この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング、のつもりがガーデニングがメインになっています。

冬の散歩道とフェリーニ。

今日は、我が地方では珍しく

朝からお日さまが出ていました。

f:id:ninasimone:20201229112627j:image

ここしばらく雨の日が続いていて、

うんざりしていたところです。

まあ、毎年のことなんですけどね。

 

朝から随分と

歩いてしまいました。

近くの公園のせせらぎの

眩しいことといったら

ありません。

f:id:ninasimone:20201229112755j:image

もう3月か?くらいの気持ちに

なってしまいましたね。

 

ここで、気を緩めると

1月2月が大変なのですが、

身体は正直です。

すっかり緩んでしまいました。

 

園内の舗道にも

まったく雪が残っていなくて

歩きやすかったです。

f:id:ninasimone:20201229112850j:image

さて、そんな上々の気分で

歩いているなか、

イヤホンから流れてきたのは

この曲でした。

 

エンリコ・ピエラヌツィの

「Le notti di Cabiria」という曲です。

どうぞ。

www.youtube.com

良いと思いません?

サックスが泣けるぅ~。

 

ベースは

チャーリー・ヘイデン(Charlie Haden)、

ドラムは

ポール・モチアン(Paul Motian)、

サックスは

クリス・ポッター(Chris Potter)、

トランペットは

ケニー・ホイーラー(Kenny Wheeler)、

という布陣です。

知ったように書いてますが

クレジットに載っているまま

書き写しただけです(笑)。

聞いた名前は上から3人目までですね。

 

邦題は「カビリアの夜」といいます。

1957年の同名のイタリア映画の

テーマ曲ですね。

映画の監督はフェデリコ・フェリーニ。

作曲はあの「ニーノ・ロータ」です。

 

映画は、順風満帆とは言い難い

人生を歩んでいる

主人公カビリアの、

それでも健気で前向きに

生きる姿を描いています。

そのひたむきさにに、

共感を覚えずにいられません。

カビリアの夜 [DVD]

カビリアの夜 [DVD]

  • 発売日: 2019/08/02
  • メディア: DVD
 

 

実は、ピエラヌンツィのアルバムに

こういうモノがあるんですよ。

Fellini Jazz

Fellini Jazz

  • 発売日: 2011/11/11
  • メディア: CD
 

アルバム自体が

フェリーにの映画音楽を

集めたものなんですね。

そのなかの1曲でした。

他にも

「La città delle donne」(女の都)

なんてのも収録されています。

ニーノ・ロータじゃないけど

こいつもなかなかいいですよ。

 

でわ、また。 

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

久しぶりのラース・ダニエルソン。

ラース・ダニエルソンという

ベーシストについては、

以前に紹介したことがあります。

私の好きなベーシストの一人ですね。

最初は「Suffering」という曲でした。

www.kokochiyoi-blog.com

この時は、ライブの動画を

紹介してますが、

今回はアルバムの動画を

紹介しておきますね。

www.youtube.com

何度聴いてもいいなあ。

 

そして、相方と言っていいのか

ポーランドのピアニスト、

レシェック・モジジェルとの

アルバムも紹介しました。

www.kokochiyoi-blog.com

二日続けて、だったのですね。

きっとマイブームだったに

違いないですね。 

今でも続いていますけど(笑)。

 

ベースの高音というものが

こんなにも心地よいのだと

教えてくれた気がします。

 

さて、今回は、ウルフ・ワケニウス

(Ulf Wkenius)という

スウェーデンのギタリストの

「Vagabond」というアルバムから

「Psalmen」という曲を

聴いてみましょう。

 

ワケニウスは、最近になって

覚えたギタリストですが

(え、わたスだけ?)

