この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「ストックホルムの妖精 Lisa Ekdahl」 - Nature Boy

リサ・エクデール(Lisa Ekdahl)。1971年、スウェーデン生まれの女性ボーカリストです。 その容姿はストックホルムの妖精、その声は魅惑のミルキーヴォイス、と言われています。

 この声に魅力を感じているファンは多いと思いますよ、絶対に。僕もその一人です。ロリータヴォイスというのか、いったい何処から出ているのかと思うような独特の声に、やられてしまったのです。心地よいのです。

いくら力説しても、そこは好き好きなので、「ちょっとねー。」と言う方もいるんでしょうけど、きっと。

 

ご結婚もなさって、お子様もおられるんですよ。

 

1994年のデビューになるかと思いますが、ファーストアルバムは、その名も「Lisa Ekdahl」。そして、スウェーデンでのグラミー賞で、年間最優秀アーティスト賞、年間最優秀女性ポップ・ロックアーティスト賞、年間最高売り上げアルバム賞を獲得し、一躍スターになるのでした。

その後、何枚かアルバムをリリースしています。スウェーデン語で歌っているものや英語で歌っているものがありますが、日本人の語感的には、英語の方が耳当たりが良いかもしれません。ジャンルは、ポップスということになるんだろうと思いますが、ピーター・ノーダール・トリオ(Peter Nordahl trio)とのコラボレーション・アルバムを2枚リリースしていて、これは、ジャズなのかなというところです。 

自分の好きなジャズのスタンダード・ナンバーを中心に、曲をいくつかピックアップした感じですね。

 

その中で、私のお薦めは、2枚のコラボレーション・アルバムのうちの一枚、「Back To Earth」(1998年)の2曲目、「Nature Boy」です。

ベースの重さとヴォーカルのファニー加減、そしてピアノの軽やかさ。うまくマッチしていると思います。9曲目の「The Lonely One」も似たような雰囲気でいいですよ。 

Back To Earth

Back To Earth

 

ジャケットね、横すわりしてるヴァージョンと2種類あるようです。

 

ジャケット飾りたい人は、そっちがいいかもね。

 

今も精力的に活動しているようですが、また、ジャズヴォーカルのアルバムを出してほしいなと思っています。

 

しかし、世の中、ほんとにいろんな声の持ち主がいますねえ。

 

でわ、また。