この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「悩める若者」 - Breaking rocks out here on the chain gang

仕事ってなんなんでしょうねえ。

 

40年近く仕事を続けてきても

よくわかんないですねえ。

 

現実的な面だけで言えば

「生きる糧を得るための手段」

ということになるんでしょうか。

 

平たくいうと、

金を稼ぐための手段。

 

まあ、私の場合、

そうだったような

気がしまする。

 

かといって「やりがい」とかを

感じなかったかというと

そんなことも無かったような。

 

やりたかったこととは

違った仕事でも、

ちょっとした喜びや

やりがいを見つけて、

自分の心に折り合いを

つけてきたのですな。

 

それは生きていく上では

マストなものだと思います。

 

やりたいことを

やれるのであれば、

そんなことも

ないのでしょうかねえ。

-------------- 

 

社会福祉士の資格をもって

病院で働いている人がいます。

入院患者さんと病院の

取り持ちをするのがメイン。

ケースごとにベストな

制度の利用などを

提案していくといった

仕事らしいです。

 

彼は、その仕事に

やりがいを感じている。

 

そして、彼の職場は、

巷で話に出るような、

長時間労働はない。

土日に出ることは

たまにあっても、少なく、

毎日、ほぼ定時で

帰れるそうです。

 

ただ、お給料が安い。

 

そんなわけで、

彼は、転職しようと

考えているのです。

もっと金銭的に

待遇の良い会社に

変わりたいと。

 

ただ、都合よく

今と同じような環境の

職場がそうそう簡単に

見つかるわけもない。

ましてや、今の自分のスキルを

活かそうとすると

選択の幅も限られる。

 

っていうか、

今の自分のスキルを

認めてもらわないと

条件が良くなったりも

しないでしょう。

 

ある意味、相当のリスクを

覚悟しなければ

ならないわけです。

 

彼には、妻も子供もいますし、

ローンもある。

転職して、もし

労働環境に大きなの

変化があり、

目論見通りにならなかった場合

心や身体が耐えきれず、

長期離脱になりはしないか。

 

そして、今感じている

仕事に対するやりがいを

形を変えてでも

持ち続けていられるか。

 

長期離脱については、

長時間労働でなくても、

今の職場でも、

重篤な病気にでもなれば、

同じだし、

やりがいだって、

やってみなければわからない。

 

そう自分を納得させようとする。

しかし、すぐに

頭をもたげてくる不安。

 

幾ばくかの収入増のために、

結果的に失うことになるものが

大きすぎないか。

 

そういうことのようです。

 

現状では、生活できていない

わけではない。

が、将来、生計が成り立たなくなる

おそれが、ないかというと

ソコはわからないわけです。

 

守るべきものができた

ということなのでしょうか。

 

どうなんでしょうねえ。

 

私には、アドバイスの言葉は

見つけられなかったのです。

 

Oscar Brown Jr Work Song - YouTube

「Breaking rocks out here on the chain gang・・」

Sin & Soul & Then Some

Sin & Soul & Then Some

 

 

でわ、また。