この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング、のつもりがガーデニングがメインになっています。

北アルプスの麓でー称名滝②

10月31日から

11月1日にかけて

北アルプスの麓を

うろちょろしてまいりました。

具体的にいうと、

立山黒部アルペンルートの①美女平、

称名滝、そして③黒部峡谷

訪れてきたのです。

3回目の今回は、②称名滝

番外編です(笑)。

今回の目玉は、下図の

グネグネっとした登山道です。

f:id:ninasimone:20211106194414j:plain

さて、称名滝を後にした私たちは

下流の飛龍橋に向かいました。

f:id:ninasimone:20211106194651j:plain

向かうというか、

帰り道なんですけどね。

否でも通りがかるわけですな。

橋のたもとには

こういう説明版(部分)が

あったわけですよ。

f:id:ninasimone:20211106195630j:plain

午前中に歩いた場所は

この地図でいえば②です。

先ほどまでいたのが④。

なるほど、なるほど。

で、せっかくだから

登山口でも覗いてこようか

橋を渡ることにしました。

渡りきると正面に

地も読めない石碑が建っております。

f:id:ninasimone:20211106195549j:plain

読めないからスルーしました。

その隣にはこのような説明版が。

f:id:ninasimone:20211106200232j:plain

先ほどの地図とは上下が逆ですが

位置関係はわかりますよね。

左下の縮尺と「現在地」と

①と番号の振られたピクトグラム

私たちを刺激したんですよ。

どう見たって、①までは

500m無いですよね。

あっても300mが

いいとこじゃない?

と思っちゃったわけです。

「いってみるか。」

もちろん、こういう文章も

ちゃんと理解した上での

判断ですよ。

f:id:ninasimone:20211106202830j:plain

そう遠くないならと、

そこまで行ってみることにしました。

お土産はこの景色ですね。

f:id:ninasimone:20211106203012j:plain

でも、登山口に行くと

行かせたいのか、

行かせたくないのか

分からないような

看板が出ているんですよね。

f:id:ninasimone:20211106204012j:plain

これは分かりますよ。

これですね。

f:id:ninasimone:20211106204044j:plain

意を決して登ろうとしてるのにな。

ヘルメットは持ってきてないぞ。

自己責任ということですな。

で、不安を抱えながら

歩き始めました。

ま、確かにこういう道ですからね。

f:id:ninasimone:20211106204327j:plain

これはまだ良い方ですね。

結構、荒れたところもありました。

で、いけどもいけども、

滝が見えてきません。

随分歩いたぞ、と

思った頃にこういう看板を

見つけてしまったのです。

f:id:ninasimone:20211106204608j:plain

おいおい!そりゃーねーだろ!

橋から260mは、おいといても

展望地まで1,260mって

どういうことよ!

アノ縮尺は何だったんだ~!

人間てこういう時は、

都合のいい解釈をするんですよね。

ここでいう展望地は

さっきの地図の

「第2展望台」のことに違いない、

だから、第1展望台はすぐソコさ!

もうすぐこの道は

滝の方向へ曲がって、

反対側の斜面に出るはず・・。

そう言い聞かせて登り続けました。

相方はもう、戦意喪失状態です。

もう、諦めようかと思い始めた頃、

突然、藪が切れて

滝が見ました。

f:id:ninasimone:20211106213333j:plain

この場所が麓でみた第1展望台なのか

どうかは分かりませんけど。

設備は何もないので違うかもです。

こういう ↓ 看板があったので

これだけ見ると、距離的には

かなり歩いたことになるんですよ。

f:id:ninasimone:20211106205626j:plain

嘘っぽいけど。

最初の看板に、弘法まで

4.2kmとありましたが、

ココでは弘法まで

2.0kmとなっています。

でも2.2kmも歩いてませんて。

歩いた本人が言うんだから

間違いないっしょ(笑)。

ちなみに、最初の称名滝展望台は

標高1,060mでした。

ここの第1展望台は

1,270mとなっています。

滝の写真を比べてみましょう。

f:id:ninasimone:20211106212708j:plain

左が称名滝展望台、

右が(自称)第1展望台。

横の角度も違うので

一概には言えませんが

滝の入口は右の方が

奥まで見えているような

感じがします。

少なくとも標高は

高いのじゃないかな~と。

これ以上の山登りは諦め、

下りることにしました。

すぐに、私たちを追い越していった、

若い人が上から下りてきました。

彼に、あの先に

展望台があったか訪ねてみると

アソコ(滝が見えた場所)から少し行くと

ものすごく急な道になっていて、

それ以上行くのを諦めました。

と話してくれました。

うむうむ。

アレが第一展望台だったとしよう。

誰も怒るまいて(笑)。

 

家に帰りついてから、

ネットで調べてみると

この先の方、距離にして

登山口から980m、

標高差230mのところに

ちゃんと第一展望台が

あるそうなんですよ。

ベンチも看板もあるらしい。

もう一頑張りだったか。

ちなみに、我々がひいこら

たどり着いたのは、

その140mも下でした。

おそらく、若い方が諦めた

その急坂を登ったところが

展望台だったのでしょう。

国土地理院の地形図で

確認してみました。

f:id:ninasimone:20211107185148j:plain

おそらく私たちが

辿り着いたのは①あたり。

展望台は実際に登った人の

情報によると②のあたり。

どちらも東(地図の右側)に

張り出していますから、

滝は見える場所ですね。

下にあった看板の

展望台のピクトグラム

①の辺りに描かれていましたよ。

むーん。💦

 

降りてる途中で

登ってくる女性二人組に

出会いました。

私らぐらいの

年齢の方々です。

彼女らも、

どこまで行けば展望台あるんですか?

と尋ねてこられたので、

きっぱりと、

展望台かどうかわかりませんが

もう少し行くと滝が見えるところに

出ます!

と伝えました。

女性たちは

「じゃあ、もう少しがんばろっか!」

と登って行かれました。

展望台があったと言わなくて

よかったです。

 

もう少し看板欲しいよなあ。

でも、これは楽しい体験でしたね。

寄り道はしないといけませんな。

次回は黒部峡谷です。

 

でわ、また。

最後までお読みいただき、

ありがとうごさいます。