実は1958年生れということで

結構年食ってますね。

ペデルセンの1996年のアルバム

「Those Who were」に

参加していたというのを

最近知りました。

 

「Psalmen」は

「聖歌」とか「詩篇」とかいう

意味らしいです。

www.youtube.com

ヴィンセント・ペイラニ

(Vincent Peirani)の

アコーディオンが

胸を締め付けますねえ。

ギターを持った放浪者という

ジャケットもいいですよね。

 

もっとも聴いてほしいのは、

ダニエルソンのベース

なんですけどね。

 

では、もう一曲、

今度はダニエルソンの

リーダーアルバムから

聴いてみましょう。

www.youtube.com

2014年のアルバム

「LiberettoⅡ」から

「Passacaglia」でした。

ダニエルソンのアルバムと言いながら

この曲はティグラン・ハマシアンの

ピアノが前面ですね。

3分辺りからのベースを

楽しんで下さい。

 

パッサカリアっていうのは

本来3拍子らしいんですが、

これは違いますね。

~風ってことなんでしょうか。

 

Libera Me

Libera Me

 

 

VAGABOND

VAGABOND

  • アーティスト:Ulf Wakenius
  • 発売日: 2013/03/01
  • メディア: CD
 

 

Liberetto II by LARS DANIELSSON

Liberetto II by LARS DANIELSSON

 

 

でわ、また。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。

「ベサメ・ムーチョ」は「キス・ミー・ア・ロット」

こんばんわ。

今回はベサメ・ムーチョの話です。

この曲名はみなさん、

聞いたことがあると思います。

 

ベサメ・ムーチョ、

綴りは、「Bésame mucho」で、

スペイン語です。

「ベサメ」は、口づけ、キス、の意味。

「ムーチョ」は多数、たくさん、

といった意味になります。

 

つまり、合わせて直訳すると、

いっぱいキスして、といった意味に

なるのだそうですね。

なので、英語のタイトルは

「Kiss Me A Lot」とかに

なってるらしいです。

知っている人にとっては

なんでもないことですが、

わたスは

なるほど!

でしたね。 

 

マイナー調のメロディの曲なので、

「たくさんキスして」という

情熱的な歌だとは、

思いませんよね。

何か謎があるんでしょうか?

あるんですよ。

それは、のちほど。

 

この曲は、1941年に

当時21歳だったメキシコの

「コンスエロ・ベラスケス」

という女性よって書かれました。

 

また、この曲が世界中で

広く知られるようになったのは、

アメリカで大きな反響を得たから

といわれています。

当時のヒットメーカーだった、

ジミー・ドーシー・オーケストラが、

この曲を取り上げたからということのようです。

 

日本では、1950年に

黒木曜子さんという人が

歌ったのが最初だったようです。

もっとも、私の中では、

トリオ・ロス・パンチョスですけどね。

 

そして、ジャズの世界でも

スタンダード・ナンバーとして

演奏されています。

 

さて、先程の謎ですけれど

聞き齧った話で

申し訳ないのですが、

実はこの曲、やはり、

甘いラヴ・ソングでは

ないんだそうです。

歌詞と日本語にしたものを

載せますと、こうですね。

Besame, besame mucho,

como si fuera esta noche la ultima vez
Besame, besame mucho...

que tengo miedo de perderte,

de perderte despues...

・・・

Piensa que tal vez mañana

Yo ya estaré lejos, muy lejos de tí.

たくさんキスして、

まるで今夜が最後であるかのように

たくさんキスして、

後であなたを失ってしまうのが

恐いから

・・・

私はたぶん明日あなたと別れ

とても遠いところへ

行かなければならないから

 

とても遠いところとは

「あの世」ということらしいです。 

つまり、

自分の最後が近いことを

悟っていた旦那さんが

奥さんに「たくさんキスして」

とせがんだ歌

なのだそうですよ。

とあるサイトで紹介されていました

明るく情熱的でないわけです。

 

それでは、聴いていきましょう。

コンスエロ・ベラスケス本人に

よるものがあるそうなんですが、

ネット上では見つけられませんでした。

なので、ジミー・ドーシー版をどうぞ。

www.youtube.com

 

そして黒木曜子サン。

www.youtube.com

戦後という感じですかねえ。

 

 私の定番、トリオ・ロス・パンチョス。

www.youtube.com

ああ、やはりこれを聴くと

懐かしさが込み上げてきます。

 

歌うベーシスト、 

ニッキーパロット。

www.youtube.com

 

コステロの嫁、 

ダイアナ・クラール。

www.youtube.com

どれもいいですよねえ。

 

最後はゴンザロ・ルバルカバの

インストナンバーで、どうぞ。

www.youtube.com

辛抱強く聞くと、

だんだん良くなってくると思います(笑)。

わたしの一押しですね。

 

