この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「フュージョンというよりプログレッシブ・ロックだな」 - Mystical Adventures

ジャンつながりで・・・。

ジャン・リュック・ポンティ(Jean-Luc Ponty)という、フランスのヴァイオリニストがいるんですが・・・。

 

1942年生れといいますから、おお、この人も70オーバーです。

 

初めてのリーダーアルバムを出したのが1964年と言いますから半世紀を超えての活動ということですか。すごいです。

 

ジャズあるいはフュージョンというカテゴリーの方となっているようですが、かつてはフランク・ザッパのレコーディングに参加したり最近では元イエスのジョン・アンダーソンとバンドを結成したりと、ボーダーレスな感じですね。どっちかというとロック、それもプログレッシブよりなのかな。

 

実は、ザッパのアルバムにポンティが参加していたなんて知らなかったんですが、あらためて聴いてみるとヴァイオリン、間違いなく聞こえてきます。ピチカートなんかも入れてたりしてますね。いや、いい加減なもんだ。人の耳って。

 

え、私だけか?

いいや、そんなことあるまい。意識しないと聞こえないものってありますよね?

 

まあ、アンダーソンとのアルバムは、まんま「イエス」って感じがしないでもないですけど。

 

で、最近のものがどうということではないのですけれど、ポンティの場合、気に入ったアルバムはというと、昔のヤツになってしまうんです。曲をジャンルにこだわらずに聴くという、らく~な聴き方をしていると、どうしても、ピンポイントで波長が合った時期のアルバムが印象に残るということなのでしょうか。

 

1976年リリースの「極光」(Aurora)だと 1曲目の「Is Once Enough?」が、疾走感全開で、心地よいです。

極光 <Progressive Rock1300  (SHM-CD)>

極光

  • アーティスト: ジャン=リュック・ポンティ
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2015/04/22
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

プログレッシブ・ロックとしてみると「ミスティカル・アドベンチャーズ」(Mystical Adventures、1981年)は聴きごたえがあって、イイと思うんですが、どうでしょうか。 曲構成もね、~Suite Part1-5なんて、プログレっぽいんすよ。

ミスティカル・アドヴェンチャーズ

ミスティカル・アドヴェンチャーズ

  • アーティスト: ジャン=リュック・ポンティ
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2015/10/21
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

「フュージョンというよりプログレッシブ・ロックだな」という感じのポンティの「Mystical Adventures」は、心地よいぞという話でした。

なんか、スイマセン。

 

でわ、また。