この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「低音の魅力1.1 って、戻ってないか番号? Brian Bromberg」 - Caravan

キャラバン(Caravan)、デューク・エリントン(Duke Ellington)の曲ですね。

そう言い切ってしまうとダメなのかな。彼の楽団の「ファン・ティゾール」という人と作曲したとありますね。

これは、皆さんどこかで聞いたことがあるでしょう。

 

ところで、んー、・・・「デューク」ねえ。

www.kokochiyoi-blog.com

 

デューク・エリントンの本名は「エドワード・ケネディ・エリントン(Edward Kennedy Ellington」 だそうです。もう、ひっかからないぞ、なんてね。

この人の「デューク」の経緯は、ウィキにちこっと書いてありました。

デューク・エリントン - Wikipedia

ま、そんなことはどうでもイイんですが、気になったもので・・・。

  

で、この曲は、スタンダード・ナンバーの中のスタンダードってな感じの曲ですね。

ジャズ以外の分野でも演奏されています。よく耳にするのは、ブラスバンドでも演奏されることが多いからでしょう。私も、地元の中学校のサマーコンサートでは、何回も聴いたことがあります。

 

なので、誰の何が良いと言いだすと収拾がつかないっすねえ。

でも、本家、エリントンのアルバム「Money Jungle」に収録のモノが有名ですし、これはハズせないでしょう。

Money Jungle

Money Jungle

 

 

あとは、「Eddie Higgins」の「If Dreams Come True」(2004年)に収録のモノは上品な感じですし、「Jo Jones」の「Smiles」(2004年)のモノは、さすがドラマーのアルバムだねえという仕上がりです。15分もあるんですけど(笑)。

「Dizzy Gillespie」の「Afro」(1954年)のモノも、面白いですね。

 

さらに、「The Brian Setzer Orchestra」の「Vavoom!」(2000年)ってアルバムにも入ってますよ。コイツも聴かせると思うなあ。グラミー賞、獲ってるんですもんね。 

vavoom

vavoom

 

 

そして、かつて、こんな記事を書きました。

www.kokochiyoi-blog.com

そうなんですよ。彼の「Wood2」 っていうアルバムにも収録されているんですねえ。この記事の後に手に入れました。

ウッド2

ウッド2

 

 

低音シリーズなのでね、期待はしていたのです。よかった。

1曲目ですよ。

ずうーん、ずうーん、唸ってます。それが良いのかっていうと、なんとも言えませんが。

私にとっては、うーん、心地よい。

 

ということで、ブロンバーグの「Caravan」が、身体に響いて、とても心地よいぞという話でした。

 

でわ、また。