ムーン・リバー (紙ジャケット仕様)

ムーン・リバー (紙ジャケット仕様)

 

 

ザ・ルック・オブ・ラヴ

ザ・ルック・オブ・ラヴ

 

 

Blessing

Blessing

 

 

でわ、また。

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

我が家の庭の「秋」、小さな紅葉。

あれだけ暑い暑いと言っていたのに

ずいぶんと涼しくなりましたね。

もう虫の声も聞こえません。

 

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

さて、あちこちの山々で

紅葉が見られるようになってきましたが

我が家の庭でも、木々が

色付いてきましたので

ご紹介しましょう。

 

さて、これはなんだと思います?

f:id:ninasimone:20201028085958j:image

f:id:ninasimone:20201028090020j:image

ホオノキの葉に似ていますが

正体は「ポボー」です。

モクレン目バンレイシ科の植物で、

果実は食べられます。

ホオノキもモクレン目なので

遠い親戚ぐらいになるんですかね。

似ていても仕方ないでしょうか。

 

お次はこれ。さてなんでしょう?

f:id:ninasimone:20201028091048j:image

f:id:ninasimone:20201028091127j:image

正解は、ジューンベリーです。

うまく紅葉してますね。

遠目に肉眼でみると

結構鮮やかできれいですよ。

果実も楽しめますし、

庭に植えておくには

ちょうどいいと思います。

 

さて、次はこれです。

f:id:ninasimone:20201028105606j:image

これは、わかりますよね。

ハナミズキです。

f:id:ninasimone:20201028110630j:image

蕾ができてますね。

葉が全部落ちると、

この蕾がよく見えるので

来年の花の具合が予想できます。

春が待ち遠しい気持ちになります。

 

最後に、アジサイですね。
f:id:ninasimone:20201028111445j:image

ミナヅキですが、

全体が秋色にならずに

一部分だけです。

f:id:ninasimone:20201028111747j:image

もう少しきれいにピンク色に

なるのかと思って

期待していたのですが、

そこまで鮮やかではなかったです。

これが普通なんですかね。

 

f:id:ninasimone:20201028112103j:image

芝生の枯れ葉をみるにつけ、

秋の深まりを感じます。

で、枯れ葉と言えば

この曲ですね。

www.youtube.com

バーニー・ケッセルでした。

この曲が収録されているアルバム

「枯葉」のトラックリストは、

以下のとおりです。

1.枯葉

2.コルコバード

3.ON A CLEAR DAY YOU CAN SEE FOREVER

4.アクエリアス

5.YOU’RE THE ONE FOR ME

6.THE LOOK OF LOVE

7.I WILL WAIT FOR YOU

8.WHACH WHAT HAPPNED

9.BLUE SOUL

10.COMIN’HOME

11.SHUFFLIN’

12.QUAIL BAIT

13.WATCH THE BIRDS GO BY

2曲目のコルコバード、

7曲目のI will wait for youなども良いですよ。

枯葉

枯葉

 

 

ギターの枯葉をもう一曲

www.youtube.com

ガボール・ザボのアルバム

「スペルバインダー」に

収録されています。

人を魅了するという意味らしいですが、

魅了されました(笑)。

このアルバムには、

あのサンタナをも唸らせたという

「ジプシークイーン」も

収録されています。

www.youtube.com

スペルバインダー

スペルバインダー

 

 

最後はケニー・ドリューの

ピアノでお別れしましょう。

www.youtube.com

冒頭のギターは

フィリップ・カテリーン

(Philip Catherine)

というベルギーのギタリストで

チャールス・ミンガスが

「ヤング・ジャンゴ」と名付けた

名プレーヤーです。

ギターでしっとりさせておいてから

入ってくるピアノがいいですよね。

Morning

Morning

  • アーティスト:Drew, Kenny
  • 発売日: 1994/07/27
  • メディア: CD
 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

ノワールをまとう女と酒とバラの日々

ノワールをまとう女

2019年江戸川乱歩賞の

受賞作ですね。

受賞時の作品名は

「NOIRを纏う彼女」v

だったそうですが、

今の方がいいと思います。

ノワールをまとう女

ノワールをまとう女

 

読みました。

いや、赤文字にする必要もないんですね。

 

神護かずみという人の作品ですが

恥ずかしながら知らない作家さんで

しかも、女の人かと思っていたら、

アラシックスのおじさんでした。

わっはっは!

