この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

アジサイの季節ですねえ。梅雨には泉鏡花を読め!

北海道、東北の一部を除いて

梅雨に入ったようですね。

 

もっとも、

北海道までは、梅雨前線が

上がらないとのことですので

全国的に「梅雨」ということで

いいんでしょうな。

 

え? ダメ?

じゃあ、「入梅」宣言があった地方だけ

梅雨ってことで。当たり前か。

 

で、梅雨と言えば

アジサイですよね。

紫陽花 。

 

紫陽花と言えば

泉鏡花ですよね。

泉鏡花の短編です。

原文で読もうとすると

なかなかキツイところはありますが、

現代語訳なんかもありますのでね。

不思議な世界に浸れると思います。

紫陽花

紫陽花

  • 作者:泉 鏡花
  • 発売日: 2012/09/13
  • メディア: Kindle版
 

キンドルでなくとも

「青空文庫」で

読めますからね。

読んでみてください。

 

で、植物のアジサイですが、

我が家では、植え替えなどをして

今年は新しい雰囲気になるよう

努力をしてきたのですが、

残念ながら昨年とあまり

変わり映えがしない状況になっています。

 

その新しい雰囲気の

重責を担っていたのが

「紅」だったわけなんですが・・。

 

春先に、ヤマアジサイの「紅」に

蕾が出てきたと

喜んでいたところなんです。

www.kokochiyoi-blog.com

蕾が大きくなる前に、

首もとからなぜかポッキリ。

 

風で折れたのか、

虫にチョッキリされたのか

定かではないのでけれどもね。

花は見られなくなってしまった。

 

しかも茎の何本かは、

根元から枯れ下がる始末。

f:id:ninasimone:20200612145900j:image

5本ぐらい、切った後があるでしょう。

f:id:ninasimone:20200612145908j:image

枯れちゃったんですよ。

土ン中に何かいるんでしょうか?

下手すると、株ごと

枯れたりしちゃわないかねえ。

怖くて鉢にも触れないのです。

 

じゃ「X」じゃなくて

「SHOW-YA」の

紅で・・。

www.youtube.com

 

また、もう何年も花を見ていない

ツルアジサイも、

葉っぱは出したものの、

こじんまりとしたまんまです。

f:id:ninasimone:20200612145924j:image

あまり伸びていないようです。

 

植え替えたからと言って

爆発的に伸びたりも

しないもんなんですね。

f:id:ninasimone:20200612145935j:image

 

ミナヅキも同様で、

葉っぱは昨年より繁っていますが

やはり蕾はついてないですね。

f:id:ninasimone:20200612145948j:image

他のアジサイより花期が遅く

7月頃から咲くということですので

今年咲かないと決まったわけでは

ありませんが・・。

f:id:ninasimone:20200612150004j:image

蕾ができているなら、

兆候があっても

おかしくないのですけどねえ。

諦めが悪いものでね、

うじうじと言ってしまう。

 

で、今咲いているのは

いつもの常連さん。

f:id:ninasimone:20200612075835j:image

 

f:id:ninasimone:20200612075845j:image

 

f:id:ninasimone:20200612075853j:image

 

あ、これは新顔ですね。

f:id:ninasimone:20200612080042j:image

ダンスパーティってやつです。

ウチには赤系の

アジサイがいないもんですから

お招きしたわけですが、

なかなか派手です。

アジサイというより

「ハイドランジア」と

呼んであげた方がイイかもですね。

 

まだ地植えにしていないのですね。

ただ、地植えにして

この色で咲いてくれるのかは、

全くわかりません。

はなはだ疑問のところです。

全ては神頼みってことでしょうか。

 

そうそう、

フェイジョア、咲き始めました。

f:id:ninasimone:20200612150016j:image

f:id:ninasimone:20200612150057j:image
しかし、相方のクーリッジの方は

たった一つの蕾が、

まだ、咲いておらんのです。

今年は役立たずになってしまいました。

 

ま、効果があるのかないのかは別にして

毎朝人工授粉し続けることにしましょう。

 

でわ、また。