この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング、のつもりがガーデニングがメインになっています。

北アルプスの麓でー美女平

10月31日から

11月1日にかけて

北アルプスの麓を

うろちょろしてまいりました。

具体的にいうと、

立山黒部アルペンルートの①美女平、

称名滝、そして③黒部峡谷

訪れてきたのです。

日本地図でいえば

この辺りですね~。

 

では、さっそくに。

まずは①美女平です。

立山駅には、

9時半ごろに着いたのですが

駐車場は既に満杯に近い状態。

f:id:ninasimone:20211104180757j:plain

日曜日ということも

あるんでしょうね。

しばらくぐるぐるして、

なんとか隙間を見つけて

車を駐めることができました。

 

美女平へは、富山地方鉄道

立山駅一階から

ケーブルカーに乗って向かいます。

f:id:ninasimone:20211031232135j:image

アルペンルートを訪れる人は

美女平で足を止めずに、

そこから高原バスに乗り継いで

弥陀ケ原、室堂平へ行く人が

ほとんどですかね。

さらには大観峰扇沢へと

通り抜ける人も多いようです。

実際、私たちの乗ったケーブルカーの

他の乗客で、美女平に留まった人は

いませんでした。

f:id:ninasimone:20211031232147j:image

不人気というわけでも

ないのでしょうけれども

メインストリームでは

ないということです。

私たちが美女平の散策をしたのも、

実はこのエリアのお目当ては

②の称名滝でしたが、

称名滝は、日が当たる

午後からの方がよいとの

情報を仕入れていたので、

午前中は、その近くの

美女平を散策しよう

と考えただけなんですよ。

室堂平などを散策するには

時間が足りませんでした。

 

さて、ケーブルカーを降りると

他の人たちはバスに乗り込んでいきます。

取り残される私たち(笑)。

幾ばくかの寂しさを感じながら

あたりを見回します。

ほんの500m標高が上がっただけで

紅葉が目近になりますね。

f:id:ninasimone:20211104181923j:plain

美女平にはブナと立山杉の森があって

異形の杉を巡るルートが

整備されているようですね。

f:id:ninasimone:20211104181944j:plain

30分から2時間30分まで、

4コースがあります。

f:id:ninasimone:20211104182307j:plain

一部は高原バスの走る道路と

重複しているようですね

車道を歩くのはちょっと

抵抗があるのですが、

1時間50分の中回りコースを

チョイスしました。

10本の杉のうち

6本ぐらいは見れそうです。

 

で、歩き始めましたらば!

いきなりの急勾配(下り坂)。

f:id:ninasimone:20211105191746j:plain

平面図ではわからないんですよね、

高低差というものは!

こういうアップダウンが、

3つ4つ5つ・・・。

おそらくいくつかの沢を

横断するルートなんでしょうね。

f:id:ninasimone:20211104183504j:plain

おちおち、風景も見てられません。

といいながら、見ましたけどね。

もちろん立ち止まってです。

歩きながらは、いけませんよ。

f:id:ninasimone:20211104183636j:plain

f:id:ninasimone:20211104183806j:plain

紅葉というより

黄葉といった方がイイでしょう。

ブナとかが多いせいでしょうね。

f:id:ninasimone:20211105191926j:plain

それもまた良し!です。

で、この辺りを散策する物好きは

いないのかと思いきや、

何組かの人たちと出会いました。

その多くは私たち同様、

シニアのカップルでしたが、

若い女性のグループなども

おられましたよ。

不人気ってわけでもないのかな。

 

以下、ルートの途中で出会った

立山杉の数々です。

f:id:ninasimone:20211105192016j:plain

 ↑ 火炎杉。

その枝ぶりが燃え盛る

火炎のようだということらしい。

 

 ↓ 天蓋杉。

見てのとおり天蓋のように

幹が立っているからでしょう。

f:id:ninasimone:20211105192102j:plain

 

f:id:ninasimone:20211105193220j:plain

おんば杉。

f:id:ninasimone:20211105193444j:plain

よくはわかりませんが、

この洞が「おんば」

なのかもしれませんな。

f:id:ninasimone:20211105192407j:plain

不老樹。古いからかねえ。

 

f:id:ninasimone:20211105192131j:plain

子育て杉。 ↑ この二股の部分に注目。

f:id:ninasimone:20211105192138j:plain

子供を育てるように

違う樹種の木が

生えているから

ということのようですね。

この5つと、実は

美女平の駅のすぐそばに

出迎え杉というのがあって

(写真は失念しました)

予定通り6本の杉を

見てきました。

こういう ↓ 看板もあったので

出会いを楽しみにしていたのですが、

f:id:ninasimone:20211105194223j:plain

小鳥の声はするんだけどね~。

写真には撮れなかったです。

一回だけチャンスは

あったんですけどね。

カメラ構えた時には

もういませんでした。

何だったんだろうなあ、あれ。

 

少しは雰囲気

味わっていただけましたかね。

無理ですよね(笑)。

機会があれば

訪れてみてください。

次回は、称名滝編です。

 

でわ、また。

最後までお読みいただき、

ありがとうごさいます。