知らないってことは

怖いですねえ。

 

企業のスキャンダルやトラブルを

事が大きくなる前に消火する

という社会の裏仕事を生業とする

「西澤奈美」が主人公で、

彼女は常に黒を基調とした

服を身にまとっているという

設定ですね。

なので、ノワールの女、でしょうか。

わかりやすい・・、気がします。

 

主人公がクールですね。

ただ、この稼業を生業とするように

なったきっかけが、あるある的でもなく、

その変貌ぶりってのも激しくて、

そのへんは、どうなんだろう

という気はしました

でも、面白かったです。

「西澤奈美」は、

この夏の新作「償いの流儀」でも

主人公として登場しますね。

償いの流儀

償いの流儀

 

 

「NOIRを纏う彼女」の

話に戻りますが、

実は、この本の最初の方に、

「酒とバラの日々」の

作詩者や作曲者の情報が

載っているんですよ。

f:id:ninasimone:20201016120150j:image

どこかで使ってるんだなと、

それだけでわくわくしました。

 

どこで使われているかは、

小説をお読みくださいね(笑)。

 

さて、「酒とバラの日々」は

1962年のアメリカ映画で、

同タイトルの主題歌が、

ジャズスタンダードとなったものです。

 

映画の方のあらすじは、

サラリーマンの主人公ジョーは、

仕事に不満を感じ酒に

逃げる生活をしていた。

ふとしたことから大会社の秘書

カーステンと恋仲になり

結婚をする。

子どももでき幸福そうだが、

相変わらず酒は止められない。

そればかりか

結婚を認めてもらえない

カーステンも酒に頼るようになる。

酒で人生を台無しにした二人は

何度もやり直そうとするが

結局酒に戻っていく。

それでも、ジョーは

なんとか立ち直るのだか

カーステンは、最後まで、

自分がアルコール中毒だとは認めず、

主人公はの前から去っていく。

みたいなものです。

ハッピーエンドじゃないんですね。

そういう映画です。

酒とバラの日々 [DVD]

酒とバラの日々 [DVD]

  • 発売日: 2004/09/10
  • メディア: DVD
 

 

では、酒とバラの日々

お聴きいただきましょう。

まずは、オリジナルから。

www.youtube.com

映画の酒におぼれていくカップルの

シリアスな内容と

あってるのかあってないのか・・。

優雅で明るいですもんね。

 

ただ、この曲について

追憶と共に生きる人間模様を抽象的に描いているように思う

と書かれた誰かのコメントを読んだ時には、

なるほど、そういうものかと

合点しました。

 

さて、お次はジュリー・ロンドンです。

www.youtube.com

 スモーキー・ヴォイスとも言われる

ハスキーな歌声が心地よいですね。

 

お次はパティ・ペイジ。

www.youtube.com

パティ・ペイジってのは、

アメリカのスタンダード・ポップスを代表する女性歌手であり、1950年代に女性アーティストとして最も多くのレコード売り上げ枚数を記録した。ポピュラー音楽からカントリー・ミュージックへのクロスオーバーを果たした先駆者の1人でもあり、終生ステージに立ち続けた。

ウィキペディアより引用

というような人で、

大抵のスタンダードは

歌ってるようですね。

ジャケットのパティ、

めっちゃ怖いんですけど(笑)。

 

ヴォーカルが続きましたが、

わたスが良く聴くのは

やはりインストですね。

www.youtube.com

ビル・エヴァンスでした。

ベースを弾いているのは

マーク・ジョンソン(Marc Johnson)

というアメリカのミュージシャンですが、

流し聞きしていて、

おっ、と思うアルバムには

必ずと言っていいほど

彼がクレジットされている

気がします・・。言い過ぎか(笑)。

 

ビル・エヴァンスをもう一曲。

www.youtube.com

冒頭からの懐かしげな音は

ハーモニカですね。

演奏は名手

「トゥーツ・シールマンス」です。

 

