この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

フェイジョアについて、嬉しいことがありました。

フェイジョアの蕾が

まだ、確認できないとか

言っていたのがつい先日でした。

www.kokochiyoi-blog.com

いやあ、ごめんなさい。 

葉芽に紛れていたようで、

蕾を発見しました。

f:id:ninasimone:20200524204053j:plain

これなんか大きい方ですから

わりと確認しやすいですが、

小さいと、わかりにくいのですよ。

 

と言い訳をしてみても、

「どうせまだだろう」という気持ちで

眺めていたせいなのは、

自分が一番よくわかっているわけですね。

 

こちらもリンゴと同じく

蕾の数は昨年ほどでは

ないようですけれども、

まあ、うれしいことです。

 

フェイジョアって何ですの?

という人のために

少し復習をしておきましょう。

f:id:ninasimone:20200525161903j:plain

こういう実のなるフトモモ科の

熱帯果樹です。耐寒性があるので、

我が地方のような雪が降る地域でも

栽培できるんです。

f:id:ninasimone:20200525164353j:plain

大きさは、我が家ですと

5cm~6cmです。

卵大のモノもあるそうですが

それほど大きい果実ではないですね。

 

f:id:ninasimone:20200525162239j:plain

中はこんな感じです。

梨のような食感で、

トロピカルな匂いと甘さ、

そして酸味が絶妙な味です。

好き嫌いはあるでしょう。

私は好きですね。

家族はそれ程、欲しませんが(笑)。

 

花はこんな感じで綺麗です。

しかも食べれます。

f:id:ninasimone:20200525163630j:plain

食べると甘いんですよ。

 

そして、フェイジョアは、

自家結実性が良くなくて

いわゆる受粉樹が

必要な木なんです。

一本で生る品種もありますが、

我が家のは「マンモス」という

生りにくい品種ですね。

 

なので昨秋に

「クーリッジ」という

品種のフェイジョアを

買ったのでした。

www.kokochiyoi-blog.com

 

その時の苗木が

コヤツでヤンス。

f:id:ninasimone:20200524204106j:plain

葉っぱ付きで我が家に

おいでになったのですが、

春を迎えるころには、

すっかり葉っぱを

落としていたのですよね。

 

大丈夫なのかオマエーと

涙目になっていたところ、

5月になってもりもりと

若葉を出してきなさったわけです。

もりもりは、言いすぎですが

まあ、活着したのかと。

 

昨年はあわよくば、

花の一つでも咲いてくれればと

思っていたわけなんですけど、

なんと、本当に、若葉の間に

蕾を一つ確認できたのです。

f:id:ninasimone:20200524204118j:plain

蕾でしょう?

 

1つの花で、どれ程

相方の受粉率が上がるのかは

定かではないですが、

人工授粉しまくるしかないでしょう。

同じ時期に花が咲いていればですけどね。

 

少なくとも来年以降の収穫には

期待が持てることになりました。

 

へっへっへえ。

 

目論見通りになりましたよ。

秋に豊作の報告ができることを

めっちゃ楽しみにして

お世話しようと思います。

 

でわ、また。