この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング、のつもりがガーデニングがメインになっています。

「三月は深き紅の縁を」スピンオフーソング・フォー・シジフォス

先日、恩田陸さんの「三月は深き紅の縁を」を読んだという話をしました。

www.kokochiyoi-blog.com

わたスの場合、小説を読んでいて、その中に出てくる本や音楽、はたまた植物が印象に残って、それを探し求めるなんてことがよくあるんですよね。彼女の小説の場合は、それが本であることが多いのですが、今回は音楽もありました。

「三月は深き紅の縁を」の4つ目のストーリー「回転木馬」の話の断片の中で、とある喫茶店で主人公がフィル・ウッズの「ソング・フォー・シジフォス」をかけてもらうというシーンがあります。ちょっと、というか、かなり気になりました。

フィル・ウッズというのは、アメリカのサックス奏者で、モダンジャズの父「チャーリー・パーカー」の後継者と言われた人です。あのビリー・ジョエルのヒットアルバム「ストレンジャー」に収録の「素顔のままで」に参加していたのは有名な話ですね。

www.youtube.com

1分辺り、2分辺りのワンフレーズ、そして3分辺りからの30秒、4分辺りからラストのフェードアウトまでと、彼のサックスが存分に聴けますね。

わたス、フィル・ウッズは何枚か持ってますけど、「ソング・フォー・シジフォス」ってのは知らなかったもんで、つい調べてしまいました。すると、フィル・ウッズの1978年リリースのアルバムに「Song for Sisyphus」というのがありましたね。このことでしょうか。

「Sisyphus」は、ウィキペディアによれば日本語表記で「シーシュポス」(シシュポス、シジフォス、シシュフォスとも)と表わされるギリシャ神話の登場人物です。2度も神々を欺いた罰により、大きな岩を山頂まで運べと命令されるのですが、ソコは神々の課した罰です。すんなりとは終わらないんですね。運び終わわろうとすると、岩は下まで落ちてしまい、また初めからこれを繰り返させられたということですよ。

ja.wikipedia.org

そんな、あまり褒められたもんでもないいシーシュポスをタイトルに入れた曲を、フィル・ウッズはなぜ作ったんですかね?いいんですケド別に(笑)。

こんな曲でした。

www.youtube.com

このヴァージョンは1978年リリースのアルバム収録のモノではありませんが、聴くにはこっちの方がイイかなと思いましたので・・。

先ほどの小説の場面では、アルバム「Song for Sisyphus」はCD化されていないので手に入れられないとか主人公に言わせていますが、今はリリースされているようです。

 

おかげでまたコレクションが増えてしまいました。

ほかにもねえ、「ライツヴィル」「真っ白な噓」「スリーピングマーダー」「黒死舘」「コレクター」などなど、気になる書名が並んでましたね。

でわ、また。

最後までお読みいただき、

ありがとうごさいます。

もうじきクリスマスですね。

こんばんは、ニナシモネです。

もうじきクリスマスですね。

イブの雰囲気を盛り上げねばと

クリスマスソングのCDを

探していましたら、

こんなものが出てきました。

f:id:ninasimone:20211220105803j:image

「GRP Christmas Collection」。

1988年リリースですね。

調べると「2」も「3」も

あるようですが、そう何枚も

いらなかったんでしょうね。

それらはなかったです。

Grp Christmas Collection 3

Grp Christmas Collection 3

Amazon

随分と長いこと聞いてなかったので

とりあえず再生してみました。

BGMと流しておくには

良さそうなので、今年は

コイツを採用です。

で、なんですが、この中に、

デビッド・ベノワ(Dvid Benoit)の

「Carol Of The Bells」ってのが

入ってたんですよね。

コイツが妙に気にいってしまって

クリスマス前にヘビロテしてます(笑)。

こんな曲です。

www.youtube.com

ジョージ・ウィンストンみたいな

入りですけどね。

どこかで聞いたことがあるな、

(持っているCDに入ってんだから

絶対あるハズですけどね。)

