この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング、のつもりがガーデニングがメインになっています。

雑記

ふと思ったこと、感じたことを記事にしています。脈絡はありません。

雨上がりの公園散歩

今日は、どうも天気が 回復するらしい・・・、 というので、散歩がてらに カメラを携えて、 植物園に行ってきました。 植物園というか グリーンセンターという 林業に関する試験研究施設を 併設した公園なんですけどね。 朝イチは、曇っていましたが 目的地…

公園でのひととき

世間は、ゴールデンウィーク という「連休」の 期間らしいですが、 私は仕事の関係で 飛び石になっております。 お休みがあるだけ、 喜ぶべきところですね。 で、本日はお休みでした。 天気もよく、娘夫婦と 近くの児童公園で まったりできました。 メタセコ…

恐竜時代

飛び出す絵本というもの ご存じですか? 私、幼少の砌に 胸をときめかせて 本を拡げた記憶があります。 飛び出すだけでなく、 稼動部分もあったりしましたね。 仕掛け絵本とも言われています。 そんな遠い日の記憶を 鮮やかに思い出させるような 本に出会い…

山野草はいいですねえ。

春の山を歩いてみました。 いろんな山野草が 花をつけていました。 いろんなといっても 数種類ですけどね。 まずは、ヤマブキですね。 「やまぶきいろ」が ここからきてるなんて 知りませんでした。 若い頃は、やまぶ-黄色、 だと思ってましたし。 今思えば…

早かりし、遅かりし?、見頃なり

今年の桜の開花は 早かったですねえ。 そして、今ごろ 見に行くってのは 遅かったですかねえ。 いやそんなことも なかったんですよお、 って話です。 つまり、ソメイヨシノは もう散ってしまっていました。 1、2輪は、残ってもいます。 が、ほとんどは 終…

掃除婦のための手引き書

ちまたで話題の ルシアン・ベルリン。 掃除婦のための手引き書、 読みました。 掃除婦のための手引き書 ルシア・ベルリン作品集 作者:ルシア・ベルリン 発売日: 2019/07/09 メディア: Kindle版 カッコいい装丁だと思います。 実はこの装丁は、あの 「月とコ…

もう暑いって、どうよ。今年は先が・・・。

今日(4月2日時)は 暑かったですよね。 あ、4月の初めにしては という意味ですよ、もちろん。 気温はこちらでは 23度まであがりました。 5時をまわった時点で やっと20度を切る、 そういう状況でした。 なんなんでしょうね? ほんの2月前には、 雪…

3月に桜が満開だなんて!

私の住む地域で 3月に桜が満開だなんて、 もうビックリです。 統計的にはこれまでにも あったのかも知れないですけど 私の記憶にはないですねえ。 ちなみにこの辺りの 平年の開花日は4月3日、 平年の満開日は4月9日なんです。 今年はというと 開花日が…

紙鑑定士の事件ファイル

タイトルはね、 歌田年さんの本ですね。 紙鑑定士という 名詞もさることながら、 贅沢にも四種類もの紙を 使用した本の作りに 惹かれましたね。 【2020年・第18回「このミステリーがすごい! 大賞」大賞受賞作】紙鑑定士の事件ファイル 模型の家の殺人 (『こ…

初めてのヒサカキの花

散歩をしていると、 いつも歩いている場所なのに 新しい発見があったりしますね。 ヒサカキ(姫榊、柃)の花が 咲いているのを見つけました。 知っていたわけではなく なんの花だろうと調べてみて 分かった次第です。 これね、そこはかとなく、 匂うんですよ…

カレーパンのスプレッド

カルディ、好きなんですよ。 たまたま、寄りましたら 全品10%オフのセール中でした。 そんな中、何を買うともなく 店内を物色しておりますと こういうものを発見しました。 「ぬって焼いたらカレーパン」 という商品ですね。 初めて目にする気がします。 …

気温7度のウォーキング

気温が7度というと、 皆さんはどう感じます? 寒いのか暖かいのか、 悩みませんか? シンワ測定(Shinwa Sokutei) 寒暖計 C-5 パイン 72590 メディア: Tools & Hardware 服装にもよりますから 一概にはどうとは言えませんよね。 氷点下の雪の深々降る日に、 …

恩田陸とヘンリー・ジェームズのねじの回転

恩田陸さんの作品に「ねじの回転」 というのがあり、 ヘンリー・ジェームズの作品にも 同名の作品がある という話をしたことがあります。 www.kokochiyoi-blog.com これまた以前に、 「終わりなき夜に生まれつく」 という恩田さんの作品と アガサ・クリステ…

ろうけつ染めの新作

ウチの球根おばさんは、 ろうけつ染めなるものを 趣味としています。 このブログでも、そこはかとなく 匂わしたことはあるのですが お気づきになられたでしょうか? www.kokochiyoi-blog.com 匂わすというか はっきり「やっています」と 書いてましたね。f(^…

冬の神社巡り、結びはー須波阿湏疑神社

須波阿湏疑神社 「すわあずきじんじゃ」 と読むそうです。 最近、何か神社の 話ばかりじゃないって? お天気が良かったのでね、 同じ日に3つばかり はしごをしたわけです、神社の。 同一県内ですけど、 それぞれは10キロから 30キロ離れてます。 で、須…

