この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング、のつもりがガーデニングがメインになっています。

雑記-小説

ロボット・イン・ザ・ガーデン

テレビで二宮和也主演の 「TANG」という映画の CMを見ました。 www.youtube.com 特に興味を持ったわけでも なかったのですが、 よく見るようなロボットの キャラクターは、頭に 残っていたんだと思います。 数週間後、とあるネットの 本のランキングサイト…

デヴィッド・ボウイの人生を変えた100冊

こういう本を読みました。 Bowie's Books——デヴィッド・ボウイの人生を変えた100冊 作者:ジョン・オコーネル 亜紀書房 Amazon パラパラと眺めた、 と言った方が正確かもしれません。 この本に掲載されている デヴィッド・ボウイの 人生を変えたとされる本の…

雪は降ったが、日差しがあって・・・。

一昨日から雪が降って 今朝も結構寒かったです。 が、昼から日差しもあって 最高気温は6度まで 上がるとの予報でした。 なんでえ、一桁半ばか~い。 ところがどっこい、 日差しがあれば 我が家の隙間だらけの シェッド内でも 温度は上るんですよねえ。 お昼…

「三月は深き紅の縁を」恩田陸

恩田陸の「三月は深き紅の縁を」という本を読みました。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript ||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)}; c…

存在の耐えられない軽さ

先日、図書館で 全集本を借りました。 ミラン・クンデラの 「存在の耐えられない軽さ」 を読んでみようと 図書館へ借りに行ったんです。 耐えられないくらい軽いのは、 オマエだろって? 誰スか、そんなホントの事言うの! 存在の耐えられない軽さ (集英社…

尾崎翠

最近なんですけど、「尾崎翠」という作家さんを知りました。 いくつか作品を読みましたが、どれも興味深く読ませてもらいました。 一冊これ↓を読んだだけなんですけど。 尾崎翠 (ちくま日本文学 4) 作者:尾崎 翠 筑摩書房 Amazon 私は図書館で借りたのですが…

筒井康隆-ジャズ小説

筒井康隆の本に 「ジャズ小説」ってのがあります。 1996年刊行の本ですが、 もともとは、○趣会の 毎月一枚のCDを1年間 送ってくるという企画で、 1994年に出された 「IMMORTAL JAZZ COLLECTION Monochrome」というシリーズの CDブックに掲載さ…

平野啓一郎の「ある男」その2

平野啓一郎の「ある男」 に出てくる音楽に焦点を当てた 後編ですよぉ~。 小説も後半になると 出てくる曲の頻度が 下がってきますね。 マイルス・デイビス、ビル・エバンス UFO 富樫雅彦/菊地雅章 ミシェル・ンデゲオチェロ まとめ マイルス・デイビス、…

平野啓一郎の「ある男」その1

ある男、読みました。 ある男 (コルク) 作者:平野啓一郎 コルク Amazon なかなか深~い話のように 感じられましたが、 溺れるといけないので 水底には降りずに ぷかぷか漂いながら 読ませていただきました。 それでも、いろいろと 考えさせられました。 で、…

グリーン・フィンガーって言葉を最近知りました

こういう本を読みました。 グリーンフィンガー 約束の庭 作者:ポール メイ さえら書房 Amazon 児童書ということです。 書名の「グリーン・フィンガー」 (Green Fingrs)は、 庭作りの上手な人という 意味だそうですよ。 憧れますね。 あらすじは、 文字を読…

児童書と挿し絵

児童書の挿し絵に、 米倉斉加年が使われていた というお話をいたしました。 www.kokochiyoi-blog.com 注文した古本が届いたので、 改めて眺めてみましたが やはり、イイですねえ。 スウとジョンシー、ベアマン老人。 独特ですよー。 球根おばさんが手にとっ…

最後の一葉

オー・ヘンリーの 「最後のひと葉」という作品は 皆さんご存じですよね。 今でもそうなのかは知りませんが、 私の幼少の頃は教科書にも 載っていた気がします。 最近では、どうなんでしょう? 若い人は、この話知らないんですかね。 私は、文庫本か何かの短…

本と鍵の季節

米澤穂信サンの 「本と鍵の季節」 という本を読みました。 本と鍵の季節 (集英社文庫) 作者:米澤 穂信 集英社 Amazon 高校生二人による学園推理モノ といった内容でしたかね。 短編六本ということで、 手軽に読めたのが良かったです。 学校図書館を舞台にし…

バッタを倒しにアフリカへ

「バッタを倒しにアフリカへ」 という本を読みました。 ウルド昆虫記 バッタを倒しにアフリカへ 作者:前野 ウルド 浩太郎 発売日: 2020/05/20 メディア: 単行本(ソフトカバー) 前野ウルド浩太郎さんという 昆虫学者のノンフィクションです。 アフリカで大…

鳴かずのカッコウ

鳴かずのカッコウ、 読みました。 鳴かずのカッコウ 作者:手嶋龍一 発売日: 2021/02/25 メディア: Kindle版 鳴かずのカッコウ [ 手嶋 龍一 ]価格: 1870 円楽天で詳細を見る 手嶋龍一サンて、 フィクションも 書いてたんですね。 知りませんでした。 「インテ…

