この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

雑記

ふと思ったこと、感じたことを記事にしています。脈絡はありません。

「今年は花も咲きそうにない、とか書いているばあいじゃなかった。」 - Lotus

ついこの間、「今年は花も咲きそうにないので・・・」とか書いてたんですよね。 これっすね。 www.kokochiyoi-blog.com そう、「蓮」っすよ。 ところが、 なんと、 こともあろうに、 葉っぱの隙間から、 わかりにくいっすか? 豆粒ほどの、蕾が! しかも、う…

「毎日暑いけど、サマルカンド・ブルーで涼しく過ごそう。」 - Samrkand Blue

いやあー。 今日も暑かったですねえ。 むかーし、中央アジアを旅する機会がありまして(もちろん、単独行ではありませんよ。団体ですね。)、サマルカンドとかブハラとかいう街にも寄りました。気温が40度半ばだったかと思います。湿度が日本より低いから大…

「”ホワイトゼノア“って、知ってるかい。」 - White Genoa

ホワイトゼノアって知ってますかな。 イチジクの種類です。 家の畑に植えてあります。 こんなやつです。 写真見せられてもねえ、種類までわかんねーよ。 ですよねー。なかなかわからないですよねー。 さて、いちじく自体も好き嫌いのある果実だとは思ってい…

「ズッキーニ、1+1+1>5ぐらいの感じ」 - Zucchini

ズッキーニという野菜、ありますよね。 カボチャの仲間で、ご存知かと思いますが、未熟な果実を食用にするんですね。 今、畑にあるのは、こんな感じですね。 毎年作っているんです。 いつもは、二株。 花は咲くんですけど、なかなか受粉できなくて、大きくな…

「花は咲いていなくても、蓮の葉っぱの上は、心地よいのだ。きっと・・・。」 - メダカの深鉢

昨年秋に、蓮の種を水につけておいたら、発芽しまして、越冬できるのかと思っていましたら、やはり、冬前には枯れてしまいました。 ちょうど、この記事のころですね。 www.kokochiyoi-blog.com 根っこは生きていて、今年にまた、葉っぱを出してくるのかと思…

「ブラックベリーが、ほぼ色づいてきて、期待のあまり心地よさもほぼ増してきました。」 - Blackberry

ブラックベリーが、そろそろ色づいてきましたよ。 花が咲いたと言って喜んでいたのが、つい昨日のようです。 www.kokochiyoi-blog.com 1カ月半ぐらいたつんですねえ。 昨年は、カメムシか何かわかりませんが、かなりの実が食害にあって、白っぽくなってしま…

「森田童子さんが、他界していました」 - 雨のクロール

森田童子さんが、他界していましたね。 残念です。 ウィキペディアには「一部ではカリスマ的な人気を博しつつも、森田のファンは全国的に見れば少数で・・」と書かれていますけど、ニュースになるほど知名度があったというのは、マイナーな存在(だと思って…

「ワルナスビって、ホンとに悪いんです。」 - Apple of Sodom

ワルナスビって、ご存じですか。 その名のとおり、ナスビに似てはいるけど、極悪なヤツなんです。 こんなヤツですわい。 花がナスビやジャガイモと同じでしょ。 花自体は、悪かあないと思いますけどね、見てても。 でもね、トゲあるんスよ。 葉っぱのウラに…

「バラの次は、アジサイが賑やかになってきました。」 - やまあじさい

バラの花は、盛りを過ぎましたが、代わりにアジサイが賑やかになってきました。 ウチには、何種類かあるんですよ。 といっても、詳細な品種までは知らないんですけど。 まずは、 ホンアジサイとか言われているフツーのアジサイ だと思う。 山アジサイ この形…

「トロンボニストっていうんだ 2」 - In A Sentimental Mood

前に、トロンボーン奏者のことを「トロンボニスト」っていうんだという話をしました。 これですね。 www.kokochiyoi-blog.com フレットのない弦楽器と同じように、バルブのないトロンボーンって、シロート目には、なかなか面倒くさそうな楽器だよねーという…

「夜の用水路」 - 蛍

この季節、夜にフラフラあるいていると、ほの暗い光の群れに出会うことがあります。 そうです。ホタルですね。 今年もいました。 群舞と言うほどではありませんが、10匹は下らない数が飛んでいました。 こういうの、写真に撮りたいのですが、咄嗟にはなかな…

「トロンボニストっていうんだー。」 - trombone

今日、郵便局に行く用事がありまして、待ち時間に、置いてあった雑誌を読んでいましたら、何やら聞きなれない、いや見なれないかな、単語が目に入りました。 「トロンボニスト」 へっ?! トロンボーン奏者を言うらしいですね。 ピアニストと同じですね。 で…

「モーニン、朝とは関係ないのですが・・・・」 - Moanin'

何年かぶりに、魚釣りにいってきました。 砂浜での投げ釣りですね。キス狙いですね。 老体に鞭打って、早朝4時の開始を目標に早起きをし、予定通り現場に着きましたよ。 この時期、4時ともなると、白々と明るくなるんですね。いつもは爆睡中ですから、気づ…

「無駄がないというのは、”綺麗“に見える、ということでよいのかな。」 - カヌーのフォームを見ていて思ったこと

カヌースプリントの高校生の大会があって、スタッフの一人として、見る機会がありました。 競技人口がそれほど多くはない種目なので、こじんまりとした大会でした。 若干というか、かなりボカしております。 両側に水掻きのあるパドルを使うカヤックと片側に…