緑の繭

ウォーキングの途中で、 葉を落とした木にぶら下がってる 綺麗な緑の物体を発見。 ウスタビガ( 薄手火蛾 ・薄足袋蛾 ) という、ヤママユガ科の 大型の蛾の繭です。 野蚕と呼ばれる種類で 糸が取れるのだそうですね。 MUSASHI-Sakai2 - 投稿者自身による作…

眼に良いという霊泉があるらしい

私、最近、眼がしょぼしょぼします。 近眼の老眼で、かすみ目といいますか 朝はそれほどでもありませんが 夕方になると見えにくくなります。 特に薄暮時に、ですね。 【第2類医薬品】Vロート アクティブプレミアム 15mL 発売日: 2017/09/14 メディア: ヘルス…

日本一複雑な屋根の大瀧神社

「日本一複雑な屋根の神社」が 近くにあると知りました。 近くといっても 結構ありますけどね。 その名を「大瀧神社」といいます。 日本一複雑って? 興味津々です。 雪も解けただろうと楽観して 行ってきました。 場所はココ。 福井県の越前市大瀧町にあり…

エミリの小さな包丁を読みました、いまさらですが。

表題の本を読みました。 エミリの小さな包丁 (角川文庫) 作者:森沢 明夫 発売日: 2019/06/14 メディア: Kindle版 エミリというのは小さな子どもで、 その子と子ども用の包丁にまつわる お話かなと単純に思っていましたが、 まったく違いました(笑)。 小説…

あたらしいみかんのむきかた

「あたらしいみかんのむきかた」 という本に、今、ハマっています。 あたらしいみかんのむきかた 作者:岡田 好弘 発売日: 2010/11/16 メディア: 単行本 10年も前の本ですけどね。 当時、ちまたでは、 「一般書なのか児童書なのか」 という議論があったよう…

勧進帳で有名な安宅の関

勧進帳で有名な安宅の関、 ご存じでしょうか? 奥州へ逃げる途中での、弁慶と 関守の富樫泰家のやりとりが あったところですね。 ここに、安宅住吉神社という 神社があります。 全国で唯一の難関突破神社 だというのですね。 「唯一の」は別にしても、 「難…

日本の探偵小説三大奇書とは?

探偵小説三大奇書と言われている本、 3つともご存じでしょうか? 「ドグラマグラ」夢野久作 「虚無への供物」中井英夫 「黒死館殺人事件」小栗虫太郎 なんだそうです。 オマエ、突然どうした?と お思いのあなた、 お答えしましょう。 え、聞きたくもねえ?…

終わりなき夜に生まれつく

先日、といっても 半月ほど前になりますが、 恩田陸さんの 「夜の底は柔かな幻」を 読んだという話をしました。 www.kokochiyoi-blog.com この中で彼女の 「終わりなき夜に生まれつく」という スピンオフ作品の話もしたのですが 今回はそれにまつわる話です…

素焼の陶板オブジェ、素敵やん。

嫁さんのイタリアの お友だちから 贈り物が届きました。 彼女が学生時代に 海外でホームステイを していたときの友達だ と言いますから もうン十年来の お付き合いになるようです。 話はそれますが、 我が家には宅配ボックスなるものが 設置してあるのです。…

夥しいとは、このことか。

「夥しい」→「おびただ・しい」 と読むんですって。 果実(果)がたくさん(多) ある様を表して、 果+多=夥 となった形成文字ということです。 え、突然何故にこんな話、ですと? 果実がたくさん・・、 そんなものを見たからです。 散歩の途中のことでし…

純米大吟醸

私、お酒は弱いんです。 でも、少しだけ 飲んだりします。 先日、後輩から「お酒いりませんか?」 と営業の声がかかり(笑)、 4合瓶をひとつお願いしました。 それがこれです。 彼の家は、 昔は造り酒屋でしたが、 随分前に、やめちゃったんです。 今は副…

ネクロポリス

恩田陸づいている、という わけではないですけれど、 ジェイムズの「ネジの回転」を読んだ というid:garadanikkiさんの記事を目にして、 恩田さんを思い起こしました。 ねじの回転 -心霊小説傑作選- (創元推理文庫) 作者:ヘンリー・ジェイムズ 発売日: 2005/…

引っ越しのお手伝い

息子が引っ越しをするというので、 お手伝いをすることになりました。 実を言うと、当初の計画は 1月の10日、つまり先週の 日曜日だったのですね。 あの日はこの有り様だったので 1週間延期したわけです。 www.kokochiyoi-blog.com で、繰り返しますが こ…

1kgのクルミの徳用袋

クルミの徳用袋1kgってのが スーパーに並んでいました。 東海地方や北陸地方の スーパーマーケット、 バローの商品です。 千円以下でしたから お安いのではないでしょうか。 クルミが好きで、 山などのオニグルミを拾っては 食べている身ですが 割って食…

夜の底は柔らかな幻

「夜の底は柔らかな幻」 という本を読みました。 庭に出れないものですから・・・。 夜の底は柔らかな幻 上 (文春文庫) 作者:恩田 陸 発売日: 2015/11/10 メディア: 文庫 恩田陸という作家の 名前を耳にしたのは 彼女の小説「蜂蜜と遠雷」が 2017年に直木賞…