この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「突然舞い降りる、古いメロディ。ずっとお前の男でいよう、ってか。」 - Forever Man

何のきっかけもなく、

ふと思い出す曲って

ありますよね。

そんなことないですか?

 

先日、トイレに座っていて

突然、

「ドゥーン、ジャジャッジャジャーン」

というイントロが浮かんできました。

これがまた、

中途半端な思い出し方で

イントロのフレーズを延々と

繰り返すだけなんですよ。

 

サビも何も出てこない。

 

気になってしょうがないんですが、

必死に思い出そうとすると、

ますます思い出せないのを

経験上知っています。

 

忘れることにしました。

 

年取ると、そういう芸当も

できるようになるんですよ。

 

それから1日たって、

再びトイレに座ると、

また同じイントロが・・。

ところが、今度は

鮮明に思い出すんですねえ、これが。

 

前日のこともあって、

シナプスが刺激されたのでしょうか。

 

1985年のエリック・クラプトンのシングル

「フォーエヴァーマン」ですな。

Eric Clapton - Forever Man (Video) - YouTube

 

擬音とあってねーぞって?

そう固いこと言わずに・・。

 

フィル・コリンズを

プロデューサーに迎えて

作成されたアルバム、

「ビハインド・ザ・サン」

の中の一曲です。

ビハインド・ザ・サン

ビハインド・ザ・サン

  • アーティスト: エリック・クラプトン
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2015/08/05
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

レコーディング後に、レコード会社が

「シングルで売れる曲がない」

ということで、別の人に作曲を

依頼してできたのが、この

「フォーエヴァーマン」だったのです。

 

次作1986年の「オーガスト」も

コリンズのプロデュースでしたが、

この2作はアメリカのチャートでは、

ベスト30にも入らなかったんですね。

何なんでしょうねえ、フィル・コリンズ。

 

この頃って、まだCDは

一般的でなく、アナログ音源しか

無かったと思います。

 

テレビのMVを見て、

レンタルレコード屋に

走った気がします。

転職2年目ぐらいで、

お金もなかった頃ですね。

 

この曲が気に入った理由は1つ。

歌詞が英語のわからんモンでも

なんとなく歌えるってってとこ。

間奏のギターが

聴きやすいってことや、

メロディーがポップってのも

ありますけど、

歌詞の内容がよくわかって

歌いやすい。

車の中でよく絶唱しました。

 

 

山口百恵!絶唱!歌詞付き! - YouTube

 

山口百恵版は1975年でしたかね。

絶唱 (河出文庫)

絶唱 (河出文庫)

 

 

でわ、また。