この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

ハス池のインデペンデンス、熱帯性スイレンはどうなったのさ、と言う話

知っている人は知っている、

というか知らない人の方が多い

わたスの家の熱帯性スイレン

「インデペンデンス」の話です。

www.kokochiyoi-blog.com

 

ダメだと思っていた

熱帯性スイレンの球根を

とりあえず植えてみました。

 

したらば、葉っぱが出てきて

ちょっと嬉しい

という話もしました。

www.kokochiyoi-blog.com

 

葉っぱは順調に増えたのですね。

f:id:ninasimone:20200818081747j:image

 

大きなモノも増えてきました。

f:id:ninasimone:20200818081546j:image

ハスが一息ついた空隙に

葉を展開しているように見えます。

 

おそらく球根がいると

思われる場所からは

次々と葉っぱが展開しようと

しているのが確認できます。

f:id:ninasimone:20200820061552j:image

しかし、

蕾が上がっているのかは、

水面からは確認できません。

水の中が暗くて見えないですね。

昨年は、こんな風に

確認できたのですよ。

f:id:ninasimone:20200820061730j:image

昨年、蕾が上がってきたのは、

8月の11日、

咲いたのは13日でした。

 

ハスが昨年よりは

10日ほど遅いことを考えると、

スイレンもそのような動きを

すると見るのが

正解なのではないかと。

 

そう思って、お盆辺りから

毎日のように水面を観察する

習慣ができました。

 

にもかかわらず、

水面に出てくるのは

でっかい葉っぱばかり。

しかも、デカいばかりで

ムカゴはついていない。

 

どんなさ?

こんなさ!

f:id:ninasimone:20200908174328j:image

f:id:ninasimone:20200908174402j:image

デカいっしょ!

ハスの葉っぱより

でかいのもある!

 

でかいばかりか、

ハスの立ち葉のように

空中に浮き上がっている

葉っぱもあります!

f:id:ninasimone:20200916210048j:image

ええっ!

そんなスイレン、あんのかい!

って、目の前にあるんですけどね。

 

f:id:ninasimone:20200918063358j:image

そして、葉っぱは

次々と出てきますが、

待てども待てども

蕾の姿は影も形も

みえないのでありました。

 

ああ、なんてこったい!

蕾がないということは、

やっぱり咲かないのかい。

ムカゴがないということは、

これ以上増やせないのかい。

残念だあー。

 

じゃあ今年の冬は、

このまま冬を

越してもらおうじゃないか。

(なにがじゃあなんでしょうね)

 

ハスの躍進をみても

なんか、掘り上げて

保存しておくより

球根にもいい気がします。

 

そう、ハスと言えば

5つ目の花が無事咲きました。

f:id:ninasimone:20200919091829j:image

となりの6つ目の蕾も

順調です。

f:id:ninasimone:20200919092128j:image

株が違うからか、

5つ目の花は

種が7つありました。

f:id:ninasimone:20200919092014j:image

7つ・・・。

ここで疑問がわいてきました。

これまで7つが最高で、

それ以上はありません。

これってどうなの?

そういう品種なのでしょうか、

そしてもう大きくならないとか。

それともまだ、

大きくなる余地があるのでしょうか。

 

ネットなどでハスの品種を

調べてみても、

小型種といえども、

種が7つということは

ないようですね。

 

また、最初の花が

種を取っても

イイくらいになりましたが、

この種は、植えたときの種より

二回りぐらい小さい気がします。

f:id:ninasimone:20200919092045j:image

これらを考えると

まだ、大きくなる可能性は

あると思われます。

 

池の底に手を入れた感じ手は、

根は池いっぱいに張っているようですし、

太さも昨年よりはある気がしますね。

掘り上げて、株分けすべきなのかもですが、

 

とりあえずこのまま

2年目に入ることにします。

 

これ以上、池を大きくするのは

無理がありますしね。

 

でわ、また。

 

最後まで、お付き合いくださって

ありがとうございました。