この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「今頃、タンポポが咲いているじゃあないか、と思った散歩道」 - Dandelion

ふらふらっと、農道を歩いていましたら、タンポポのような黄色い花を見かけました。

タンポポのようなというよりは、タンポポそのものに見えたわけなんですが、今は晩秋、タンポポは春の花ですからねー。

おそらくは「西洋タンポポ」だろうと思いました。

この帰化植物は、四季咲ですので、いつでも咲いているようです。

f:id:ninasimone:20181121213221j:image

英名は「ダンディライオン」(Dandelion)というそうです。聞いたことありますよね。

ユーミンの曲にもありますねえ。「ダンデライオン」ですけどね。

少し胸が苦しくなる思い出があったりしま・・・せん。

VOYAGER

VOYAGER

 

 

ただ、和タンポポが、秋には絶対咲かないのかというと、そうでもないようです。

秋に咲くタフなヤツもいるとのことです。

昔の諺に「秋にタンポポの花が咲く年は雪が浅い」というモノがあるそうで、西洋タンポポが日本に入って来たのは1900年の初めといいますから、それ以後にできた諺でなければそうなりますね。

いろんなサイトに記事がありました。

 

そうだったんですねえ。

 

雑草キャラクター図鑑: 物言わぬ植物たちの意外な知恵と生態が1コママンガでよくわかる

雑草キャラクター図鑑: 物言わぬ植物たちの意外な知恵と生態が1コママンガでよくわかる

 

それに、西洋タンポポは、和タンポポの繁殖する田舎では生存競争に負けてしまうそうで、それゆえ、街なかで繁殖するようになったとか。なので、この本によれば「都会に生きる孤高のヨーロピアン」なのだだそうです。

 

ちなみに、和タンポポと西洋タンポポの違いは総苞(そうほう。つぼみを包んでいた葉のことだそうです。)で、和タンポポが閉じているのに対して、西洋タンポポは開いているそうです。

 

それを聞いて、花の咲いている場所に確認しに行きました。

その結果がこれ。

f:id:ninasimone:20181124173044j:image

開いてますね。もしかして、和タンポポの狂い咲きかとも思いましたが、やはり西洋タンポポでした。

 

ひょっとして、とか期待しましたが、世の中、そう心地よいことばかりでも無いようです。

 

でわ、また。