この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「歌うベーシストか、ベースを弾くヴォーカリストか」 - Moon River

歌うベーシストの話をしたことがありました。

ポール・マッカトニーもスティングも、そうだろーと書きました。

これです。 

www.kokochiyoi-blog.com

 

エスペランサ・スポルディングもそうですよねー、といくつか例を挙げたのですが、まだ、他にもいますよねーと気になっていたので。

 

ニッキー・パロット(Nicki Parrott,1970年生れ)という人がいました。

 

ただ、こんなことを言うのも何なんですが、サックスのキャンディー・ダルファー(Candy Dulfer)と同じ匂いがしません?

 

二人とも見た目で評価されてしまう?みたいなところが、あるんではと。音楽的な才能がどうかというのは私にはわかりませんけれども。

 

ま、彼女(Dulfer)は歌いませんけれどもね。

・・・別にいいんです。何が言いたいというわけでもないのです。

 

さて、彼女は、オーストラリア出身で、小さい頃はピアノやフルートをやっていて、ウッドベースを弾くようになったのは15歳になってからだと、ウィキにあります。あのレスポールのグループでベースを担当したこともあるとのことです。

少なくともお奇麗なだけではないということでしょう。

 

で、私、彼女のアルバムは2枚しか聴いたことはないんですね。ないんですけど、心地よいです。言い切ってしまいまでょう、ここは。

 

なにが?

 

まず、声がいいですよね。素直というか癖がないというか、聴き心地がよいと思いますね。こんなお声で、こんなご容姿の方ですね。


Nicki Parrott and the Les Paul Trio - I'll Be Your Baby Tonight - Live from A JAZZ SALUTE TO LES

ソロの部分を見てウッドベースになりたいと言った人がいるとかいないとか。(笑)

 

で次に、やっぱり、ベーシストであるというところですか。ヴォーカルだけでなく、ベースの音にも耳がいきます。

 

例えば、アルバム「ムーン・リバー」(Moon River、2010年)のタイトル曲、1曲目なんですが、1分30秒ぐらいからのベース、好きですね。

ムーン・リバー (紙ジャケット仕様)

ムーン・リバー (紙ジャケット仕様)

 

こんなジャケットにするから、いかんのだと思います。

といいつつ、ヴィーナスレコードのジャケット戦略は嫌いではないんですが。

 

疲れを癒してくれる、歌うベーシストということでしょう。

「歌うベーシストか、ベースを弾くヴォーカリストか」と問われたら、どっちでもいいじゃないですか、心地よければ、という話でした。

 

でわ、また。