この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「パパってさ、父親のこととは限らないんですよねー。」 - My Heart Belongs to Daddy

「私の心はパパのもの」(My Heart Belongs to Daddy)という曲があります。

ジャズのスタンダードナンバーですよね。

前にこんなお話をしました。 

www.kokochiyoi-blog.com

 

ジャズのスタンダード・ナンバーと言われる曲ってのは、結構この手のものが多いですよね。

 

この曲も、1938年のミュージカル「リーブ・イット・トゥ・ミー」(Leave It to Me)で使われた曲ということです。任せといてみたいな意味のようです。

どんなストーリーなんでしょうねえ。英語版のウィキペディアに少し書いてありますね、駐ロシア大使に赴任したとかナンとか。私なんぞにはキチンと訳せませんけどね。

Leave It to Me! - Wikipedia

 

作曲は「コール・ポーター」(Cole Porter)です。

ミュージカルでは、ドリー・ウィンスロウ役の「メリー・マーチン」 (Mary Martin)が歌っていたとのこと。

www.youtube.com

 

1960年にマリリン・モンローが出演した映画「恋をしましょう」(Let's Make Love)で、彼女自身が歌っていたヴァージョンは結構有名なのではないかと思います。

www.youtube.com

パパはお父さんでなくてパトロンみたいなこと言ってません?

「He treats it so good」とか聞こえるし。そういう歌なのかどうかはわからないけれども・・・。

 

さてさて、私は、そんな昔のことは知らずにいまして、「ソフィー・ミルマン」(Sophie Milman)のデビュー・アルバム(Sophie Milman、2004年)で初めて聴きました。

ミルマンについては、こんなことを書いたことがあります 。 

www.kokochiyoi-blog.com

 

この時にも、 「My Heart Belongs to Daddy」も良いぞと書いてますね。

そうなんです。曲が良いのですよ。

 

なので、ここはヴォーカルの無いヴァージョンの「My Heart Belongs to Daddy」 をひとつ。

ビギン・ザ・ビギン(紙ジャケット仕様)

ビギン・ザ・ビギン(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: ニューヨーク・トリオ,ビル・チャーラップ,ジェイ・レオンハート,ビル・スチュワート
  • 出版社/メーカー: ヴィーナス・レコード
  • 発売日: 2010/09/15
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

なんかこう、落ち着いた雰囲気がありますよね。

そこがまた、心地よい。

イントロはベースからなんですね。そしてピアノがメロディを奏で始めます。

2分50秒ぐらいからのベース・ソロも低音好きにとっては、たまらないですね。

1分30秒ぐらいありますよ。

 

ニューヨーク・トリオも私の好きなグループで、以前に書いていました。 

www.kokochiyoi-blog.com

 

「私の心はパパのもの」ってのは、父親が大好きな娘の歌かと思っていたら、何か雲行きが怪しいぞ、でも、曲はとっても心地よいぞ、という話でした。

 

でわ、また。