この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

リンゴの開花を喜んでいた後に来たものとは・・・害虫だね。

リンゴの花が満開だったのは

ほんの数日前でした。

www.kokochiyoi-blog.com

あらかた、散っちゃいましたね。

まあ、風のせいもあるんですが・・。

f:id:ninasimone:20200514115829j:image


f:id:ninasimone:20200514115845j:image

この段階では、

受粉したヤツがどれだけあるかは

全くわからないですね。

もう少し立つと、

膨らんできますからね、

楽しみです。

 

今年は、木の状態を

マメにチェックしようと

思っているところです。

でさっそく、

こんな葉っぱを見つけました。

f:id:ninasimone:20200514115859j:image

あきらかに、虫さんの仕業ですね。

葉っぱを二つに折りたたんで、

中で悪さをしてるっていう

スンポーですね。

 

とりあえず、

目についたヤツを

除却してきました。

f:id:ninasimone:20200514120133j:image
結構あったのでね、

ちょいとビックリですね。

このほかのヤツは、手で

にぎにぎして処分しました。

 

昨年は放置でしたから、

葉っぱの被害は改善かな・・。

 

一番上手にたたんであるヤツを選んで、

f:id:ninasimone:20200514120144j:image

中を覗いてみると、

居やがりましたねえ。

f:id:ninasimone:20200514120155j:image

上手にたたんでなくてもいるんでしょうけど。

 

苦手な方はごめんなさいですが、

拡大してみるとこんなヤツです。

f:id:ninasimone:20200514120206j:image

 

なかなかたどり着けませんでしたが、

コヤツの正体は、

「リンゴハマキクロバ」という

ガの幼虫でした。

 

なになに・・。

年1回発生し、幼虫は5~6月に葉を食べて成長する。

十分成長すると地上に降りて、樹皮下や根際で集団営巣し冬を越す。

翌年の早春に再び葉を食べ始め、

終令になると葉一枚を袋状に閉じて中に潜み、

5月中旬ごろ、営繭する。

これらは6月に入ると孵化する。

食害された葉が枯れて樹上に残るので、被害は目立つ。

食害で木が枯れた記録はない。

黄色や茶色に枯れた葉をみつけたら取り除く。

幼虫の体毛が皮膚に刺さることがあるのでゴム手袋をすること。

なるほど、こいつら今から繭を作るつもりだったわけね。

で、幼虫は毒刺を持ってるんだってえ!

手でにぎにぎしちゃっいましたね。

大丈夫だったようですけど。

 

しばらく様子を見てみましょう。 

今後、丸まっている葉を見つけたら

即、除却ですね。

 

それと、昨年秋の

枝の剪定で、

リンゴカミキリは

そこそこ駆除できたようです。

www.kokochiyoi-blog.com

今のところ食べかすが

穴から出ている枝は、

一つだけでした。

 

針金でツンツクしておきましたから、

おそらく大丈夫でしょう。

 

このほかの害虫も

見つけたら即座に除却ですよ。

ただし、イラガだけは、気をつけよっと。

今年は、カラス用の網も

かけたいところですしね。

 

でわ、また。