この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「低音の魅力5。忘れていたわけではないですよ。」 - Manha De Carnaval 2

私、勝手に「低音の魅力」と冠した

シリーズものをやっております。

 

しばらくインターバルが開いておったのですが

2月に「4」をアップしたところです。

これですな。

www.kokochiyoi-blog.com

 

久しぶりに「5」であります。

「鈴木 勲」という方ですねえ、今回は。

日本のベーシストです。

チェロなども鳴らされる人です。

 

ウィキペディアの情報はそれほど多くはありません。

鈴木勲 - Wikipedia

ディスコグラフィに

「その他多数。」って

ああた、淡泊すぎないかい?

 

で、そこにもありますが、

1976年のアルバムに

「Black Orpheus」というモノがあります。

邦題でいうと「黒いオルフェ」。

ルイス・ボンファの名曲で

ありますな。

「Manha De Carnaval」、

「カーニバルの朝」とも言いますね。

このあたりは恥ずかしながら、

過去にちょっと書いてますね。
www.kokochiyoi-blog.com

 

で、このアルバムの1曲目が

「Manha De Carnaval」なんですな。

アルバムタイトルが「Black Orpheus」で

1曲目が「Manha De Carnaval」。

うーむ・・・。

 

いきなりのぶっといアルコの音から

はじまるんですよ。

アルコってのは、ベースの弦を

弓で鳴らすってヤツですね。

 

一分辺りからベースが

リズムを刻み始めエレピの音が

重なってくるんですけれども

ナンの曲かよくわからない感じで

不安になるちょうどその時、

オルフェのメロディが

奏でられるんですわ。

安心感とともに湧き上がる

心地よい気持ち。

憎いねえ。

 

まあ、聴いてみてくださいよ。

Isao Suzuki Trio - Manha De Carnaval - YouTube

 

ね!

 

私ゃ、大好きなんですよ。

 

2曲目の「Angel Eyes」も

なかなか聴かせてくれます。

 

名盤だと勝手に思っていますね。

 

一枚、どうですか?(笑) 

黒いオルフェ  BLACK ORPHEUS

黒いオルフェ BLACK ORPHEUS

 

 

「鈴木 勲」さんのアルバムは

何枚も持っているわけではないのですが

(というか、今んとこ2枚のみです)、

「Blow Up」という1973年のアルバムも

すごくいいと思いますね。

特にタイトル曲の「Blow Up」。

3曲目に収録です。

Suzuki Isao Trio - Blow Up - YouTube

 

ブロー・アップ BLOW UP

ブロー・アップ BLOW UP

  • アーティスト: 鈴木勲トリオ&カルテット ISAO SUZUKI TRIO & QUARTET
  • 出版社/メーカー: THINK! RECORDS
  • 発売日: 2013/09/11
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

でわ、また。