この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「どこから出てるんだーというような声が妙に心地よいぞよ、リン・マリノ」 - Feelin' Good

リン・マリノ(Lynn Marino)というヴォーカリストがいるんですが、あんまり情報がないんですね。

 

手元に、「The Frank Cunimondo Trio Introducing Lynn Marino」(1971年)というCDがあるんですが、このアルバムの中で歌っておられます。

CDのジャケット裏のライナーノーツによると、録音当時19歳で、12歳から16歳までの間、地元のクラブなんかのショーに出ていたとか。

 

この人の声が、「どこから出してるの、それッ」という感じなんですよ。ユニークな声質でね、これまでジャズ・ボーカルとしては聴いたことがない声ですね。

タレントの「金田朋子」か「YOU」の声って言うと、想像できます?

彼女らが歌うとこんな感じになるんですかねえ。

 

変わった声と言えば、前にリサ・エクデールの記事を書きました。 www.kokochiyoi-blog.com

彼女も、変わった声質でしたけど、リン・マリノの声はそれ以上かと。

 

私の大好きな曲の一つである「What are you doing the rest of your Life」も収録(5曲目)されているんですが、アーチー・シェップのサックスを聴いた後で、このアルバムのモノを聴くとですね、ガラガラと何かが崩れる感じさえします。

 

6曲目には、あの「Feelin' Good」も入ってます。これは、結構ヒットしたらしい。 

www.kokochiyoi-blog.com

あの、マイケル・ブーブレのドラマティックなイメージの曲が、別物になるのですねえ。

 

いやー、世の中には、いろいろあります。面白い。 

Introducing Lynn Marino

Introducing Lynn Marino

 

ジャケットが暗くて良くわからないですけど(LP版のジャケットだともう少し明るいようです。)、とても十代には見えないですね。

 

ちなみに、アルバムの主の「フランク・カニモンド」(Frank Cunimondo、1934年生れ)は、アメリカのピアニストで、現在もご健在のようです。

 

ということで、「どこから出てるんだーというような声が妙に心地よいぞよ、リン・マリノ」、特に「Feelin' Good」は、本当にFeelin' Good、という話でした。

 

でわ、また。