この曲が心地よい!

ふと知り合った、自分に心地よいメロディー それらを紹介しています そしてときどきガーデニング

「モノクロームの肖像というだけで、ノスタルジックに心地よい」 - Pavane

「エディ・ヒギンズ」(Eddie Higgins)は、アメリカのジャズ・ピアニストです。

 以前にも取り上げたことがありますね。

 

これです。 

www.kokochiyoi-blog.com

 ま、日本人好みの雰囲気を持つ演奏だと思いますよ、ということなんです。

 

今回はね、アルバム「黒と白の肖像」(Portrait In Black And White、1996年)について少しお話したいと思います。

収録曲は、以下の11曲。

01 Lullaby Of The Leaves

02 Danny Boy

03 What Is This Thing Called Love

04 Liebeslied

05 Retrato Em Branco E Preto

06 Siciliano

07 Just In Time

08 Pavane

09 The Dolphin

10 Dance Only With Me

11 Vocalise 

 

4曲目は、あの大ヴァイオリニスト、クライスラーの「愛の悲しみ」として知られている曲です。6曲目はバッハ、8曲目はフォーレ、11曲目はラフマニノフと、クラシックの名曲がズラリと並んでいます。

どれも耳にしたことがあると思います。

特にクライスラーは有名ですよね。

www.youtube.com

ヒギンズはこれをもっと哀愁の漂う、心にしみ込むような感じに仕上げています。

フォーレの「Pavane」も良く演奏されてる曲ですが、ピアノの隙間に入るようなベースの響きが何ともいえません。実に心地よい。

 

5曲目と9曲目は、アントニオ・カルロス・ジョビンの曲です。

ちなみに「Retrato Em Branco E Preto」はスペイン語でアルバムタイトルの「Portrait In Black And White」という意味です。

これも名曲だと思いますねえ。

ジョアン・ジルベルトも歌っています。

www.youtube.com

 

Portrait In Black And White

Portrait In Black And White

 

 

 

「モノクロームの肖像というだけで、ノスタルジックに心地よい」モノを想像してしまうんだが、ヒギンズのアルバム「黒と白の肖像」は、そのとおりですぞ、という話でした。

 

でわ、また。