この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「自称歩きニスト、久々に歩いて心地よかった」 - back number

健康のために意識して歩くようになって3年目に入りました。

 

久々に天気が良かったので、近く(と言っても20kmぐらい自宅から離れてはいるんですが)の湖、というよりは潟と言ったほうが当たっているかな、に行ってきました。

 

一周できる自転車と歩行者共用の道が整備されていて、一回りすると約6㎞になります。

  
f:id:ninasimone:20180107202521j:image

たくさんの人が歩いていました。やっぱり天気がいいと、外に出たくなりますよね。

 

で、歩いている途中で寒桜っていうんですか、その花が咲いていたので、パチリ。

 

なにか、ほんとうに久しぶりにいい気分になって、歩く速度は早く、歩幅も大きくなっていました。大体1km10分なんですよ、私のペースは。今日はね、9分の前半でしたね。

 

6.7km歩いて、1時間2分。

頑張った。

 

で、ですね、歩くときには、スマホに入れてある音楽を聞きながら歩くんです。

なので、歌詞なんかあんまり頭に入らないんですが、今日は、なぜか、「back number」の「浮ついた気持ち」という曲の歌詞が頭に残りました。

 

「浮ついた僕の上で 誰かが腰を振ってて~このキスが終わったら話そう」という件ですがね。

 

なかなか強烈だなあと、思いました。

 

別に何が言いたいというわけではないんです。歩きながら聞いていた曲のフレーズが頭に残ったんですよぉーという話をしたかっただけなんです。

 

実は意外と「back number」好きなんです。なので、歌詞云々というよりも、

「おっ、back numberじゃん」

と思ったんでしょうね。だから、しっかり聴いたということなんでしょう。うん、そうだ。そうに違いない。

 

この曲もいいと思いますが、「スーパースター」(2011年)というアルバムの「あやしいひかり」とか「こぼれ落ちて」なんかも気に入っています。

「あやしいひかり」なんか、口から声になって出ていたことありますもん。人がいたらケーサツ呼ばれたかもしれませんよねえ。

最近のは聴いていないのでね。昔のですけど。どうぞ。

by カエレバ

 

年寄りが若いもんの歌聴いて何ですの、という突っ込みは聞こえませんよ。

 

「自称歩きニストが、久々に歩いて」、歩きながら聞いていた、「back number」の曲が心地よかったので、頭に残ったぞという話でした。

 

きっと、夜中に足がつるんだろうなあ。

お風呂で、しっかりマッサージしておこう。

 

でわ、また。