この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

ちょこっと歩いて、3,000mオーバーの世界へ

乗鞍岳ってありますよね。

最高地点の剣ヶ峰は

3,026m。

日本では19番目の

高さです。

 

もっとも、1番目の

富士山を除けば、

あとはすべて

3,200m以下ですから

結構な高さです。

 

ところが、車で行ける

畳平の標高は、2,702m。

 

標高差はわずか300mです。

1時間半ぐらいで

憧れの3,000mオーバーの

世界に行けるわけですね。

 

昔は、畳平までは、

自家用車で行けたのですが、

2003年から

マイカー規制が始まり

今は、朴の木平から

バスに乗らないと

行けません。

 

規制前に頂上まで

登ったことがありますが、

今回久しぶりに

行ってきました。

 

数えると17年ぶり?

 

バスターミナルは

実はスキー場の

駐車場にあります。

f:id:ninasimone:20190907195505j:image

9時前だというのに、

もう暑い。

 

8時50分発の

バスは満員でした。

運賃は、

朴の木平からですと、

往復2,300円でした。

 

5分後に臨時便が出るとの

アナウンスがありましたね。

いい日ですもんね。

f:id:ninasimone:20190907195746j:image

国道から

乗鞍スカイラインに入ると、

まもなく

車窓から北アルプスが

見え始めます。

f:id:ninasimone:20190907195836j:image

写真に写っているのは、

笠ヶ岳でしょうか。

槍ヶ岳、奥穂高、

西穂高なども見えましたね。

 

そんな風景を楽しんでいると

45分で畳平に到着です。

後ろに座っていたので

ちょい乗り物酔い気味に。

f:id:ninasimone:20190907200018j:image

しかしそんなモノは

空の青さでどこかに

飛んでいっちゃいましたね。

 

鶴が池を眺めながら、

さっそく登り始めます。

f:id:ninasimone:20190907200400j:image

 

肩ノ小屋までは、

車も通行可能な、

歩きやすい道です。

f:id:ninasimone:20190907200550j:image

 

40分ほどで、

肩ノ小屋に到着しました。

f:id:ninasimone:20190908101432j:image

 

ここまでは、まあ、

大丈夫です。

 

ここからですねえ。

f:id:ninasimone:20190907201127j:image

急に足元が悪くなります。

こんな感じですね。

 

一歩一歩、確実に

歩いていきましょう。


f:id:ninasimone:20190907201230j:image

30分も歩くと、

肩ノ小屋は、はるか下の方に

なってしまいました。

 

あと少しです。

f:id:ninasimone:20190907201414j:image

と言いうものの、いやー、

まだ結構あるなあ。

人が小さいぞ。

 

写真の凹部が、

乗鞍岳の由来である

鞍の部分ですね。

 

この鞍まで登ると

ようやく権現池が、

見えてきます。

f:id:ninasimone:20190907201535j:image

ここまで来ないと、

この池は見えません。

 

そしてこれが見えたら

もう少しです。

ここからだと

頂上も目近に見えるんですよね。

f:id:ninasimone:20190907201725j:image

先っちょに、

構造物が見えますね。

目標はソレです。

 

ここでもっとゆっくり

休みたかったのですが

すごく風が通る場所で

寒いくらいなのです。

 

なので

悲鳴をあげる身体に

鞭を入れます。

 

びしっ!

 

必死に残る行程を

うごめいている姿を

想像ください。

とても写真なんぞを

撮っている余裕は

ありませんでした。

 

着いたー。

畳平を出てから

およそ90分でした。

 

まずは、

乗鞍本宮頂上本殿で

お参り。

f:id:ninasimone:20190907201944j:image

 

基準点だ。

f:id:ninasimone:20190907202059j:image

 

人でごった返しています。

標高3,026mという看板前は

記念写真を撮ろうとする人たちが

長蛇の列をなしていたので、

諦めました。

 

すぐに本殿裏の

スペースに移動しました。

 

南から東にかけての

眺望です。

奥に見えるのが御嶽山。

f:id:ninasimone:20190909222319j:image

 

左にパンします。

f:id:ninasimone:20190909222453j:image

 

さらに左に。

f:id:ninasimone:20190909222532j:image

 

そしてさらに左に。

f:id:ninasimone:20190909222614j:image

なかなかですよねえ、これは。

 

実は、この場所から

富士山が見えるらしいのですね。

探しましたが、

よくわかりません。

どうもこちら方面のようです。

先ほどのパノラマ写真の

3枚目の左側の部分です。

f:id:ninasimone:20190907202633j:image

ネットで検索すると

いやー、あるんですね富士山が

どれかを載せてあるサイトが。

 

あ、山頂は

バリサン(もはや死語)ですからね。

 

おおっと!発見。

これのようだぞ。
f:id:ninasimone:20190907202649j:image

 

うっすらと見える

山の影!

 

そうだと言われれば

そうかな、

という程度ではありますが。

冠雪していれば

分かりやすいのかも

しれませんね。

 

北の方に目をやれば、

北アルプスの山々が

見えますね。

f:id:ninasimone:20190909223001j:image

特徴的な槍ヶ岳から

穂高の山々。

雪渓の下は

上高地です。

 

満足です!

後は、疲労の溜まった

足腰に気を使いながら

ゆっくり下山です。

 

目の前で

滑落しかけた方や、

転倒した方を見てますので、

慎重に、ですね。

 

帰り道は少し余裕があったので、

高山植物をいくつか、

写真に納めることができました。


f:id:ninasimone:20190907204121j:image

コウメバチソウです。


f:id:ninasimone:20190907204147j:image

イワギキョウ。


f:id:ninasimone:20190907204308j:image

イワツメクサ。


f:id:ninasimone:20190907204320j:image
トウヤクリンドウ。

天気にも恵まれ、

有意義な1日を

過ごせました。

 

でわ、また。