヴォーカル無しのヴァージョンはいかがでしょう。

こういう曲には、サックスが似合うのではないかと思います。

 

「デクスター・ゴードン」(Dexter Gordon)の「Clubhouse」(1979年)などはいかがでしょう。このアルバムの2曲目ですね。 

 

アマゾンだと、2in1しかでてこないので、HMVの方を貼っておきます。

 

どちらかと言えば、春のだんだん日が長くなる今の時期より、秋の夜長に聴きたい曲ですねえ。

 

「聴いていてツラくならないよう、デクスター・ゴードンを聴こう」、心地よい夜を過ごせるでしょう、という話でした。

 

でわ、また。