とは思っても、タイトルも知らない曲でした。

元はウクライナの民謡とのことですが

クリスマスの定番曲なんですね。

他にも誰かやってないかと調べてみると

トップに出てくるのは

「ペンタトニックス」という

アメリカのアカペラの

グループでした。

ちょっと聞いてみましたが

悪くはないと思いますよ。

でも、わたス、アカペラあまり

好きじゃないのでパスです(笑)。

次に出てきたのが

リンジー・スターリング

(Lindsey Stirling)という

アメリカのバイオリニスト。

youtu.be

イイじゃあないですか、コレ。

わたスの好みですね。

断っておきますが

「曲調」が、ですよ。

静かなイブには

合わんかもしれませんけどね。

動画見ていると、

最近のバイオリニストは

踊れないとイカンのかと

愕然としましたが

聞けばダンサーでもあるとのこと。

踊りながら演奏するのが

彼女のスタイルなんだそうですね。

ふーん、へー、であります。

WARMER IN THE WINTER

話は戻りますが、デビッド・ベノワの

「Carol Of The Bells」が収録されている

オリジナルのアルバムを探したところ

1983年にリリースの

「Christmastime」っていう

アルバムだったことがわかりました。

Christmastime

Christmastime

Amazon

おお!とは思ったんですが、収録曲が

ほぼ冒頭のアルバムと同じなんです。

なので、悩んでます。

クリスマスソングって

ある程度、限られちゃうんですかね。

 

でわ、また。

最後までお読みいただき、

ありがとうごさいます。

バーディー、4枚目!

バーディーっいう

ミュージシャンのことを

書いたことがあります。

www.kokochiyoi-blog.com

このとき、もうそろそろ

新しいアルバム、

出てもいい頃じゃないかな~

と、いってたんですが、

それから2年近くたった

2021年の4月に

4枚目のアルバムが出ましたね。

デビューが15歳ですから

10年たった今でも まだ25歳なんですね。

ようやく聴けたもんですから

若干の感想などを書いてみたいと。

では、さっそくに。

50秒ほどの「The Witching Hour 」

というイントロから少し明るめの

「Voyager」と言う曲が始まりますね。

そしてこの曲です。

www.youtube.com

どうでしょうか。

バーディらしい曲だと思ってます。

やはりデビュー時から比べると

随分と大人の女性になった感じですね。

この方の声が好きなもんで

ずっと聴いておるわけですけど、

聴き込むというより

少しボリュームを落として

BGM的に聴くのが心地よいですね。

7曲目の「River Spong」って曲です。

www.youtube.com

「Loneliness」と似ているっちゃあ

似てますが、このMVが

妙に気にいっちゃったんで・・。

ぼーっと見ているのにいいですね。

同じようなMVが11曲目の

「Chopin Waltz In A Minor 」

でもあったりします。

www.youtube.com

ショパンはいいよね(笑)。

 

でわ、また。

最後までお読みいただき、

ありがとうごさいます。

ソフィ・ハンガー、聴いてみた。

以前、「バラには雨が必要なのと・・」

という内容の曲の話を

したことがありました。

www.kokochiyoi-blog.com

ニーナ・シモンの歌の話でしたが、

その中で、こんなアルバムが

あるんですよ、という話も

したんですよね。

今回は、この中で

「I Put a Spell on You」という曲を歌っていた

「Sophie Hunger」の話です。

www.youtube.com

ある曲を聞いて、

それを気に入ると

その曲をだれか他の人が

やってないか探しだして、

今まで知らなかった

アーティストに出会う、

ということが多いわけですが、

今回もそう言う話ですね。

ソフィ・ハンガーは、

スイスのシンガーで

ウィキペディアによると

ジャンルは「Folk-pop-blues」

となっています。

先ほどの曲は確かに

力強い?「blues」ですねえ。

 

そういうブルース調の歌が

多いのかなと思って

アルバムを聴いてみると

そうでもなかったのでした。

フォークでもありポップでもあり

ブルースでもある、そういう

マイナー調の曲が多い気がします。

 

以前に「Ne Me Quitte Pas」

という曲の話をさせていただいてます。

www.kokochiyoi-blog.com

この曲を、この方も

歌っていたんですね。

オーソドックスな曲調に

仕上がってましたが、

トロンボーンがなかなか

いい味出してると思います。

ズバリいきましょう!

www.youtube.com

1分40秒辺りから

そぉーっと入ってくる

トロンボーンの音、

いいですねえ。

このトロンボーン奏者、

「Michael Flury」というのですが

「Keller's 10」という

スイスのジャズバンドに

在籍していたらしいほか

あまり情報がありません。

フラリーと呼べばいいんですかね?

