この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「子守歌を集めたケニー・ドリューのアルバムがあるんですよ。」 - Lullaby Of Birdland

ケニードリュー(Kenny Drew)、アメリカ出身のピアニストですね。

 

彼のアルバムに「ザ・ララバイ」(The Lullaby、1982年)というモノがあります。

有名な子守歌ばかりを集めた企画モノという位置づけですが、ジャズピアノのアルバムとして、とても聴きやすいと思います。

 

アルバムは、デンマークのコペンハーゲンで録音されたもので、北欧という場所がそうさせたのか、落ち着いた透明感のある雰囲気の音を聴かせてくれます。

 

もっとも、アメリカ出身といっても、1960年代には活動の拠点をデンマークのコペンハーゲンに移していますから、それが彼の纏うオリジナルの雰囲気になったのかもしれません。

 

また、アルバム全体でいうと、ベースが非常に魅力的ですね。N.H.O.P.ことニールス-ヘニング・オルステッド・ペデルセンです。もちろん、私が低音好きということと無関係でじゃないと思います。

ペデルセンについては、過去にチラッとお話ししたことがありますね。
www.kokochiyoi-blog.com

 

参考までに、このアルバムの収録曲をリストアップしてましょう。

01.バードランドの子守歌

02.スイート・ララバイ

03.ブラームスの子守歌

04.サマータイム

05.ハッシャ・バイ  

06.ロシアの子守歌  

07.ラグタイムの子守歌  

08.ユア・ソフト・アイズ

 

1曲目の 「バードランドの子守歌」は、キレイなピアノソロで始まりますが、途中でベースが入ってくると、一気に雰囲気が変わります。たくさんある「バードランドの子守歌」の中でも、特に良いと思います。

 

3曲目の「ブラームスの子守歌」は、題名を知らずともごメロディは存知でしょう。言わずと知れた、クラシックの名曲ですが、ここでも、きれいなバラードになってます。このくつろぎ感が子守歌なんですよね、きっと。

 

4曲目のサマータイム、これもベースがいいですよね。これが子守歌だっていうのは、これも、前にお話ししました。  

www.kokochiyoi-blog.com

 

5曲目の「ハッシャ・バイ」は、「ねんねしな」とかいう意味らしいですが、この曲に限って言えばとても眠くはなりませんね。それぐらい跳ね回っています。

 

6曲目の「ロシアの子守歌」もお聞きになったことがる人は多いはず。ジョン・コルトレーンのアルバム「ソウル・トレイン」が有名ですよね。ベースのイントロが特徴的ですし、ソロも聴かせてくれますね。

 

いいなあ、と思って紹介しようとすると、廃盤になっているものがかなりあります。

ザ・ララバイ

ザ・ララバイ

 

これも今は、新品では無いのかもしれません。私も中古のレコード屋さんで見つけました。ジャケ買いでしたけどね。

 

機会があれば、聴いてみてください。

 

でわ、また。