この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「今年は花も咲きそうにない、とか書いているばあいじゃなかった。」 - Lotus

ついこの間、「今年は花も咲きそうにないので・・・」とか書いてたんですよね。 これっすね。 www.kokochiyoi-blog.com そう、「蓮」っすよ。 ところが、 なんと、 こともあろうに、 葉っぱの隙間から、 わかりにくいっすか? 豆粒ほどの、蕾が! しかも、う…

「ジャンゴっていう曲があるんだが、これは名曲だと思うよ。」 - Django

ジャンゴ・ラインハルト(Django Reinhardt) 正式な名前は「ジャン・バティスト・ラインハルト」 (Jean Baptiste Reinhardt) え! 「ジャンゴ」なんてどこにもないじゃないか! 「ジャンゴ」は、ニックネームのようです。 それはさておき、ギターの名手で…

「毎日暑いけど、サマルカンド・ブルーで涼しく過ごそう。」 - Samrkand Blue

いやあー。 今日も暑かったですねえ。 むかーし、中央アジアを旅する機会がありまして(もちろん、単独行ではありませんよ。団体ですね。)、サマルカンドとかブハラとかいう街にも寄りました。気温が40度半ばだったかと思います。湿度が日本より低いから大…

「ジャズシンガーだと思っていたら、宝飾デザイナーになっていたとは、笠井紀美子」 - No Way,Not Me

先日、笠井紀美子さんの話が出ました。 www.kokochiyoi-blog.com ストレートに出たわけでなく サム・ジョーンズ→シダー・ウォルトン→笠井紀美子 という繋がりだったわけですが。 笠井さんについては→笠井紀美子 - Wikipedia 最近の笠井さんについてはよく知…

「毎日暑いですね。ブラックベリーを収穫しました。」 - Blackberry 2

あれから、10日以上がたちました。 あれ ↓ www.kokochiyoi-blog.com ちょっと見逃すと、下に落ちてしまい、虫の餌食に。 なので、毎朝、収穫にいかねばなりません。 ねばならんこともないか。 今日で6度目の収穫になります。 葉っぱを食い荒らす黄金虫を退…

「”ホワイトゼノア“って、知ってるかい。」 - White Genoa

ホワイトゼノアって知ってますかな。 イチジクの種類です。 家の畑に植えてあります。 こんなやつです。 写真見せられてもねえ、種類までわかんねーよ。 ですよねー。なかなかわからないですよねー。 さて、いちじく自体も好き嫌いのある果実だとは思ってい…

「パパってさ、父親のこととは限らないんですよねー。」 - My Heart Belongs to Daddy

「私の心はパパのもの」(My Heart Belongs to Daddy)という曲があります。 ジャズのスタンダードナンバーですよね。 前にこんなお話をしました。 www.kokochiyoi-blog.com ジャズのスタンダード・ナンバーと言われる曲ってのは、結構この手のものが多いで…

「ヘーゼルナッツ、植えちゃいました。」 - Hazelnut

「ヘーゼルナッツ」→「はしばみ」→ビックリ という話をしたことがあります。 細かいこというと違うんですが(同属異種とのことですね。) www.kokochiyoi-blog.com へへっ。 植えました。 一本ではなりにくいし、結実までに10年かかるとかいう話をしていたの…

「ズッキーニ、1+1+1>5ぐらいの感じ」 - Zucchini

ズッキーニという野菜、ありますよね。 カボチャの仲間で、ご存知かと思いますが、未熟な果実を食用にするんですね。 今、畑にあるのは、こんな感じですね。 毎年作っているんです。 いつもは、二株。 花は咲くんですけど、なかなか受粉できなくて、大きくな…

「低音の魅力1.1 って、戻ってないか番号? Brian Bromberg」 - Caravan

キャラバン(Caravan)、デューク・エリントン(Duke Ellington)の曲ですね。 そう言い切ってしまうとダメなのかな。彼の楽団の「ファン・ティゾール」という人と作曲したとありますね。 これは、皆さんどこかで聞いたことがあるでしょう。 ところで、んー、…

