この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「冬になりますと、ただ炬燵にもぐりこんで、何もしたくなるのです。解決するには?」 - 長火鉢

コタツって、心地よいですねえ。肩まで潜り込んでしまったら、ソコから出るのは、至難の業となります。

 

不可能と言っても過言ではありません。

 

そんなこたあ、ねえだろ って?

 

まあ、そうですけど。

難易度が上がるのは間違いないですよ、ホントに。

 

いや、コタツを責めているわけではないんですよ。それぐらい心地よいってことですよ。

 

それでですね、コタツに代わる心地よい暖房ってないかなあ、4、5年前から考えるようになりまして、「ああ、火を見ると、人って何故か和むなあ。」と思いたちましたね。

最終的には、「薪ストーブ」辺りに行きつくんでしょうけれども、今んとこ財源がありませんね。設置場所もないですし。

そこで、考えたのが、「長火鉢」です。

ストーブ代わりに部屋に置けばいいやと簡単に考えたのですよ。

義母の家にあるのを狙っていたのですが、なかなか言い出せなくて、もたもたしていたのです。

たまたま知り合いに、そんな話をしていましたら、「ウチにイランのあるで」ということで、なんなく手に入れることができました。

 

で、この写真です。銅板に緑青が出てますねえ。年季入ってます。

f:id:ninasimone:20181209153042j:image

どこに置いてあるかというと、家の掃き出し窓から出入りできる「シェッド」ですね。

 

確かに、目論見通り、和むんですよ。

ほら。
f:id:ninasimone:20181209153128j:image

和むでしょう?

 

そばにいると温かいんですよぅ。お湯も沸かせるんですよぅ。

それなのに、部屋には入れてもらえなかったのです。

 

何故か? 

 

それはね、

 

臭い!

一酸化炭素中毒で死ぬで!

 

ってバッシングを受けたからですね。

部屋の中にいると、それほど臭いとは感じないんですがねえ。

「それが中毒の始まりですがね!」などといわれましたし、昔のようにひゅーひゅー隙間風が入る部屋とは違い、サッシでビシッと固めた家ではそうかもしれませんなー、と思った次第です。

部屋にロスナイでもついていれば、良かったのになー。

 

南部鉄器 鉄器灰皿 長火鉢 灰皿セットA
by カエレバ

 

ダイイチ ダイニングセット ブラウン 本体:38×30×12cm(炉:18.5×18.5×7.8cm)
by カエレバ

 

ま、そんなわけで、彼は「シェッド」に置かれたのです。

 

そして、きっと私は今年の冬も「ただ炬燵にもぐりこんで、何もしたくなる」心地よい日々を過ごすのでしょう。

 

でわ、また。