ベルギーの人で、本名は

「ジャン=バティスト・フレデリク・イジドール・"トゥーツ"・シールマンス」

(Jean-Baptiste Frédéric Isidore "Toots" Thielemans)。

長いです。

「トゥーツ」というのは

ニックネームだそうで・・。

 

こちらも、ベースは

マーク・ジョンソンですね。

 

お酒は飲めないですけど、

コーヒーとバラの日々を

過ごしている

あたくしでした。

 

でわ、また。

最後まで、お読みいただき、

ありがとうございました。

山田正紀「デス・レター」とジャズ

最近、山田正紀というSF作家の

「デス・レター」という本を読みました。

デス・レター (創元日本SF叢書)

デス・レター (創元日本SF叢書)

  • 作者:山田 正紀
  • 発売日: 2020/08/31
  • メディア: 単行本
 

 

山田さんと言えば

私の場合、デビュー作の「神狩り」が

印象に残っている作家ですね。

このデビュー作は、翌1975年に

星雲賞をとっているからでしょうか。

 

で、この「デス・レター」は、

死神である主人公の

インタビューなどを通じて語られる

6話のオムニバス風の物語なんです。

それぞれの話の共通点は、

登場人物が不思議な力を持つ

「デス・レター」を

受け取っている・・・。

 

その「デス・レター」には、

急いだ、急いだ、お前の大切な人(ラブ)が死んじまうぞ

とだけ書かれているのですよね。

 

「セカチュウ」や「ジャズ喫茶」、

「ヘミングウェイ」などをモチーフに、

いや、そのものでしょうか、

話は二転三転しながら

紡がれていきます。

そして最後は・・・。

 

実は、この作品の中には、

ジャズの曲が登場してきます。

まず「デス・レター」という曲が

実際にありまして、具体的に

歌手の名前を挙げて

本の中でふれられています。

 

では、本に出てくる、

カサンドラ・ウィルソンの

「デス・レター」を

聴いてみましょう。

www.youtube.com

イイですよねー。

特にイントロのギターが

何とも言えないですね。

 

これもまた、本に書かれていますが、

オリジナルは、デルタ・ブルースの

レジェンド「サン・ハウス」ですね。

www.youtube.com

どうでしたか?

同じ曲でもかなりイメージが

変わりますね。

あらあらしいというか

素朴な叫びというか・・。

 

歌詞の頭の部分はこうです。

I got a letter this mornin, how do you reckon it read?

It said, "Hurry, hurry, yeah, your love is dead."

I got a letter this mornin, I say how do you reckon it read?

You know, it said, "Hurry, hurry, how come the gal you love is dead?"

So, I grabbed up my suitcase, and took off down the road

When I got there she was layin on a coolin board

I grabbed up my suitcase, and I said and I took off down the road

I said, but when I got there she was already layin on a coolin board

まさしく、

「急いだ、急いだ、

お前の大切な人が死んじまうぞ」

という手紙を受け取った男の

歌なわけですね。

愛する人を亡くして悲しみにくれながらも、

その人を忘れるために生活を

変えなくちゃというような内容のようです。

違ったらごめんなさい。

 

久しぶりに山田御大の本を

読んでみようかなと思ったら

意外なところで

カサンドラ・ウィルソンの

名前を見つけて、

いくつかのアルバムを

聴き直すことになりました。

ニュー・ムーン・ドーター

ニュー・ムーン・ドーター

 
Martin Scorsese Presents the Blues: Son House

Martin Scorsese Presents the Blues: Son House

  • アーティスト:House, Son
  • 発売日: 2003/09/09
  • メディア: CD
 

 

もう一曲、デューク・エリントンの

「Squeeze Me」という曲が出てきます。

www.youtube.com

本の中では、このサックス奏者の演奏を

登場人物が好んで聴いていたと

いうことになっています。

確かにこの曲は、

サックス奏者ジョニーホッジスが

吹きまくっていますね。

サイド・バイ・サイド

サイド・バイ・サイド

 

 

このほかカマシ・ワシントンの

「怒りの鉄拳」という曲も出てきます。

ブルース・リーの映画

「ドラゴン怒りの鉄拳」の

カヴァーですねえ。

www.youtube.com

おお、懐かしい。

 

こいつあ、面白いアルバムですぜ。

HEAVEN & EARTH [輸入盤CD] (YT176CD)