「ヨーロピアン・ジャズ・トリオ、良いと思うよ!」 - 24 Prelude Op.28-20

「ヨーロピアン・ジャズ・トリオ」(European Jazz Trio)というグループのアルバム、愛聴してます。 1984年の結成ですね。 結成時のメンバーは、 カレル・ボエリー(Karel Boehlee)ピアノ フランス・ホーヴァン(Frans Van Der Hoeven)ベース ロイ・ダッ…

「The Bassist!っていうタイトルをつけられるというのは、スゴクないでしょうか?」 - Lily

「サム・ジョーンズ」(Sam Jones)というベーシストをご存知ですか。 私は知っているんですよお。 何を偉そうに!それがなんだ! という声が聞こえてきそうですが・・。 知っている話しかしないでしょうよ、ふつう。 ということで、お許しください。 まあ、…

「花は咲いていなくても、蓮の葉っぱの上は、心地よいのだ。きっと・・・。」 - メダカの深鉢

昨年秋に、蓮の種を水につけておいたら、発芽しまして、越冬できるのかと思っていましたら、やはり、冬前には枯れてしまいました。 ちょうど、この記事のころですね。 www.kokochiyoi-blog.com 根っこは生きていて、今年にまた、葉っぱを出してくるのかと思…

「子守唄だからといって、子どものモノというわけでも・・・」 - Lullaby of Birdland

バードランドの子守唄(Lullaby of Birdland) ジョージ・シアリング(George shearing)の作曲です。 1952年のことです。 有名なジャズのスタンダードナンバーになっていますね。 シアリングは、イギリス出身の盲目のピアニストとして有名な人で、30歳を前…

「ブラックベリーが、ほぼ色づいてきて、期待のあまり心地よさもほぼ増してきました。」 - Blackberry

ブラックベリーが、そろそろ色づいてきましたよ。 花が咲いたと言って喜んでいたのが、つい昨日のようです。 www.kokochiyoi-blog.com 1カ月半ぐらいたつんですねえ。 昨年は、カメムシか何かわかりませんが、かなりの実が食害にあって、白っぽくなってしま…

「モノクロームの肖像というだけで、ノスタルジックに心地よい」 - Pavane

「エディ・ヒギンズ」(Eddie Higgins)は、アメリカのジャズ・ピアニストです。 以前にも取り上げたことがありますね。 これです。 www.kokochiyoi-blog.com ま、日本人好みの雰囲気を持つ演奏だと思いますよ、ということなんです。 今回はね、アルバム「黒と…

「ブライアントの”黄金の耳飾り”は、ピカいち素敵」 - Golden Earrings

この前、「エンジェル・アイズ」というジャズのスタンダードナンバーが、イイと思うんですよね、という話をしました。 これですね。 www.kokochiyoi-blog.com この中で、「レイ・ブライアント」(Ray Bryant)のアルバムを話題にしました。 レイ・ブライアン…

「ドイツのニルス、二人目だぞっ!きっと、スカンジナビアに深い縁があるに違いない」 - Pacific Coast Highway

ニルスっていう名前にこだわっていましたら、「ニルス」というギタリストに出会いました。 本名?は、「Nils Jiptner」というようです。 全く知らない人でした。でも、「スムース・ジャズ」というジャンルの中では結構、有名みたいです。 アメリカで活躍中の…

「エンジェル・アイズっていう曲、イイっすよね!」 - Angel Eyes

ジャズのスタンダード・ナンバーに「エンジェル・アイズ」(Angel Eyes)という曲があります。 知らないねえ・・・って。 あるんですよ。 1946年に「マット・デニス」(Matt Dennis、1914年生れ)という人が作った曲です。この人、もともとは作曲などをして…

