この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「ドイツのニルス、二人目だぞっ!きっと、スカンジナビアに深い縁があるに違いない」 - Pacific Coast Highway

ニルスっていう名前にこだわっていましたら、「ニルス」というギタリストに出会いました。

本名?は、「Nils Jiptner」というようです。

全く知らない人でした。でも、「スムース・ジャズ」というジャンルの中では結構、有名みたいです。

 

アメリカで活躍中のギタリストということですが、出身はドイツ。きっと、もとをたどれば、スカンジナビア半島に深い関係があったりしてね。

 

ニルス!

 

デビュー・アルバムは、「ブルー・プラネット」(Blue Planet、1998年)なのですが、参加ミュージシャンに「ジョージ・ベンソン」とか「フィリップ・ベイリー」の名前があります。

 

おお?

 

調べると、どうもこのアルバムは自主制作らしいんですね。それまでに、ジョージ・ベンソンのグループで仕事をしたこともあったので、そんな関係のようです。

「フィリップ・ベイリー」は3曲目の「Brazilian Dance」、 「ジョージ・ベンソン」は10曲目の「Yesterday's Dream」にクレジットがありますね。

www.youtube.com

 

それと、ネットに「Ready to Play」って曲があったので聴きました。

Ready to Play

Ready to Play

 

 

さらにおお?

良いじゃん。

 

結果、彼を一躍有名にしたという情報から「Pacific Coast Highway」(2005年)というアルバムをチョイス。

 

さらにさらにおお?

 

1曲目が、アルバムタイトル曲なんですが、聞き覚えがある。

www.youtube.com

 

「Radio&Records」(アメリカの音楽業界誌だそうで、2009年に廃刊になったとウィキペディアにありました。)のスムースジャズチャートでNo.1になった曲だということですが、日本でも流れていたんですかね。

 

ほかの曲も良いんですなあ。西海岸系っていうんですか、そのものズバリみたいな雰囲気ですね。私ゃ、バッチリ、好みでしたよ。

Pacific Coast Highway

Pacific Coast Highway

 

 

3曲目には、「Georgy Porgy」が入っています。これは「Toto」の曲ですよね。

 

6曲目の「Cruisin'」、ハイウェイをクルーズしたくなっちゃいます。

日本にはそんなハイウェイないか。

 

スムース・ジャズというだけあって、抵抗なく聞いていられますね。なかなか心地よい。 

リー・リトナーとかラリー・カールトン に勝るとも劣らないのではと、勝手に納得しています。

 

ということで、ドイツのニルス(二人目)も、心地よいミュージシャンだったぞ、という話でした。

 

でわ、また。