掃除婦のための手引き書

ちまたで話題の ルシアン・ベルリン。 掃除婦のための手引き書、 読みました。 掃除婦のための手引き書 ルシア・ベルリン作品集 作者:ルシア・ベルリン 発売日: 2019/07/09 メディア: Kindle版 カッコいい装丁だと思います。 実はこの装丁は、あの 「月とコ…

紙鑑定士の事件ファイル

タイトルはね、 歌田年さんの本ですね。 紙鑑定士という 名詞もさることながら、 贅沢にも四種類もの紙を 使用した本の作りに 惹かれましたね。 【2020年・第18回「このミステリーがすごい! 大賞」大賞受賞作】紙鑑定士の事件ファイル 模型の家の殺人 (『こ…

恩田陸とヘンリー・ジェームズのねじの回転

恩田陸さんの作品に「ねじの回転」 というのがあり、 ヘンリー・ジェームズの作品にも 同名の作品がある という話をしたことがあります。 www.kokochiyoi-blog.com これまた以前に、 「終わりなき夜に生まれつく」 という恩田さんの作品と アガサ・クリステ…

エミリの小さな包丁を読みました、いまさらですが。

表題の本を読みました。 エミリの小さな包丁 (角川文庫) 作者:森沢 明夫 発売日: 2019/06/14 メディア: Kindle版 エミリというのは小さな子どもで、 その子と子ども用の包丁にまつわる お話かなと単純に思っていましたが、 まったく違いました(笑)。 小説…

日本の探偵小説三大奇書とは?

探偵小説三大奇書と言われている本、 3つともご存じでしょうか? 「ドグラマグラ」夢野久作 「虚無への供物」中井英夫 「黒死館殺人事件」小栗虫太郎 なんだそうです。 オマエ、突然どうした?と お思いのあなた、 お答えしましょう。 え、聞きたくもねえ?…

終わりなき夜に生まれつく

先日、といっても 半月ほど前になりますが、 恩田陸さんの 「夜の底は柔かな幻」を 読んだという話をしました。 www.kokochiyoi-blog.com この中で彼女の 「終わりなき夜に生まれつく」という スピンオフ作品の話もしたのですが 今回はそれにまつわる話です…

ネクロポリス

恩田陸づいている、という わけではないですけれど、 ジェイムズの「ネジの回転」を読んだ というid:garadanikkiさんの記事を目にして、 恩田さんを思い起こしました。 ねじの回転 -心霊小説傑作選- (創元推理文庫) 作者:ヘンリー・ジェイムズ 発売日: 2005/…

夜の底は柔らかな幻

「夜の底は柔らかな幻」 という本を読みました。 庭に出れないものですから・・・。 夜の底は柔らかな幻 上 (文春文庫) 作者:恩田 陸 発売日: 2015/11/10 メディア: 文庫 恩田陸という作家の 名前を耳にしたのは 彼女の小説「蜂蜜と遠雷」が 2017年に直木賞…

デフ・ヴォイス

最近、庭に出ておりません。 というか、事情があって 出られないといった方が正確でしょうか。 なので、インドアの話が 多くなっています。 あ、散歩はするんですけどね。 ということで、本の話です。 最近多くなってます。 デフ・ヴォイスという本を読みま…

吉田篤弘の「月とコーヒー」

吉田篤弘さんという作家の本を 最近、読みました。 300ページほどの本ですが そのなかに短編小説が 24編、収録されています。 月とコーヒー (文芸書) 作者:篤弘, 吉田 発売日: 2019/02/26 メディア: 単行本 私が特に気に入ったのは 本のサイズですね。 え、…

くそじじいとくそばばあの日本史

見出しの本を読みました。 単にタイトルに惹かれた だけだったんですが、 なかなか面白かったですよ。 くそじじいとくそばばあの日本史 (ポプラ新書) 作者:大塚ひかり ポプラ社 Amazon

嘘の木

最近、「嘘の木」という本を読みました。 嘘の木 (創元推理文庫) 作者:フランシス・ハーディング 東京創元社 Amazon 児童図書っていう分類なんですが いやいやいや、面白かったっス! 刊行されたのは2017年なので、 今さら何故という感じですね。 本との…

宮部みゆきの「レベル7」

レベル7。 宮部みゆきさんの、 極初期の作品ですね。 作家デビューは1987年で、 レベル7の単行本は 1990年に出ています。 レベル7(セブン) (新潮文庫) 作者:みゆき, 宮部 発売日: 1993/09/29 メディア: 文庫 私は、2008年の新装版で 読みました。 勝手…

沼田まほかるの「ユリゴコロ」

「ユリゴコロ」という本を読みました。 こんな表紙の本です。 ユリゴコロ (双葉文庫) 作者:沼田まほかる 発売日: 2014/06/18 メディア: Kindle版 作者の沼田まほかるサンという方は、 56歳でデビューしたと言いますので ずいぶんと遅かったのですね。 この「…

第66回江戸川乱歩賞受賞作「わたしが消える。」

佐野広実さんの 「わたしが消える」、 読みました。 オバケのQ太郎(1) (てんとう虫コミックス) 作者:藤子・F・不二雄,藤子不二雄A 発売日: 2015/07/24 メディア: Kindle版 あ、間違いました。 タイトルの意味は、 小説の最後で明らかになります。 MCIと…