「森田童子さんが、他界していました」 - 雨のクロール

森田童子さんが、他界していましたね。 残念です。 ウィキペディアには「一部ではカリスマ的な人気を博しつつも、森田のファンは全国的に見れば少数で・・」と書かれていますけど、ニュースになるほど知名度があったというのは、マイナーな存在(だと思って…

「ロンドンオリンピックで知ったんです。MUSE」 - New Born

「ミューズ」(MUSE)というグループ、ご存じですか。 1994年結成のイギリスのロック・バンドです。 どれくらい有名かというと、よくはわかりませんが、2012年のロンドンオリンピックの公式ソング、「サバイバル」(Survival)を提供したグループですね。 じ…

「ワルナスビって、ホンとに悪いんです。」 - Apple of Sodom

ワルナスビって、ご存じですか。 その名のとおり、ナスビに似てはいるけど、極悪なヤツなんです。 こんなヤツですわい。 花がナスビやジャガイモと同じでしょ。 花自体は、悪かあないと思いますけどね、見てても。 でもね、トゲあるんスよ。 葉っぱのウラに…

「ニルスって、北欧に多い名前らしいが、ドイツのニルスも良いかも」 - Electric Piano Part IV

「ニルス」(Nils)、人の名前ですね。 北欧(主にスウェーデン)の男性名ということです。 最近、話題にした人の名前でもありますね。 ニルス・ラングレン(トロンボニスト、スウェーデン) www.kokochiyoi-blog.com 私の知ってるとこですと、上の彼以外で…

「バラの次は、アジサイが賑やかになってきました。」 - やまあじさい

バラの花は、盛りを過ぎましたが、代わりにアジサイが賑やかになってきました。 ウチには、何種類かあるんですよ。 といっても、詳細な品種までは知らないんですけど。 まずは、 ホンアジサイとか言われているフツーのアジサイ だと思う。 山アジサイ この形…

「トロンボニストっていうんだ 2」 - In A Sentimental Mood

前に、トロンボーン奏者のことを「トロンボニスト」っていうんだという話をしました。 これですね。 www.kokochiyoi-blog.com フレットのない弦楽器と同じように、バルブのないトロンボーンって、シロート目には、なかなか面倒くさそうな楽器だよねーという…

「夜の用水路」 - 蛍

この季節、夜にフラフラあるいていると、ほの暗い光の群れに出会うことがあります。 そうです。ホタルですね。 今年もいました。 群舞と言うほどではありませんが、10匹は下らない数が飛んでいました。 こういうの、写真に撮りたいのですが、咄嗟にはなかな…

「トロンボニストっていうんだー。」 - trombone

今日、郵便局に行く用事がありまして、待ち時間に、置いてあった雑誌を読んでいましたら、何やら聞きなれない、いや見なれないかな、単語が目に入りました。 「トロンボニスト」 へっ?! トロンボーン奏者を言うらしいですね。 ピアニストと同じですね。 で…

「惜しみなく愛は与うのか、奪うのか、どっち?」 - Woman in Love

バーブラ・ストライザンド(Barbra Streisand)。 懐かしい名前でしょう? 1942年生まれとのことですので、今はいわゆる後期高齢者ですねえ。 バーブラといえば、「スター誕生」とか「追憶」とかが有名ですけど、私は「Woman in Love」だよねー、と言いたい…

「モーニン、朝とは関係ないのですが・・・・」 - Moanin'

何年かぶりに、魚釣りにいってきました。 砂浜での投げ釣りですね。キス狙いですね。 老体に鞭打って、早朝4時の開始を目標に早起きをし、予定通り現場に着きましたよ。 この時期、4時ともなると、白々と明るくなるんですね。いつもは爆睡中ですから、気づ…

「The Enid、シンフォニック・ロックって、どうすか?」 - Gallavant

「エニド」(The Enid)っていうグループ、ご存知ですか。 私は知っています。(なんのこっちゃ) 昔のイギリスのプログレッシブ・ロック・グループっすね。1973年の結成ですね。 あ、今も活動していますから、昔のというのは失礼ですね。 ファースト・アル…