この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「カヌーって、いいですよお。」 - Kayak

日本カヌースプリント選手権大会が、先週の9月5日から石川県で開催されました。

大会期間中は、あいにくの天気で、運営も選手もなかなか大変だったようです。

日本カヌースプリント選手権大会 - Wikipedia

 

f:id:ninasimone:20180911054317j:image

昨日(10日)が最終日だったのですが、風が強く、岸辺の葭のなびき方からも、結構な強風だったのがわかります。

 

雨はまだしも、風は転覆の危険が増しますし、スタートラインに並ぶことさえままなりません。途中で、一時中断の決定を挟んで、結局、天候が回復せず、中止になりました。

 

ずいぶんと遠くから参加している選手もいるんですがねえ。残念ですけれども、安全第一とのことですので、仕方のないことです。

 

ちなみに、スプリント競技に使われる艇はこんな形なんです。参加された選手のものです。

f:id:ninasimone:20180911054843j:image

細いでしょう?

なので、安定性も悪く、風や波の影響をもろに受けます。この形はカヤックといいます。

ダブルブレード(棒の両側にブレードがついている)のパドル(櫂)で漕ぎます。

 

f:id:ninasimone:20180911055211j:image

これは、カナディアンという形の艇です。手漕ぎボートのように、上部がオープンになっています。シングルブレード(棒の片方にしかブレードがついていない)で漕ぎます。

片膝をついて漕ぎますので、カヤックより重心が高くなります。さらに安定性が悪くなります。

 

ほう、それで?

 

実はですね、私もカヌー、

持ってるんですよ。

 

こんなやつですね。

f:id:ninasimone:20180911111618j:image

縦に撮ったものを横に載せてますので違和感がありますが、まあ、お許しください。

競技用と比べると、ずんぐりむっくりですが、どだい、比べること自体がナンセンスです。

アレは、選ばれし民のみが乗ることのできるシロモノです。シロートは、手を出してはならないモノなのです。(笑)

 

形でいうとカヤックですね。

幅が広くて、開口部が大きいです。

レジャー用で、競技用と比べたら格段の安定性があります。

 

Feelfreeの「Krumel I」というヤツですね。

f:id:ninasimone:20180911181558j:image


f:id:ninasimone:20180911181615j:image

重さは20kgぐらいあります。

競技用だと規定があって、12kg以上(1人乗りのカヤック、K-1というカテゴリ)とされていますので、ほぼ倍ですね。

 

同じ「Krumel」にも、2人乗りの「II」というのもありますが、こちらは30kgオーバーですね。

 

「I」でも、開口部が大きいので、乗り降りもしやすいですし、子どもとなら2人乗りできます。

こうした、上が囲われているタイプを「シット・インサイド」(Sit Inside)ともいいます。逆に囲われていないタイプは、「シット・オン」(Sit On)といいますね。

 

ここ、数年、乗っていませんけどね。

早朝に川や湖に行って、漕ぎ出してみなさいよ。あの爽快感、忘れられませんよ。

艇の上から見る朝日なんぞ、たまりません。

実に心地よい!

 

今は、シット・オンタイプの方が主流なんですかね。

水上デビューをお考えの方は、候補の一つにどうぞ。

Feel Free Nomad Kayak Melon (lime/white/sunshine)

Feel Free Nomad Kayak Melon (lime/white/sunshine)

 

 

 

私のと同じタイプは楽天にありましたね。 

 

「カヌーって、いいですよお」 、そして、艇の上から見る朝日は実に心地よいですぞ、という話でした。

冒頭の日本カヌースプリント選手権大会の話はどこ行ったんじゃい。

 

はて?

 

でわ、また。