HEAVEN & EARTH [輸入盤CD] (YT176CD)

 

 

久しぶりに山田正紀の小説を読んだら

ジャズアルバムを聴きなおすきっかけに

なっちゃったぜという話でした。

 

でわ、また。

最後までお付き合いいただき

ありがとうございました。

 

ドラマ「竜の道」、原作があったんだ、しかも未完。

火曜9時のドラマ「竜の道」、

9月15日に最終話が放映されましたね。

 

あまりドラマは見ないのですが

これはつい見ちゃいました。

 

で、実はこれに原作があったということを

ドラマが終わった後に知りまして、

読んでみました。

竜の道〈上〉 (幻冬舎文庫)

竜の道〈上〉 (幻冬舎文庫)

  • 作者:白川 道
  • 発売日: 2011/04/12
  • メディア: 文庫
 
竜の道〈下〉 (幻冬舎文庫)

竜の道〈下〉 (幻冬舎文庫)

  • 作者:白川 道
  • 発売日: 2011/04/12
  • メディア: 文庫
 

オリジナルの「竜の道」は、

ハードボイルド作家、白川道の小説です。

作者はシリーズ全3巻の

構想を持っていたそうで、

第1巻にあたる「竜の道 飛翔編」は

2009年に出版されています。

その続編を連載中の2015年4月16日に、

作者は亡くなってしまったのです。

このため、未完のまま

「竜の道 昇龍篇」が出版されました。

厚さも飛翔篇の半分ぐらいです。

 

ストーリーは全く違う

といってもイイかもしれません。

少なくとも私はそう思いました。

 

登場人物もドラマのソレとは

違うんですけど、

妙にダブるのですよね(笑)。

 

キリシマ急便→二階堂急便

ってことでしょうけど、

遠山凛子→宇田咲

ってことになるんでしょうかね。

今野さん演じる砂川は

見当たりませんね。

曽根村→曽根村で役どころも

親分さんで同じです。

 

時代背景も違います。

小説は昭和50年代から

バブル景気の頃になっていますが

ドラマは「今」でしたよね。

携帯ではなく固定電話が

主とした連絡手段になっていました。

 

ドラマは切ない結末でしたね。

小説では、沖が消されたあと

曽根村が病で倒れるところまでで

終わっています。

 

曽根村の後ろ楯が無くなったあと、

竜一がどう立ち回るのか・・・。

続きが読みたいですが

叶わない夢ですね。

 

ところで、

ドラマの挿入歌で使われた

セカオワの「umbrella」、

いい歌ですね。

本当に効果的に流されていた気がします。

www.youtube.com

いま、私のアタマの中で、

ヘビーローテーション中ですね。

小説の竜の道を読んでいても

アタマに流れていました(笑)。

 

この曲を含むアルバムが

早く出てほしいところです。

 

話は変わりますが、

ちまたでSixTONESの

この曲と似ているとかで

話題になったようです。

youtu.be

確かに、似ている部分が少し

あると言えばありますかね。

 

こちらもいい歌です。

 

ドラマで使われた歌には

結構好きなものもあって、

それがきっかけで

アルバムを聞くことも多いです。

古いですが「流星ワゴン」の主題歌

「イヤな事だらけの世の中で」から

サザンの「葡萄」とかね。

葡萄(通常盤)

葡萄(通常盤)

 

これも重松清の同タイトル小説のドラマ化でしたね。

 

最近再放送があった「CHANGE」の

エンドテーマ「Miles Away」から

マドンナの「Hard Candy」とか。

www.youtube.com

 このジャケットのアルバムに

こんな曲が入っているとは

思わないですよねえ。

なかなか聴く機会のない

ミュージシャンの曲を

聴くきっかけを提供してくれるわけなので

ドラマを見るのもアリなんですかね。

 

さて、唐突に

竜の道の話ににもどりますが、

白川道さんは

「しらかわ とおる」と

お読みするんですね。

恥ずかしながら知りませんでした。

 

にしてもドラマと歌、

恐ろしいほどマッチしていたなあと

思ったのは私だけ?

 

「きっと吐き気がするほど眩しい太陽」

 

最後まで、お付き合い

ありがとうございました。

 

でわ、また。