この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「花は咲いていなくても、蓮の葉っぱの上は、心地よいのだ。きっと・・・。」 - メダカの深鉢

昨年秋に、蓮の種を水につけておいたら、発芽しまして、越冬できるのかと思っていましたら、やはり、冬前には枯れてしまいました。 ちょうど、この記事のころですね。 www.kokochiyoi-blog.com 根っこは生きていて、今年にまた、葉っぱを出してくるのかと思…

「子守唄だからといって、子どものモノというわけでも・・・」 - Lullaby of Birdland

バードランドの子守唄(Lullaby of Birdland) ジョージ・シアリング(George shearing)の作曲です。 1952年のことです。 有名なジャズのスタンダードナンバーになっていますね。 シアリングは、イギリス出身の盲目のピアニストとして有名な人で、30歳を前…

「ブラックベリーが、ほぼ色づいてきて、期待のあまり心地よさもほぼ増してきました。」 - Blackberry

ブラックベリーが、そろそろ色づいてきましたよ。 花が咲いたと言って喜んでいたのが、つい昨日のようです。 www.kokochiyoi-blog.com 1カ月半ぐらいたつんですねえ。 昨年は、カメムシか何かわかりませんが、かなりの実が食害にあって、白っぽくなってしま…

「モノクロームの肖像というだけで、ノスタルジックに心地よい」 - Pavane

「エディ・ヒギンズ」(Eddie Higgins)は、アメリカのジャズ・ピアニストです。 以前にも取り上げたことがありますね。 これです。 www.kokochiyoi-blog.com ま、日本人好みの雰囲気を持つ演奏だと思いますよ、ということなんです。 今回はね、アルバム「黒と…

「ブライアントの”黄金の耳飾り”は、ピカいち素敵」 - Golden Earrings

この前、「エンジェル・アイズ」というジャズのスタンダードナンバーが、イイと思うんですよね、という話をしました。 これですね。 www.kokochiyoi-blog.com この中で、「レイ・ブライアント」(Ray Bryant)のアルバムを話題にしました。 レイ・ブライアン…

「ドイツのニルス、二人目だぞっ!きっと、スカンジナビアに深い縁があるに違いない」 - Pacific Coast Highway

ニルスっていう名前にこだわっていましたら、「ニルス」というギタリストに出会いました。 本名?は、「Nils Jiptner」というようです。 全く知らない人でした。でも、「スムース・ジャズ」というジャンルの中では結構、有名みたいです。 アメリカで活躍中の…

「エンジェル・アイズっていう曲、イイっすよね!」 - Angel Eyes

ジャズのスタンダード・ナンバーに「エンジェル・アイズ」(Angel Eyes)という曲があります。 知らないねえ・・・って。 あるんですよ。 1946年に「マット・デニス」(Matt Dennis、1914年生れ)という人が作った曲です。この人、もともとは作曲などをして…