この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

セイヨウハシバミ、

我が家にはセイヨウハシバミ、

つまり

ヘーゼルナッツ

の木があります。

www.kokochiyoi-blog.com

 

我が家に来てから2 年、

高さ2メートルほどに

なりました。

 

今、異変が起きています。

 

ヘーゼルナッツ、雌雄異花で、

早春の2月下旬から

4月中旬にかけて

花を咲かせます。

我が家のへーぜる君も

昨年は花を咲かせました。

www.kokochiyoi-blog.com

 

雄花と雌花の開花時期が

若干ずれているそうで、

このため、1本では

実がなりにくいと言われています。

自家親和性がない

というわけではないんだそうですね。

 

異変というのはこれであります。

雄花ですね。

f:id:ninasimone:20200927205730j:image

そこかしこの枝に、

ついておるわけです。

f:id:ninasimone:20200927205747j:image

 

最初、雄花が狂い咲きでもしたのかと

思っていたのですが

ヘーゼルナッツの雄花の花序

(今枝についている奴ですね)

の形成は夏過ぎから

始まるのだそうです。

これが冬を越して、春になると

開いて花粉を飛ばすのだそうですね。

 

決して、狂い咲いているわけでは

ないのでした。

ごめんね、へーぜる君、

勘違いして。

 

昨年の秋には

こうした姿を見つけられて

いなかったので、知らずに

びっくりしてしまいました。

 

これは嬉しいわけですが、

問題は雌花が出るのかということと

やはり問題の開花時期の差ですね。

花粉を冷凍しておいて

人工授粉とか

できないものでしょうかねえ。

もっともこの方法は、

雄花が先に咲いた場合にしか

使えませんけどね。

 

まあ、来年を待ちましょう。

 

最後まで、お付き合い

ありがとうございました。

でわ、また。