「わけもなく目頭が熱くなる曲って、あるよね。PartII」 - The Show Must Go On

ついこの間。クイーンの曲を話題にしました。 これですね。 www.kokochiyoi-blog.com ついでと言っては何ですが、もう一つ(実は二つも三つもあるんですがね。)目頭の熱くなる曲があるんですね。 「イニュエンドゥ」(Innuendo、1991年)、私は、これが実質…

「二年連続で・・・。ちっとも、心地よくない。」 - トスカーナ・バイオレット

トスカーナ・バイオレット サテなんでしょう。 正解は、「トマト」です。 「ブドウのような食感と酸味。アントシアニン含有のフルーツ・トマト」とかいう触れ込みに、 「やるっきゃないぜ!」 と、苗を買ってきて植えたんですが、残念ながら二年続けて青枯れ…

「次々と咲き始めています。うむ、心地よい。」

気温は高めですが、割りと爽やかな週末を過ごしました。 で、またまた、新しい蕾が開きました。 ジャスミーナです。 フランボワーズ・バニーユとかいうヤツ。 赤とピンクの絞り模様がなんとも綺麗ですよ。 花ごとに模様が違うんですよ。 予約新苗 【バラ苗】…

「ブラックベリーも咲いたよ」

いっきに、家の周りが賑やかになってきました。 ブラックベリーの花も咲き始めました。 熟すのが楽しみです。

「麦秋 ー 金色の野 → 降り立つのは・・・」 - 風の谷のナウシカ

今はですね、春ですね。 今頃から梅雨に入るまで、我が家の周りは黄金色に染まります。 「麦秋」というと、初夏の季語ということですが、黄金色の田んぼを眺めていると、みのりの「秋」と錯覚してしまいますねえ。 こんな感じ。カメラの技量がね、今一つだか…

「ぼちぼち、一足遅れで、そろそろと、我が家のバラ」

この前のつづきです。 「この前?、どの前ですの」 やや、失礼しました。 これですがね。 www.kokochiyoi-blog.com じじいが言うのも何ですが、華聯。リトル・ルチアというバラです。 スーリール・ドゥ・モナリザってやつです。 来年には、地植えにしたいな…

「レモンの接ぎ木」 - 失敗したぞ

昨秋、というか初冬、にレモンの接ぎ木をしました。 カラタチ相手にです。 www.kokochiyoi-blog.com 見事に失敗しました。 残念ですが、レモンの枝は活着しませんでした。 木自体は、元気なようで、枝のあちこちから、新芽がでてきました。 これだ。 また、…

「採りたてイチゴを朝食に」

植え替えもしませんでしたが、今年もイチゴが生り始めました。 こんな感じ。 そんなに大量ではないんですけどね。 完熟するまで待っていると、虫とかナメクジとかに先を越されてしまうので、少し早めに収穫しています。 ときどき、葉っぱの影になっているの…

「金星=ヴィーナス=ジャケ買い→バラッドの帝王=エリック・アレキサンダー」 - Here's To Life

夜の散歩と言うわけではないのですが、最近、ウォーキングの距離が伸びないので、20時頃から歩いてきました。 夜の散歩じゃないか! そうですね。 夜空がとても綺麗でした。 西の方に、いわゆる「宵の明星」、金星が輝いていました。 わかんねーよって。 真…

「義母から預かった三味線の音、なかなかいい音でした」 - 細棹

三味線が、修理から戻ってきました。 お店まで取りに行ったんですけどね。 修理前は、こうでした。 www.kokochiyoi-blog.com 修理後はこれっす。 元はね、猫皮だったようです。 前のブログの三味線の写真に黒い点々があるのがわかるかと思いますが、これが「…

噛み合わないときは、噛み合わないもんよね。

そろそろ落ち着いても良い頃なのに、なんか、まだ、バタバタしている。 今日も、こんなことがあった。 まず、前日の会話である。 私「挨拶状出すのに、葉書がいるんだよー。170枚ほど。」 家人「52円が62円になって、結構するよね。」 私「そうだねー。」 で…

「三味線の修理」 - うまく鳴るかなあ

妻の実家の床の間に三味線が袋に入れて置いてありました。何年もそのままになっていたのですが、それ程気にも留めていませんでした。 最近、久しぶりに何か新しい楽器を弾きたいなあと思ったときに、そういえばと思い出したのですよ。 で、妻が、実家に帰っ…

「トイレと洗面所と脱衣所が同じってどうよ? - 悪かないよ、むしろ、心地いいぜえ。」

私の自宅のお風呂は、「1216」というサイズでした。2,700mm(一間半)を二つに分けて、片方がお風呂、もう片方が洗面脱衣所という、フツーの造りでした。 私にとっては、足を伸ばして入るには、ちょと、小さいサイズで、「1616」サイズのお風呂に憧れていた…

「今日から、リスタート」

今日から、セカンドライフが始まりました。といっても、生活が変わる訳ではありません。 ただ、心機一転、一からという感じがするだけです。 外野の声さえ気にしなければ、若い頃に戻った感じで、むしろ、モチベーションが上がります。 体に気を付けて、頑張…

「手打ちそばの道具って、結構するんだよね。」

蕎麦が好きです。 好きだからといって、味がわかるわけでわありません。何でもそうですけど、ココんとこ大事ですね。 スーパーなどで売っている、「小麦の分量の方が多いんじゃね!」というようなものと、ちゃんと二八で打ったものとの区別さえ怪しいもので…

「好きよキャプテン、と歌われたら、テニスしちゃいません?」 - 好きよキャプテン

その昔、第二のザ・ピーナッツと言われた「ザ・リリーズ」というデュオがおりました。 まず 「ザ・ピーナッツ」ってなんじゃ? となりますね。 そうですよねー。知らないですよねー。 映画「モスラ」(1961年)で、 「モスラーやっ、モスラー、ドゥンガン、…