 

「Ne Me Quitte Pas」は

ソフィ・ハンガーの

「The Danger Of Light」

というアルバムのデラックス版に

収録されていますね。

このアルバムの中ですと、

「Perpetrator」という曲が

わたスのお気に入りです。

例のトロンボーン奏者も

参加してますね、この曲。

www.youtube.com

3分過ぎからの

ギターとトロンボーンが

ここちよかです。

「Perpetrator」って

悪事の実行者とか犯人とか

そういう意味らしいですね。

 

でわ、また。

最後までお読みいただき、

ありがとうごさいます。

山口百恵

最近、山口百恵さんの

アルバムをヘビーローテーション

しております。

 

デビュー当時からのファンでも

ありましたので音源は、

それなりにあります。

多くはカセットテープから

おこしたものなので

音質的にはどうなの~

ってのばかりですけどね。

で、今ヘビロテしておりますのは

デビュー当時のものではなく、

1977年辺りから

1980年辺りのモノですね。

この辺りのアルバムは

今、車のなかで聞いても

なかなか心地よいものが

多いですよ~。

彼女の歌唱力が向上?

したというか、

開花したというか

そうしたことと相まって、

アルバムの質が歌謡曲

枠を超えた仕上がりに

なっているからだと

(勝手に)思っております。

評論家じゃあるまいし

何言ってんだかね(笑)。

 

でも、脂の乗った宇崎・阿木コンビと

その時期が重なったってのは

大きいとは思いますけどね。

 

曼珠沙華」(1978年)の

B面の最初とラストに入っている

「横須賀サンセット・サンライズ」。

www.youtube.com

最初のトラックは、

イントロ部分だけで

フェードアウト。

4曲挟んで、大トリで

フルコーラスですね。

イーグルスの「Wasted Time」の

逆ヴァージョンです。

や、この作りが

ゾクッときますねえ。

また、A面の3曲目

「惜春通り」は、

引退後の1994年に

シングル化されてます。

ジャケットは篠山紀信でしたねえ。

あるいは「L.A.Blue」(1979年)の

A面最後の「CRY FOR ME」。

www.youtube.com

ファルセットが悩ましい。

作詞は山口百恵本人なのですよ。

曲の雰囲気が一つ前のアルバム

「A FACE IN A VISION」の

「マボガニー・モーニング」に

似ているのは偶然ではないと思います。

当時としては珍しく

ジャケットに本人のポートレート

入ってないと言うシロモノですぞ。

そしてまた、「ドラマチック」(1978年)の

「水鏡」とか。

www.youtube.com

あの「絶体絶命」で

「さあさあ」っていった後に

この曲なんですよ。

丸山圭子の作詞作曲ってのも

いいですよね。

え、知りません?

「どうぞこのまま」の

アノ人ですよ。丸山圭子 『どうぞこのまま』 1976年 - YouTube

ジャケットも好きなんですケドねえ。

ま、この辺を

聴いておるわけです、夜な夜な。

LPを通しで聞いてなけりゃ

わからん話ですいません。

 

でわ、また。

最後までお読みいただき、

ありがとうごさいます。

瞳の色が印象的

フリートウッド・マックFleetwood Mac

というグループ、結構好きなんですが

先日彼らの「牙」(Tusk)という

ダブル・アルバムを聴いていて、

「Brown Eyes」っていいよなあと

再評価(笑)をしていました。

www.youtube.com

「Brown Eyes」だから

茶色の、もしくは鳶色の瞳

ということでしょうかね。

アルバム自体は当時、

散々な評価だった気がしますが。

 

で、ふと思ったわけです。

「~eyes」というタイトルの曲

結構あるんじゃない?とね。

大体は「瞳」の色を

いってるみたいです。

今回はそんな話です。

お付き合いください。

 

瞳の色がタイトルになるときは

多くの場合「彼女」のことを

指すことが多いらしいですが

英語がわからないので、

検証できませんね。

そういったことも頭に入れつつ

レッツラゴン

 

さて、次の曲も

フリートウッド・マックがらみ

になりますが、ボブ・ウェルチ

「Ebony Eyes」

www.youtube.com

「Ebony」というのは

「黒檀」のことなので

黒い瞳」っていうことですかね。

歌詞を見る限り

イカした女性の瞳のようです。

1978年の「French Kiss」収録です。

 

