この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「わけもなく目頭が熱くなる曲って、あるよね。PartII」 - The Show Must Go On

ついこの間。クイーンの曲を話題にしました。

これですね。 

www.kokochiyoi-blog.com

 

ついでと言っては何ですが、もう一つ(実は二つも三つもあるんですがね。)目頭の熱くなる曲があるんですね。

 

「イニュエンドゥ」(Innuendo、1991年)、私は、これが実質的なラストアルバムだと思っているんですが、この最後を飾る曲「The Show Must Go On」です。

 

重厚で荘厳な雰囲気の曲だと僕は思っています。

そして、最高の曲だと。

 

この頃は、フレディの体調を気にしてのレコーディングだったとのことで、アルバム自体は、1989年の3月から1990年の11月まで、20カ月以上もかけて制作されました(英語版Wikipedia)。

また、デビュー直後のクイーンを彷彿させる「原点回帰」のアルバムになっていると良く言われていますが、私もそう思います。

 

クイーンのファンでなくとも、このアルバムは一聴の価値があるのではないでしょうか。 

Innuendo

Innuendo

 

私は、CDが擦り切れるんじゃないかというぐらい聴きましたがな。

ま、CDは擦り切れんけどね(笑)。

 

映画「ムーラン・ルージュ」(2001年)でニコール・キッドマンの舞台シーンで歌われたこともあって、壮絶なイメージが固定化してしまった感もあるんですが、あながち間違いでもないと思います。

www.youtube.com

ミュージカルだし、出演者が歌ってますので、違うといえば違うんですがね。

 

フレディは1991年の11月に他界しましたので、もう、27年になるんですねえ。

 

ちなみに、「Innuendo」という単語は、「当てこすり」とか「いわれのない誹り」とかいう意味だそうで、ジャケットのイラストも19世紀の風刺画家「J・J・グランヴィル」のものだとか。

 

「わけもなく目頭が熱くなる曲って、あるよね」、そしてそれは、「イニュエンドゥ」の「The Show Must Go On」だよっていう話でした。

 

あれ、「心地よい」を、いれられないぞ。・・・。まあ、いいか。

 

でわ、また。