この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「フランス人のような名前のアメリカ人、ややこしいぞ、ディヴィヴィエ。」 - Blues Blue

「ジョージ・ディヴィヴィエ」(George Duvivie)なるミュージシャンをご存知でしょうか。

「ディヴィヴィエ」っていうと、おフランスな匂いがしますが、アメリカのベーシストですね。名ベーシストだと聞いておりますねえ。

 

ただ、彼はリーダー・アルバムを出していない(らしい)ので、名前こそ聞いたことがありますけれども、名指しでアルバムを探せなかったんですよね。

なので、聴いたことがないに等しい(と思っていた)人です。

参加しているアルバムを、といっても、サイド・メンバーの名前から探すのも大変ですしねえ。

 

今なら、そんなこともなく、ちょちょいですかね。

 

で、少し前に、「ソニー・クラーク・トリオ」(Sonny Clark Trio、1960年)というアルバムのベーシストが、ディヴィヴィエだということに気がつきました。

他にもないかと思っていたら、スタン・ゲッツの「リフレクションズ」(Reflections、1964年)のベースも「ディヴィヴィエ」でしたね。

 

なんだ、2枚もあるじゃあないか。

 

「リフレクションズ」は、ボブ・ディランの「風に吹かれて」(Blowin' In The Wind)が収録されているので、手元にあるんですが、まったく気が付かなかったですなあ。

 

私の場合は、一時期、プレーヤーにのせるのがおっくうになって、テープとかCDにおとして、そればっかり聴いてましたからね、何かない限り、ジャケットのクレジットとか見ないかったですもんね。

 

ま、そんなこんなで、ベースに意識を集中して聴き直したわけです。

 

「派手さはないけど、渋い存在感のある玄人好み」のベーシスト、という風に聞き及んでおりましたが・・・。

サスガに、シロートの私にはこの辺は、よくわからないところでありますなあ。

渋い存在感、わかるようになりたいもんです。

 

た・だ・ね・。

これらは、心地よいアルバムであることは、まちがいないですぞ。特にソニー・クラークは、トリオという編成が良いのではなかろうか。明るく跳ね回るクラークのピアノに負けていないベースとドラムという、イメージでしょうか?

ソニー・クラーク・トリオ

ソニー・クラーク・トリオ

 

5曲目の「Blues Blue」は、「ディヴィヴィエ」のベースをしっかりと聴くことができると思います。

 

リフレクションズ

リフレクションズ

 

「ラロ・シフリン」の曲が多いですね。ヘンリー・マンシーニの「シャレード」(Charade)なんぞは、良さげに思います。「風に吹かれて」も、もちろんですぞ。

 

でわ、また。