同じタイトルで

別の曲もありましてね。

リック・ジェームス

「Ebony Eyes」

www.youtube.com

ボブ・ウェルチのチャラい

ノリの歌と違って

切々と歌い上げる曲調ですね。

1983年の「Cold Blooded」収録です。

 

ところで、黒い瞳といえば、

ロシアの曲に

「Dark Eyes」というのが

ありますね。

ロシア語ですと「ochi chernye」

ですから何なのか

よくわかりませんけどね。

ソフィー・ミルマンで、どうぞ。

www.youtube.com

2004年の「Sophie Milman」に

収録されています。

ボブ・ディランにも

「Dark Eyes」ってのがあるんですが

いまひとつ、好きになれませんね。 

 

さて、フリートウッド・マック

戻りますね。

先ほどのボブウェルチ

在籍していたころの作品に

「Emerald Eyes」ってのがあります。

www.youtube.com

ヴォーカルはウェルチです。

この曲のギター好きですね。

 

クラシックロックに

なっちゃうのかもしれませんが、

(これまでのも十分にクラシックか)

ベルベットアンダーグラウンド

「Pale Blue Eyes」

www.youtube.com

実際は薄茶色の瞳の女性のことを

思って書いた歌らしいですが。

1969年の「The Velvet Underground

に収録されています。

 

もっとあると思って書き始めたんですが

以外と直接色がついている曲は

わたスのコレクションではこれぐらいでした。

ちなみにブラック・アイズというと

青タンのできた眼を言うらしいです。

道理でそんなタイトルの曲がないわけだ。

フレンチ・キッス(紙ジャケット仕様)

フレンチ・キッス(紙ジャケット仕様)

Amazon
Cold Blooded
MYSTERY TO ME

MYSTERY TO ME

Amazon
The Velvet Underground

 

でわ、また。

最後までお読みいただき、

ありがとうごさいます。

筒井康隆-ジャズ小説

筒井康隆の本に

「ジャズ小説」ってのがあります。

1996年刊行の本ですが、

もともとは、○趣会の

毎月一枚のCDを1年間

送ってくるという企画で、

1994年に出された

「IMMORTAL JAZZ COLLECTION

Monochrome」というシリーズの

CDブックに掲載されたモノを

まとめた本のようです。

そのころって、筒井氏、

断筆宣言中だったと思うんですが

ご丁寧にこの本の巻末には、

断筆宣言以前の契約に基づいて書かれたものです。

と注意書きがしてありました。

「僕、今断筆中だから」

「いやいや、契約ですから」

「断筆してないことになるじゃないか」

「ちゃんと巻末に断り入れときますから」

「そーお」

てな話があったのかどうかは知らんけど。

「断筆宣言」とはなんぞや?、については

この辺をお読みいただければと思います。

ja.wikipedia.org

そういう本(CDブック)ですから、

巻末には36Pに亘って

音盤情報が掲載されているんですよ。

廃盤もあるから探し出して

聴きながら読めと書かれています。

わたス、残念ながら

聴きながらは読めなかったです(笑)。

どっちかですよね~フツー。

 

巻末には紹介されていませんでしたが

小節の内容には

「たんたんたぬきの~」という歌の

原曲が「聖歌687番」だという

ネタなんかもあったりして。

www.youtube.com

原題は「Shall We Gather At River」

というタイトルで、

邦題は「まもなくかなたの」

というようです。

笑わせてもらいました。

 

で、巻末の音盤情報なんですが、

気になったのが

ブラス・シャウト

ブラス・シャウト

Amazon

と「Chet Baker meets Art Pepper」

という音盤ですね。

内容というよりジャケットですが。

でも「Chet Baker meets Art Pepper」は

見つけられなかったです。

代わりに同じジャケット?

(タイトルロゴは違うんですケド)の

PLAYBOYS

PLAYBOYS

Amazon

がありました。

収録曲も違うような感じなのですが、

???です。

もう少し当たってみたいと思います。

では、「Brass Shout」から

「Five Spot After Dark」をどうぞ。

www.youtube.com

でわ、また。

最後までお読みいただき、

ありがとうごさいます。